2013年03月08日

噴火情報:富士山

富士山から水蒸気。 友人の友人まで公開
2013年02月10日16:19
http://mixi.jp/view_diary.pl?owner_id=20653861&id=1892157943
本日3時過ぎから富士山東側八合目から山頂にかけて水蒸気が間欠的に噴出しております。
一昨年3月11日以来のできごとです。
大地震間もなく(6時間位後)あります。
神奈川の方は強い揺れに対して準備して下さい。震源が東にズレて、東京湾になると大津波も予想されます。
今夜が山場。
海沿いの方は避難しましょう。
撮影後もモクモクと噴いてます。写真ではハッキリとしませんが、100メートル位、一瞬にして吹き上げる状況が肉眼でわかります。これほど激しいのは東日本大震災六時間前以来で、その時とは比較出来ないほど、今回は激しいです。
大地震は確実に間もなく来ます。

さうさう 
http://takehariy.seesaa.net/article/321246979.html











2013年02月10日 17:17
こちらは富士山一合目聖徳寺です!
水蒸気、山頂から吹き続けております富士山
山中湖はずっと揺れているとの事!
2013年02月10日 17:34
ニニギさん、いつもありがとうございます。
私も仕事帰り、運転しながら富士山見てましたが、中腹と山頂から水蒸気出続けてますよね(^_^;)
富士山ニニギ2013年02月10日 18:03
特に今回は山頂からも噴き出しているのが特徴です。
中腹は昨日から噴いてますが西側からだと噴き出している場所が確認できませんでした。
今日は山頂から八合目にかけて、割れ目から帯状に噴き出しているのを確認しました。
これはSOSです。
過去最大です。
2013年02月10日 19:30
> 富士山ニニギさん
山頂から八合目にかけての割れ目とは、大澤崩れのことですかそれとも宝永火口の事でしょうか
富士山ニニギ2013年02月10日 22:08
> さん 
既に宝永火口から頂上までは20メートルの隆起があり、そこから時々水蒸気が物凄い勢いで噴き出します。下から見ると100メートルも噴き上げます。水蒸気は雲と違い数秒で消えてしまいます。
2013年02月10日 19:46
夕方、南房総からも頂上付近の蒸気が見えました。
2013年02月10日 20:28
昔、浦和まで津波が来たそうですが、そんなのが、また来るのでしょか?
2013年02月10日 20:40
川崎に来ています。朝からずっと頭痛がしています。飲料水確保します。
ラジオ、方位磁石も持っています!!あとは心がまえだけですね!
2013年02月10日 20:56
いよいよですね。準備はできています!
富士山ニニギ2013年02月11日 00:08
この水蒸気の出方からすると、過去に無い出方なので、かなりのエネルギーが蓄積されてます。
富士山は地震のコントロールをしていて、「太平洋」「北米」「フィリピン海」「ユーラシア」の四大プレートの接点にあり、富士山山体にマグマを溜めて、各プレートの下にマグマを送り込みます。
それによりプレートが動き、巨大地震が発生します。そのコントローラーとスイッチがニニギが管理している岩戸です。岩戸の先は富士山の大沢崩れに繋がってます。富士山は地球のコントローラーとして存在しているのです。この全ての謎を解いたのはニニギ以外にはおりません。岩戸を開いた本人しか解らないのです。実際の操作は全て直感にります。自分の意識とは関係しません。
2013年02月11日 00:03
普段はめったに夢を見ないのですが、昨日、富士山頂から噴煙が上がる夢を見ました。正夢にならなければ良いのですが。
富士山ニニギ2013年02月11日 00:23
> さん 
今日は時々山頂からモクモクと白い煙りを噴いていたので、正夢ですよ。
2013年02月11日 08:08
> 富士山ニニギさん 
出ている水蒸気は火山性のものなのですか
何度も水蒸気がでていて、20メートルも隆起していると言うことは噴火が近いのですかたしか御殿場の辺りは古富士火山の時代に山体崩壊を起こしたように思いますが、今回もそのような事があるのでしょうか
富士山ニニギ2013年02月11日 10:13
> さん 
富士山はマグマの圧力釜みたいなもので、そう簡単には噴火しません。今回山頂からも水蒸気を噴き出していることから、既にマグマは山頂付近まで達したものと思います。しかしその山体いっぱいに溜めたマグマ圧力はプレートを動かす為のもので、プレート地震が起こるまではマグマを放出する事はありません。地震後にマグマ圧力を抜く為に噴火します。今回は最後の活動なので、一気に山体爆裂になるでしょう。そしてまた新たな圧力釜が出来るのです。自然はこのようにして新陳代謝を繰り返しているのです。そのプログラムが青龍たちなのです。ニニギは自然界と繋がる事により、これらのプログラムを知る事が出来ました。
欲に溺れ、自我の意識で行動をしてる限り、自然と繋がる事はありません。自分の意識を無視して、潜在意識で行動を管理すれば、自然界の地球や宇宙が見えてきます。人間界においても、人を助け、人に与える事に執着し、自我を無くせば、誰でも入る事の出来る世界です。奪われれば奪い返す競争の世界に染まってしまっては、不可能な事です。潜在意識のレベルを上げる。これがヒントです。
2013年02月11日 11:19
昨日 箱根で震度5地震が有ったようです。何か関係有るのでしょうか?
富士山ニニギ2013年02月11日 12:39
箱根の地震は関東大震災の前触れです。
2013年02月11日 13:28
富士山ニニギさん 
箱根 大涌谷で大きな地震が、震度5クラスが二回も起きたとツイートされてます。
ロープウェイも緊急停止で、閉じ込められた人達が。 現地にいた人達、大騒ぎ。箱根でどすーんと地面が揺れ、震度5とのことでロープウェー全日運休に。でも、ネットで全然地震速報出てない…何だったんだろう。ニュースにも気象庁報道にも出ない?
http://togetter.com/li/453699?f=tgtn
ニュースにも、気象庁の情報にも載らない地震、なぜでしょうか

さうさう 
http://takehariy.seesaa.net/article/321246979.html




富士山と箱根山の異変
富士山から水蒸気が噴き出したという情報がインターネットで流れている。
箱根山の山体が膨張し、周辺で地震が頻発しているという報道もつい先日にあった。
関東在住の人は真剣に関西以西の西日本へ逃げる事を考えるべきだ。
箱根山で地震活動が活発化 山膨張も
神奈川県と静岡県にまたがる箱根山で、先月から地震活動が活発化している。01年以来となる、山が膨張する地殻変動も観測されており、気象庁は「噴火の心配はないものの、注意深く監視する」と説明している。
気象庁によると、箱根山の駒ヶ岳付近では先月11日頃から震源の浅い地震が増加している。震度1以上の、体に感じる地震は起きていないが、1日には一日で26回の地震を記録した。また、国土地理院が行った衛星を使った観測でも、去年末頃から箱根山周辺が膨らむ変化が見られている。
(日テレNEWS24)2013年02月08日
http://www.news24.jp/articles/2013/02/08/07222768.html

スピリチュアル野郎の超常的日常
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-494.html





富士山から水蒸気(富士山ニニギ氏の情報)
ブログ さうさう 
http://takehariy.seesaa.net/article/321246979.html


スピリチュアル野郎の超常的日常
http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-494.html






富士山噴火と首都圏大地震
警戒を呼び掛けた2月終りには大地震は起きなかったが、2月終りに栃木県北部で群発地震が起きた。
関東全域での地鳴り・電磁波異常や富士山や箱根山周辺での異変も続いている。
この流れは東日本大震災前の2011年2月にそっくりだ。あの時も2月18日の満月に西洋占術で最凶の危険座相が出たのに相当の地震が起こらず、これから先が分らないと書いた。南太平洋での大地震、中国雲南のM5地震が起きているのも全く同じである。
災害予知 2/16 http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-318.html
2月25日の栃木県北部地震でも新潟県が大きく揺れているので、関東-北陸連動大地震につながる事は間違いないと思う。しかし、前兆現象がだらだらと続き、発生時期の予測が難しい。
ここに来て注目すべき2人の学者の見解が登場した。
箱根の異変が富士山噴火の予兆だという琉球大学の木村政昭名誉教授と、富士山の噴火と首都圏直下型の地震の同時発生を予測する元前橋工科大学の濱嶌良吉教授である。
頻発する箱根での地震 富士山噴火の前ぶれと指摘する声も
箱根で今年に入って実に1700回以上、地震が起きている。箱根山噴火の前ぶれとともに、富士山噴火との関連を指摘する声も出ている。
「数年以内に富士山が噴火する」と警鐘を鳴らすのは、琉球大学名誉教授の木村政昭さんだ。木村さんは、「箱根山の地震は富士山の活動の影響を受けている」と見る。
「富士山と箱根山は地下で同じ力を受けている。今、富士山の下にはマグマがたっぷりたまっているように見えるので、箱根山はそのマグマに押される形になり、地震が頻発している可能性があります」
1983年には三宅島、1986年には伊豆大島、1989年には伊豆半島の付け根にある海底火山・手石海丘と、3年おきで噴火活動があった。連動して起きたようにも見えるこれらの噴火の場所は皆、同じフィリピン海プレート上にある。
「実は箱根山や富士山もまた同じプレート上にあります。1989年に手石海丘で噴火が起きて以来、既に20年あまり経っています。噴火活動が南から北へと上がっており、箱根はともかく、富士山で噴火活動がいつ起きても不思議はありません」
と木村さん。箱根の地震は、富士山噴火の前ぶれというわけだ。“予兆”はこれだけではない。溶岩が噴き出す代わりに、水が噴き出す「水噴火」という噴火の前兆現象も起きている。
「噴火は地下にあるマグマがプレート活動によって押し上げられ、割れた地表で発生するものですが、水噴火で噴き出すのは地下水。しかし、火山の状況としては、噴火とメカニズム的にはあまり変わりません」(木村さん)
東日本大震災以降、富士五湖の水位が突然高くなったり、富士宮周辺で水が湧き出すなど、富士山周辺で相次いでいる現象は、水噴火と考えられるのだという。(※女性セブン2013年3月14日号)
http://snn.getnews.jp/archives/49913
元前橋工科大学教授の濱嶌氏 「私の研究では、富士山の噴火と同時に首都圏直下型の地震が発生します。この2年以内には起きる」
「ドン! というすごく大きな音がしました。近くでガス工事でもやっていて、そこが爆発したのかなと思ったくらいです」
芦ノ湖近くにある飲食店の従業員は、2月10日に起きた地震についてこう話した。箱根山で運行している「箱根ロープウェイ」は、独自に設置している地震計が「震度5」を計測したため、その後、一時運休となった。
箱根で頻発している地震について、気象庁や、箱根山の火山活動を調査している神奈川県温泉地学研究所(温地研)の観測では、今年に入ってから「やや活発な地震活動が起きている」としているが、その影響については
「今のところ直ちに危険という状況にはない」と発表している。
箱根山は地震と噴火を繰り返しながら形成された、まぎれもない「活火山」だ。箱根の地震がすぐに噴火につながることはないという温地研の公式見解に、地震発生のメカニズムに詳しい地殻変動の専門家で元前橋工科大学教授の濱嶌良吉氏(71)は真っ向から反論した。
「箱根で頻発している地震と、箱根山の噴火は無関係ではありません。一つの火山帯である日本国内での地震と、火山活動を切り離すことはできません。さらに箱根山の噴火はすぐ近くにある富士山の噴火とイコールと考えていい」
箱根山が本格的に噴火すると同時に、およそ35キロの距離しか離れていない富士山も噴火を始める。さらに、首都圏では恐ろしい事態が起こるという。
「私の研究では、近く富士山の噴火と同時に首都圏直下型の地震が発生します。というよりも、発生する必然性があります。日本海溝で発生したマグニチュード9クラスの地震が、東日本大震災を引き起こしました。これが日本海溝、伊豆小笠原海溝、相模トラフ、3つの海溝のバランスに影響して、首都圏直下型地震と津波発生の可能性が高まっています。この2年以内には起きるでしょう。首都圏直下型地震が起これば、箱根山の噴火というレベルにとどまる話ではありません」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130227-00000301-jisin-soci
この2人の説で思い出すのが、富士山噴火と首都圏大地震が同時に起きるという長田明子氏の神託である。東日本大震災を的中した予言なので、この予言に沿って未来が進む可能性が依然高いと考える。
長田明子氏の受けた神託
「神々からのメッセージ2 予言編(新星出版 長田明子著)」に書かれている神託のまとめ。
東京を2度の大地震が襲う。2度目に三浦半島の大地震と富士山の噴火が同時に起きる。富士山は東八合目が噴火。東側が大被害を受ける。山体は変形(崩落?)し、日本の象徴は御嶽山になる。
島根と鳥取、反対側の韓国、北朝鮮にも高さ数十mの大きな津波が来襲。東京の最初の大地震で人々が改心すれば日本海の津波はなし。だが、東京大地震と富士山噴火はもう避けられない。
北海道日本海側、宮城県太平洋側、地震と津波がある。若狭湾でも地震。伊勢湾には巨大な台風による被害がある。関東は居住不能になり長い時間を掛けて農耕地として復興する。天皇家は京都に帰る。新潟県から富士山に渡って、巨大な川と谷ができ日本列島を分断する。
しばらくブログ更新が遅くなります。

スピリチュアル野郎の超常的日常
http://matrix80811.blog97.fc2.com/


posted by datasea at 22:52| Comment(2) | % 富士山ニニギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>プロフィール
名前 橘高 啓
性別 男性
現住所 静岡県富士宮市
年齢 62歳
血液型 B型
出身地 東京都杉並区
趣味 アウトドア, 旅行, ギャンブル
職業 その他
所属 浅間明神会 富士山麓古代文明調査会
自己紹介 富士山麓に住んでます。2004年6月富士山にある岩戸を偶然にひらいてから、不思議な世界に入ってしまいました。
次々とおこる奇跡や神様との出会いを少しでも皆様にお伝え出来たらと、mixiに参加してみました。
私の世界は内容が難しいため余り発言はいたしませんが、皆様のお話を聞かして頂きたく思います。どうか宜しくお願いいたします。

控えめにデビューしたのですが、超目立ちたがりやな性分だったのに気付き、今は筆が止まらなくなってしまいました。
自動書記とでももうしましょうか、テーマを思うと記憶が動き出し勝手に文章が出来上がってます。
小学校の時は国語と歴史がいつも2で、作文は零点でした。何を書いてよいか分からず、丸かいただけの状態でした。

それが何故。教えて下さい。歴史と国語が苦手な私がこんな物をかいてるのか。

それに比べ地学と物理は得意で絶対に他人に負ける事は許されませんでした。

私の父は世界で最初に原子爆弾を製造した人です。戦中、陸軍の理化学研究所の仁科研究室でウラン濃縮に成功して原子爆弾を完成させました。日本は世界最初の各保有国です。

父は度重なる被爆の結果、放射線に対する免疫が出来。人類初の「光の子」になりました。光の子とは放射線に対する免疫のある人の事をいいます。

その後私達3人の兄弟が生まれました。私は真ん中です。兄は今でも日本原子力安全協会で「放射線大好き」の仕事をしてます。

その影響を受け、私も「光の子」になる事ができました。これから起る核戦争の中、生き残ることができます。この遺伝子、末永く引き継いで参りたいと思います。
Posted by at 2014年11月16日 13:16
「歴史と神話に潜む真実に迫る」橘高啓 講話 2011/7/3
http://fujivision.tv/movies/kittaka.html

橘高さんと薬石拾い(1) 2011/06/28
http://www.ustream.tv/recorded/15690884

橘高さんと薬石拾い(2) 2011/06/28
http://www.ustream.tv/recorded/15691496

橘高さんと薬石拾い(番外編) 2011/06/28
http://www.ustream.tv/recorded/15690317
Posted by at 2014年11月16日 13:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: