2013年03月25日

予言情報:Francis法王、黙示録

Pope Francis Now Urges All Religions To Unite, And He Spake As A Dragon
Thursday, March 21, 2013 18:33
(Before It's News)

Before It's News
http://beforeitsnews.com/prophecy/2013/03/pope-francis-now-urges-all-religions-to-unite-and-he-spake-as-a-dragon-2445640.html

thelostancients.com
http://www.thelostancients.com/























(要約)
宗教情報:Francis法王が世界の宗教の統合を要請
Michael Garcia
(Before It's News)
http://beforeitsnews.com/prophecy/2013/03/pope-francis-now-urges-all-religions-to-unite-and-he-spake-as-a-dragon-2445640.html
2013年3月21日木曜日18:33
VATICAN CITY(Reuters)
1,300年ぶりのヨーロッパ人以外(アルゼンチン人)のローマ法王Francis法王が誕生して1週前になる3月20日、Francis法王(Pope Francis)はバチカンのフレスコ・サラ・クレメンティーナ(the frescoed Sala Clementina)で様々な宗教の指導者と一同に会し、人が生むもの、消費するもの」を減ずる事があってはならず、正義、平和、環境を擁護するため、すべての宗教信者と宗教をもたない者たちは団結しひとつになるべきであるとイタリア語で語った、これに対し、イタリアのイスラム・コミュニティのリーダーYahya Pallavicini氏は、異教間に橋をかけようとするローマ法王の言葉に感動し同意すると述べた。
参加したのは英国国教会派キリスト教徒(Anglicans)、ルーテル派キリスト教徒(Lutherans)、メソジスト派キリスト教徒(Methodists)など正統非カトリック・キリスト教徒(Orthodox)の指導者、ユダヤ教徒(Jews)、イスラム教徒(Muslims)、仏教徒(Buddhists)、ヒンズー教徒(Hindus)など非キリスト教徒(Orthodox)の指導者。
Francis法王
「カトリック教会は、異教同士が互いに尊敬しあい友好を進めることの重要性に気づいている。」。
「世界のため、創造されし者全てのため、愛し護るべき者のため、すべての宗教信者と宗教をもたない者たちは宗教の統一の重要さを知るべきだ。」。
「我々は最も弱く貧しき者、和解を進める者正義を支持する者、平和をつくる者、苦しんでいる者のために多くをなすべきだ。」。
「人間の一次元的展望のせいで、世界は生産するものと消費するものを減しており、これは現代の最も危険な罠の一つで、人間はこの一次元的展望と戦うべきである。」。
ヨハネ黙示録13:11,12
「わたしはまた、ほかの獣が地から上って来るのを見た。それには小羊のような角が二つあって、龍のように物を言った。」。
「そして、先の獣の持つすべての権力をその前で働かせた。また、地と地に住む人々に、致命的な傷がいやされた先の獣を拝ませた。」。

local pc









黙示録第13章
:1)わたしはまた、一匹の獣が海から上って来るのを見た。それには角が十本、頭が七つあり、それらの角には十の冠があって、頭には神を汚す名がついていた。
:2)わたしの見たこの獣はひょうに似ており、その足はくまの足のようで、その口はししの口のようであった。龍は自分の力と位と大いなる権威とを、この獣に与えた。
:3)その頭の一つが、死ぬほどの傷を受けたが、その致命的な傷もなおってしまった。そこで、全地の人々は驚きおそれて、その獣に従い、
:4)また、龍がその権威を獣に与えたので、人々は龍を拝み、さらに、その獣を拝んで言った、「だれが、この獣に匹敵し得ようか。だれが、これと戦うことができようか」。
:5)この獣には、また、大言を吐き汚しごとを語る口が与えられ、四十二か月のあいだ活動する権威が与えられた。
:6)そこで、彼は口を開いて神を汚し、神の御名と、その幕屋、すなわち、天に住む者たちとを汚した。
:7)そして彼は、聖徒に戦いをいどんでこれに勝つことを許され、さらに、すべての部族、民族、国語、国民を支配する権威を与えられた。
:8)地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、その名を世の初めからしるされていない者はみな、この獣を拝むであろう。
:9)耳のある者は、聞くがよい。
:10)とりこになるべき者は、とりこになっていく。つるぎで殺す者は、自らもつるぎで殺されねばならない。ここに、聖徒たちの忍耐と信仰とがある。
:11)わたしはまた、ほかの獣が地から上って来るのを見た。それには小羊のような角が二つあって、龍のように物を言った。
:12)そして、先の獣の持つすべての権力をその前で働かせた。また、地と地に住む人々に、致命的な傷がいやされた先の獣を拝ませた。
:13)また、大いなるしるしを行って、人々の前で火を天から地に降らせることさえした。
:14)さらに、先の獣の前で行うのを許されたしるしで、地に住む人々を惑わし、かつ、つるぎの傷を受けてもなお生きている先の獣の像を造ることを、地に住む人々に命じた。
:15)それから、その獣の像に息を吹き込んで、その獣の像が物を言うことさえできるようにし、また、その獣の像を拝まない者をみな殺させた。
:16)また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、
:17)この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。
:18)ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。

国際戦略コラム
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/1310143.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/131014.htm












○黙示録の獣とは
2011-09-25

黙示録17:7 ・・・私は、あなたに、この女の秘儀と、この女を乗せた、七つの頭と十本の角を持つ獣の秘儀とを話してあげましょう。
8 あなたの見た獣は、昔いたが、今はいません。しかし、やがて底知れぬ所から上ってきます。
この獣は、ニムロデの国=古代バビロニア、アッシリア、新バビロニア(ユダヤ捕囚)、メゾペルシャ、ギリシャ・マケドニアそしてローマという帝国の形で、存在していました。
「やがて・・・上ってきます」最後の反キリストの帝国が現れます。
10 五人はすでに倒れたが、ひとりは今おり、ほかのひとりは、まだ来ていません。
しかし彼が来れば、しばらくの間とどまるはずです。
歴史の終末における最も恐るべき反キリストの支配。
十本の角
12 あなたが見た十本の角は、十人の王たちで、彼らは、まだ国を受けてはいませんが、獣とともに、ひと時だけ王の権威を受けます。この者どもは心を一つにしており、自分たちの力と権威とをその獣に与えます。この者どもは子羊と戦います・・・
この十人の王とは、芸術、教育、商業、産業、政治等あらゆる領域における、すべての力ある者たちのこと。彼らは自らをキリストより高い者とし、獣に与える=人々を幻惑します。
ここまで『ヨハネ黙示録講解』ウイリヤム・ヘンドリクセン著より
つまり、十人の王とは私たち人間を指しています。
私たちはこの世の終わりまで、この世のすばらしさ(淫婦)に目を奪われ、そしてキリスト(子羊)に反抗していると黙示録はいっているわけですね。

Pray
http://blog.goo.ne.jp/idobata-kaigi/e/563a50388960687ee508fcae8bb3c35d






2010/1/3(日) 午後 9:30
ヨーロッパは、黙示録の「バビロン」という名の女?--聖書予言、黙示録によるヨーロッパの将来予測ヨーロッパの問題はヨーロッパが地理的にロシアの近くにあること。ロシアは全体主義タイプの政府の軍大国。さらにヨーロッパはイスラム教徒テロの問題を抱えている。ロシアは天然ガスの価格引き上げと天然ガス供給の規制をおこないヨーロッパとウ クライナのような旧ソビエト国を操ろうとしている。聖書のヨハネの黙示録の7つの頭と10本の角をもつ赤い獣は国家連邦のことだろう。そして、神話のエウロ パが雄牛に乗った女性であるから、ヨーロッパはヨハネの黙示録17章で赤い獣に乗る「バビロン」という名の女性のことだろう。別の可能性としてイランのよう な他の国がSCOに加われば、赤い獣はロシア、中国、4つの中央アジア諸国からなるSCOのことになりうる。
ロシアの隣の地域西ヨーロッパは獣ロシアに乗るエウロパであるとする聖書の解釈には同調する。教の聖書の最後の章には意外な事実がある。今世界で起きている壊滅的イベントの予言がある。反キリ
スト(キリストの悪魔のイミテーション)(偉大な独裁者)がロシアのプーチン大統領であること。ヨハネの黙示録にでてくる「7つの頭と10の角をもつ赤い獣」はロシアのこと。それが私の説(現在ロシアは10以上の国からなる)。ロシアはヨハネの黙示録にでてくる「怒れる危険な獣」。ロシアのプーチン前大統領はロシア経済に安定をもたらしロシアを好景気にみちびいた。プーチンは世界中で称賛された。しかし2010年以降、ロシアは西側諸国に攻撃をしかけるだろう。2010年秋大きな戦争
が起こるだろう。
ヨハネの黙示録17章のもうひとつのイメージは、10の角をもつ赤い獣にのる女だ。女と獣は仲がいい。最終的に獣は女に寝返る。彼女は火で火傷する。
「女」はヨーロッパのことだと思う。なぜなら神話にでてくるエウロパは雄牛に乗っているから。近年ヨーロッパとロシアは政治経済で協調している。しかし関係はこわれるとおもう。最終的にロシアはヨーロッパに背を向ける。
ロシア、イスラム・テロリスト、イランは、ヨーロッパに背を向ける。ヨハネの黙示録17章では、10の角をもつ赤い獣はヨーロッパと同盟している10人の王。これがCISであると思う。「7つの頭」はプーチン大統領が分けたロシアの7つの地区の長。
黙示録17章(キングジェームズ版):
17章3節 そしてわたしは赤い獣に乗った女をみた。赤い獣は冒涜に満ちたの名前をもち7つの頭と10本の角をもつ。
17章12節「そして10の角のそれぞれには10人の王。まだ国をもたない王。しかし獣とともにあるひととき国を得る。
17章16節 そして10本の角の獣は女を憎んだ。そして彼女を裸にして、肉を食べ、燃やした。
ヨハネの黙示録17章6節で女性が「聖者の血に酔っている」と言っている点に注意。ヨーロッパの長い戦争の歴史(この2000年間、地球上の他のどこよりも戦争が多い)のことではないか。最悪の戦争は、第1次世界大戦、第2次世界大戦だ。
ヨハネの黙示録17章18節で「女」は「巨大都市」であると言っている。ヨハネの黙示録17章15節で「女」が多くの民族、国と言語から成ると言っている。だから「女」はヨーロッパだろう。
「火で彼女を燃やす」のは、サーズ、豚インフルエンザなどの流行病のことだろう。女は「悪いもので満ちた杯をもつ。」。おそらく地球を危険にさらすことができるブラックホールまたはCERN LHC粒子加速器のことだ。

revelation13
http://revelation13.net/Europe.html
http://revelation13.net





European Union
10 countries for a United States of Europe
20 June 2012Presseurop
この記事によると、欧州首脳は、アメリカ型の連邦国家をモデルとしている。ここでイニシャティブをとっているのは、ちょっと前の記事で触れたとおり、欧州委員会の重鎮連中である、バローゾ委員長、ファンロンパイEU大統領、ECB総裁であるマリオ=ドラキ、ルクセンブルク首相のジャン=クロード=ユンケル(欧州連合議長とでも訳すのだろうか?今現在、持ち回り兼務なのか?ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)議長、見つかりました、これが正しいので訂正)と言った面々。
“study group for the future”(将来における勉強会とでも訳すの?)には、目下のところ、フランスは加わっていない。その目指すところはヨーロッパの政治的統合であり、より大きな権限を持つ真の意味でのヨーロッパ大統領が普通選挙により選出されるようだ。
2012年6月27日 (水)

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/10-17a4.html







ユーロ防衛、単一市場、政治的思惑を持つ一方、各国間の経済格差、国粋主義者の存在など、統一の妨げとなる要素も存在するものの、究極的には受け入れる方向へと持っていきたいようである。
そして、目下の10カ国とは(ダニエルの十本の角)
ドイツ、オーストリア、ベルギー、デンマーク、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スペイン
である。
パッと見たところ、まさしく
その足の指の一部は鉄、一部は粘土であったように、その国は一部は強く、一部はもろいでしょう。あなたが鉄と粘土との混じったのを見られたように、それらは婚姻によって、互いに混ざるでしょう。
ダニエル 2:42-43
の預言成就近しであると感じます。
2012年6月27日 (水)

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/10-17a4.html














黙示録のタイムライン
Timeline for Revelation
http://www.rapturechrist.com/timeline.htm
封印
1番目の封印 黙示録 6:1 キリストがサタンに打ち勝つ
2番目の封印  黙示録 6:3 戦争
3番目の封印  黙示録 6:5 飢餓
4番目の封印 黙示録 6:7 武器、飢饉、邪悪な男性の死。
5番目の封印  黙示録 6:9 神の言葉に従う者に宗教的迫害や試練がふりかかる。バビロンの崩潰。 (世界は現在ここにいる!)
6番目の封印  黙示録 6:12  天国のサイン。イスラエルの12部族のなかから14万4千人のイスラエルの民が天国にはいる。この時点で空中携挙がおきる。
7番目の封印  黙示録 8:1-2
この時点で 獣のマークが必須のものになる。
トランペット
1番目のトランペット 黙示録 8:7  雹や火が血と混ざる。
2番目のトランペット 黙示録 8:8  大いなる山が燃え海に投れこむ。
3番目のトランペット 黙示録 8:10  星が天から落ちる。 水は苦くなる。
4番目のトランペット 黙示録 8:12  3つの星(太陽、月、星)がぐるぐるまわる。
5番目のトランペット 黙示録 9:13  アビスが開かれる。人が「バッタ」の被害にあう。
6番目のトランペット 黙示録 11:15  20億人の軍隊が現れる。人類の3分の1が死ぬ。6番目のトランペット が終わるまでに2人の証人が殺される。
7番目のトランペット 黙示録 11:15  24人の長老。バビロンの崩潰。
怒りのボウル
1番目のボウル 黙示録 16:2  獣の刻印を持つ男性に潰瘍がみつかる。
2番目のボウル 黙示録 16:3  すべての海洋生物が死ぬ。海は血のようになる。
3番目のボウル 黙示録 16:4  川や噴水の水が血のようになる。
4番目のボウル 黙示録 16:8  太陽は火で人を焼く。
5番目のボウル 黙示録 16:10  獣の王国が闇になり、人は痛みのあまり自分で自分の舌をかむ。
6番目のボウル 黙示録 16:10  ユーフラテス川までが干上がる。ハルマゲドンの準備。
7番目のボウル 黙示録 16:17  この時点までにはキリストが地球に戻っている。
黙示録 19:14,  黙示録 20:4  ハルマゲドン
黙示録 16:16,  黙示録 19:11-21  ハルマゲドン 、偽キリストの敗北。
獣と偽キリストは摘発され火の海に投げ入れられる。
黙示録 19:20  サタンが鎖につながれる。
黙示録 20:1-2  サタンが鎖につながれ1000年のあいだ奈落の底に落とされる。
黙示録 20:2  キリスト1回目の復活
黙示録 20:2  獣の国が殺した人々が復活する。
ミレニアムのはじまり
ミレニアム 黙示録 20:4  政府は 、 キリストの政府が地球に誕生する。地球で1000年つづく。
ミレニアムの終わり、サタンはしばし鎖から解かれる。サタンは再び人をだまし、戦争をはじめる。サタンの最後の敗北。天使たちが次におこる出来事をつたえる。
キリスト2回目の復活 黙示録 20:11-15  ホワイトスローンによる審判。人は復活して肉体を得る。そしてそれぞれの行いによって裁かれる。
新しいエルサレム 黙示録 20:4  神は新しい天国と地球をつくりそこに新しいエルサレムをつくる。

local pc









Revelation 13:11,12
“And I beheld another beast coming up out of the earth; and he had two horns like a lamb, and he spake as a dragon.
And he exerciseth all the power of the first beast before him, and causeth the earth and them which dwell therein to worship the first beast, whose deadly wound was healed.”

local pc









posted by datasea at 03:47| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: