2013年04月11日

モンタギューメッセージ.20130324

Montague’s Message for Sunday, 24th March 2013
The Montague Keen Foundation 2013

The Montague Keen Foundation
http://www.montaguekeen.com/page1592.html

Galactic Channelings
http://galacticchannelings.com/japon/index.html





(要約)
モンタギューメッセージ
2013年3月24日日曜日
The Montague Keen Foundation
地球乗っ取り計画がすすんでいる。計画の影響をうけない者は一人としていない。計画のためにあらゆる手段を尽くした闇は、生き残りのために人類に必要なものすべてを支配する。そしてこの地球乗っ取り計画を知らずに支援する一般市民。事実と認めない人が多いだろうが、無視すれば計画はすすむだけだ。あるがままに事実を直視せよ。光と闇との戦いが激化している。敏感な人は生きるのがつらい時だろう。誇張ではなく、人類の存亡の危機、用心すべき時だ。ここ数週、激化する闘いは表面にも現れるようになるはず。
魂をもたない闇にとっては、あなたがた人類は単に神経が支配する筋肉にすぎない。あなたの今のすがたが全てだと信じさせることに成功した彼らだが、本当は全くちがう。そしてこの事実に気づいたのがアイルランドの女性。彼女は全く新しい行動にでた。暴力じゃない。法廷で疑問を呈したのだ。尊敬すべき行動だ。そして人生を踏みはずしてまで真相を伝える勇敢な魂。彼等は伝えた結果にやってくる非業を覚悟しているようだ。彼等により隠されていたこれらの情報が公のものとなった。
自分を望みのない犠牲者だとみなす、闇にとってはこれこそが望ましい市民の精神状態、しかしそういう意識を止めてほしい。あなたは本来強力な光の存在。本当はそうでないと魂で知っているはず。
あなたがた皆に求めるのは、覚醒する事、理解する事。地球を闇のクラッチから救うこと。団結すれば失敗はない。人工的に作られたカベを境界を忘れてほしい。市民はお互い助け合うべきだ。そして真相に耳をかたむけるべきだ。
かつて世界の聖地はつながっていたが、闇がそのつながりを断ってしまった。しかし現在、これに気づいた者たちが世界の聖地をつなぎ直している。この事により生まれた光のパワーが多くの光の者たちに力を与えている。
そして現在、地球を囲んでいる宇宙船群は、支援を求める人類の要求に応えて宇宙からやってきた存在。地面を襲うためではなく救うためにきている存在、彼らはあなたの友人、あなたがた人類の窮境を理解し共鳴している。招待してあげてほしい。
事態は進んでいる。あなたの時間を楽しんで。Montyより。

local pc





最近の出来事について。法王ベネディクト。法王が辞任するというのはめったにない事。
“高齢”が法王ベネディクト辞任の理由だとされてるけど、世間が見てる法王はあれはクローン人間で、そのクローン人間が急速に老齢化してエネルギーがなくなってきて機能できなくなってるってのも理由だろう。本物の法王はもっと健康で若く見えるんだけどね。最近ではクローン人間の代替が難しい。クローン人間の真相が明かされるタイミングにもよるけど、結局本物がピンピンして現れるだろう。
そして、辞任の最大の理由は、1500年以上も続いてきた聖職の児童虐待が明かされた件だろうね。何世紀にわたって隠ぺいされてきた真実へのドアが大きく開かれたんだ。
バチカンには、第二次世界大戦中にナチスと協力して手に入れた膨大な量の財宝や重要美術品がある。その計り知れない虚偽。非人道的行為。莫大な富。でもそこにメスをいれようとした法王は皆殺されちゃう。イルミナティ傘下で、イルミナティの中心的組織であるバチカンは、サタニズム(悪魔崇拝)の国際的本部なんだ。そしてはるか昔に計略的に改ざんされた聖書。でも、いずれ、改ざんを示す古代の記録が明らかにされるだろう。一番ひどい改ざんは、イエス・キリストの磔と復活についての作り話だけど、これはカトリック教会が信者たちを支配するための作り話さ。そのことが一般に知られるようになれば、バチカンの長い支配も終わるだろう。
カトリック信者たちにとってカトリック教会の崩壊はとても悲しく、困難な試練になるだろうし、ウソをずっと信じこまされ続けてきたとを知った敬虔な教徒たちはショックだろうね。そして、イエス・キリストの真実と教えが伝わっていくはず。ウソに根ざした儀式は消えて行く。そして、教義じゃなくて、スピリチュアリティ(霊性)に根ざした信仰は残ってく。
マシュー
2013年2月18日

local pc





政治情報:Francis法王に国際逮捕状交付
ITCC
http://itccs.org/2013/03/15/international-arrest-warrant-issued-against-pope-francis-i-jorge-mario-bergoglio-for-crimes-against-humanity-and-child-trafficking/
2013年3月15日
2013年2月25日、ブリュッセルにある国際普通法司法省法廷(the International Common Law Court of Justice)はバチカンを犯罪組織として特定、当時その法王であったBenedict法王は刑事責任に問われたが、次の法王にも逮捕状が出された模様。
宗教弾圧/「汚い戦争(Dirty War)」が100年ちかく続いているアルゼンチン。この弾圧で多くの国民が死亡しているが、国際普通法司法省法廷はこの闘争でアルゼンチン出身のイエズス会士法王Francis I(フランシス1世、Jorge Mario氏)が政治犯の子供の輸送に関わっていたとし、3月15日、Mario氏に対し国際逮捕状を交付した。世界28カ国に交付された公式の状文には、この国際逮捕状で即時に逮捕できない教会関係者と政治家の名前も書かれている。
イタリア国民にもアルゼンチン国民にも権限を持つこの国際逮捕状は当然Mario氏にも適用されるという。
ITCCS秘書Kevin Annett氏
「アルゼンチンでこの1世紀続いてきたプロテスタント弾圧で、法王は指導的役割を果たして来た。」。
「権威ある組織が我々一般市民の暮らしを脅やかしている。我々は身を守るため、組織の責任者を拘留する権利と必要がある。」。

local pc






予想通り、日本海に終結した葉巻型宇宙艦隊(フリート)!
実際、驚くべき事であるが・・・さらっと行こう!
3枚の写真と原画像3つのダウンロードで、誰でも確認できる話だ!!
予想通り、日本海上空、日本上空、そして、太平洋上空に大編隊(大フリート)が現れる・・・!!
これで気象詐欺が、正真正銘であることが覗える。
この画像は、全てhttp://earthdata.nasa.gov/Header_sprite
から入手したものである。従って、誰でも同じ検証が可能だ。
日本上空に夥しいフリート。これに印を付けてみた。原画像は容量が大きいので、ダウンロード画像で確認して頂きたい。その下は、印を付ける前の原画像だ。同じく、容量が大きいので、ダウンロード画像で確認して頂きたい。そして、自ら勘定して頂けると思う。
原画像は、ここにある。http://lance-modis.eosdis.nasa.gov/imagery/subsets/?project=&subset=Japan&date=04%2F07%2F2013
 以下は、リアルタイムの画像集から、日本に程近い太平洋上空である。ここにもフリートが確認されるが、加工された節がある。
何故か、このリアルタイム画像では、丁寧に加工して、隠蔽した形跡があるが、理由が分からない。あの程度の加工では、寧ろ目に付きやすいだろうに・・・と、不思議だ。時間がなかったのであろう。
重要なことは、いずれも日本上空に集中していることである。
他の画像には、全部には当たっていないが、ない! つまり、ミッションが日本上空に関係していると言うほかない。気象詐欺対応のミッションだろう?!
投稿者 飄平 日時 2013-04-07 21:04

飄(つむじ風)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/04/post_54d9.html

MASA
http://earthdata.nasa.gov/Header_sprite





posted by datasea at 22:55| Comment(0) | % モンタギューキーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: