2013年03月05日

予言情報:Benedict法王


ローマ教皇の受難と世界政府
エリザベス女王とローマ教皇が有罪判決で逮捕か!!!という情報。今、ネットを駆け巡っていますね。今後、この情報がどう波及していくか注視している。
これは、カナダでのモヒカン刈りで有名なモホーク族の子供5万人を長年の間に組織的に殺害し、種族としての絶滅を図っていたという事件に対する裁判で被告であるローマ法王やエリザベス女王、それからカトリックやカナダでの関係者の有罪判決がでたらしい。自首期限は3月4日。それを過ぎると逮捕状が出て拘束されるという内容です。
2013-03-02

煩悩くん フルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2511.html







(モホーク族 現在は都市部に多く住み高所作業に従事することから「スカイウォ−カー」とも呼ばれるが、欧州勢と同盟を結んだインディオでもある。)
豊臣秀吉が発した「バテレン追放令」が鉄砲原料である硝石の購入代金の為にキリシタン大名がポルトガル人を介して婦女子の人身売買をしており、それを取り仕切っていたのがイエスズ会だったという話や1500年前からカソリックは児童性的虐待をしていたといい、本当は「悪魔の殿堂」であるので、かなり信ぴょう性が高い話ではある。
ただ、国家元首は刑事罰は国内にいる限り免責事項だという点、果たしてどの機關が逮捕出来るのだろうか?という点、まだレーダースキャンの段階であり実際に発掘して物的証拠となっていないのにいきなり逮捕状?という不可解な点、また、この告発をしているのがプロテスタントの牧師である点で非常に興味深い事象であると思い、この事件をオイラは興味深々と見守っている。
まぁ、逮捕情報がガセだったとしても、マネロン、児童性的虐待でバチカンは今後最大の迫害を受けることは間違いなく、まさにマラキの預言通りの展開となってきてはいる。
同様にエリザベス女王並びに英国王室は指弾されるべき対象となり、世界政府樹立時の傀儡王がウィリアム王子という目もなくなってしまうのだが、、、、これはいったいどういうことなのだろう? イルミの総本山と目されるバチカンや英国王室のトップを逮捕という暴挙(?)はどこが主導しているのだろうか?
王制や教皇制などの過去の歴史的な絶対権威を次々打ち砕き樹立するのが新世界秩序(NWO)ということなのだろうか? このように非常に面妖な出来事が今起きているのです。

2013-03-02

煩悩くん フルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2511.html







バチカン、英国王室、国際金融業を後ろ盾にしているのがロスチャ系列の欧州勢であり、プロテスタント、モルモン教、産軍複合体、石油メジャーを後ろ盾にしているのがロック系列の米国勢。今は世界政府樹立を前にして欧州勢と米国勢の覇権を掛けた内紛劇の真っ最中。彼らとて世界権力樹立時に負け組となると派閥維持が出来なくと見ているのだろう。
つまり、エリザベス女王とローマ教皇が逮捕誘導の黒幕は米国ロック勢力ということ。
2013-03-02

煩悩くん フルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2511.html









この2つの勢力の大きな違いは、欧州勢力の手駒の王族がいないのが歴史の新しい米国勢力最大のネック。で、米国ロック勢力が世界政府樹立時に盟主として担ぎ上げようとしている「隠し玉」が日本の天皇家なのではないだろうか? 日本の天皇家は宗教トップであり、世界最長の王朝。バチカンと英国王室を足してもまだ頭1つ上回るし、更に大ドンデン返し的に、天皇家が失われた十支族末裔であることが公知されれば、もはやこの地球上に並ぶ権威は存在しない。
2013-03-02

煩悩くん フルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2511.html







米国盲従路線の日本の官僚であるからこそ、習近平氏来日時のロスチャ勢力のオザワンを牽制する羽毛田宮内庁長官の発言につながったのだろう。現在の流れは、やはり田村珠芳女史が指摘するように世界政府の盟主は英国王室という方向で固まってきている感じがします。ただ米国勢力も手をこまねいて見ている筈はなく、何かしらの手段を考えているだろう。
その1つが隕石偽装したCSM(非核攻撃ミサイル)かもしれない。この暴挙を行うとしたら世界大戦の混乱の最中だろう。
これが欧州全土を襲い、「7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。終わり。」と述べるマラキ預言と同じ様相を呈するのかもしれない。これが米国筋が考えるシナリオかぁ?
2013-03-02

煩悩くん フルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2511.html







ただ、その内部権力闘争に勝った米国勢力もイエローストーン噴火で国土の2/3は沈没し、中国も環境破壊でかつて起きたように人口の9割が死滅し(184年の黄巾の乱)、最後にヘブル人末裔の秘密をバラされてポツネンと残った日本の天皇家の「福の神」ビリケン広飲み屋が、大嘗祭の時にアガルタのランドラチャクリンが降臨し「新世界」の盟主となって、日本文明を核とした至福千年王国化した世界に君臨するとオイラは睨むが、福島4号機核貯蔵プール倒壊という爆弾を抱えた日本なので、これからどうなるか先は不明だす。
これが神一厘の奇跡という99.89%の完成直前で大ドンデン返し的に起きる裏シナリオだと思っているだすが、その合図はてんし様が降臨する富士山噴火だ。
これは2月23日という「富士山の日」に御誕生されたビリケン広飲み屋だからこその御技なのだす。
2013-03-02

煩悩くん フルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2511.html

posted by datasea at 03:41| Comment(0) | % 聖マラキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: