2013年03月13日

地震情報:佐賀県でリュウグウノツカイ出現

体長4メートル! 幻の深海魚
3月8日(金) 17時09分
次はある意味巨大シリーズに入るかもしれません。
佐賀県唐津市沖の玄界灘で、体長およそ4メートルにもおよぶ、巨大な魚が水揚げされました。
「幻の深海魚」とも呼ばれる、大変珍しい魚です。佐賀県唐津市の唐津うまかもん市場で展示されているのは、体長およそ4メートルの深海魚・リュウグウノツカイです。
けさ5時半ごろ唐津市神集島沖の玄界灘で、定置網にかかっていたところを水揚げされました。体長1.2メートルのマグロと比べてみても、その大きさは一目瞭然です。
リュウグウノツカイは、水深200メートルから1000メートルに生息する深海魚です。福岡市の水族館「マリンワールド海の中道」によりますと、北陸地方などの日本海側ではときどき目撃されるものの、九州で水揚げされるのは非常に珍しいということです。ただここ数年、大分や長崎でも捕獲され謎を呼んでいて、専門家は、冬から春先にかけて吹く北西よりの季節風で流れてきたのではないかと推測しています。
ところでこのリュウグウノツカイ、どんな味なんでしょうか?
唐津うまかもん市場では、このリュウグウノツカイをあさってまで展示し、その後は、学校や博物館などから要望があれば、無償で譲ることにしています。

RKB News
http://rkb.jp/news/news/12813/



posted by datasea at 10:35| Comment(0) | ∞ 自然現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: