2013年02月12日

時空次元情報:タイムトラベル


Two Astonishing Cases Of Men Who
Say They Traveled Through Time
30 December, 2012

MessageToEagle.com
http://www.messagetoeagle.com/timetravelertwocases.php













(要約)
時空次元情報:タイムトラベル
MessageToEagle.com
2012年6月2日
世界で初めて「タイムトラベル(時間旅行、the "time travel")」の世界を描いたH.G. Wellsの著書「The Time Machine」で、世界に「タイムトラベル(時間旅行)」の概念が生まれた。以後に関する作品が多く生まれ、話題になる事が多いトピックだが、もしもタイムトラベルが可能になったとして、最初のタイムマシンが作製された時点へ戻れるなら、未来からやってきたタイムトラベラーが現代のこの世界にも訪れているはずだと考える研究家は多い。
2011年9月、CERNは光より速く動く亜原子粒子(sub-atomic particles)を発見したと発表した。この発表に対し、英国マンチェスター大学粒子物理学教授Jeff Forshaw氏は、光より速く動く亜原子粒子がもしもあるなら、理論的には過去に情報を送信する事は可能であると語った。
マンチェスター大学粒子物理学教授Jeff Forshaw氏
「光の速度は宇宙速度の上限(the cosmic speed limit)。その上限を超えてしまったら、原因と結果の法則が成り立たなくなる。しかしもしも宇宙速度の上限を超えた速度で動くものがあるとしたら、それを使って過去に情報を送る事が理論的には出来るし、過去にタイムトラベルも出来る。しかしニュートリノと人間の質量はあまりに違うので、人間がタイムトラベルをするタイムマシンを作るというのはまだまだおとぎ話だ。」。
しかしタイムトラベルにおいて、「タイムトラベルパラドックス(the time-travel paradox)」として知られる問題が現在ある。タイムトラベルで自分のいた過去に旅行して、もしもそこで自分の存在を消すような事態がおきた場合、現在の自分は一体どうなるのか?具体的には、タイムトラベルで自分の過去に戻り自分の祖母を殺す殺人鬼がいるとして、その殺人鬼の存在はどうなるのかという問題だ。
時間の糸が織り成す織物の中の果てしないパラドックスの環状線。しかし最近になってこのパラドックスの出口となりうるアイデアが宇宙学者により発見された。つまり、宇宙は1つではなく複数が多重して存在する。そうであるなら、ひとつの出来事に対する結果も1つではなく複数ある事になる。タイムトラベルで自分の過去に戻り自分の祖母を殺す殺人鬼のタイムトラベラーの祖母は、異なる宇宙では殺人鬼の母親となる娘を育てているという考えだ。
Andrew Basiago氏は「Project Pegasus」でのタイムトラベルの経験が有るシアトル在住の弁護士。氏は7歳から12歳になるまでの幼少期に米国防総省高等研究計画局(the Defense Advanced Research Projects Agency)の極秘プログラム「Project Pegasus」のスタッフとしてタイムトラベルを体験、2004年に自身が体験したタイムトラベル体験をBob Tuskin氏のラジオショウでで語った。7歳から12歳になるまでの幼少期に計8回のタイムトラベルを体験したが、発明家Nikola Teslaが亡くなった直後の1943年1月の彼のニューヨーク市のアパートに行って発明に関する書類を現代に持ってくるという任務も中にはあったという。また6歳の時には、1863年のAbraham Lincolnのゲティスバーグでの演説の写真を見せられて、フォード劇場のLincolnの暗殺現場にタイムトラベルで送られたが、暗殺事件はそこではおきなかったという。
旅行でいったそれぞれの過去は微妙に異なっており、軍は隣接したタイムラインのそれぞれにトラベラーを送っていたようだったと氏は語る。
Andrew Basiago氏
「トラベルの回数が増えた時があって、その時は、別の自分に会った事もあった。」。
「タイムマシンは上下2本の灰色の楕円のブームから成る高さ8フィートの構造体だった。10フィート上にはTeslaが発明した『放射エネルギー(Radiant energy)』と呼ばれる時空を曲げる作用のあるエネルギー照射装置があった。」。
「現在と過去を行き来するタイムトラベルにおいては、心身の自由度がたかい子供のほうが、時間旅行の精神的重圧によるストレスが少ないと軍は考えたんだろう。」。
テクノロジーが必要なのはリアルタイムテレポーテーション(念力移動)のみで、タイムトラベルにテクノロジーは必要ないという。

local pc







地球は時空の渦の中にある
2012年3月6日
MessageToEagle.com
http://beforeitsnews.com/story/1857/349/Earth_Is_In_The_Middle_Of_A_Space-Time_Vortex_-_With_Video.html
100年前アインシュタインが一般相対性理論で予測したとおり、地球周辺の時空はゆがんでいる。アインシュタインの一般相対性理論によれば、時間と空間は、縦糸と横糸のように、「時空(space-time)」と呼ばれる4次元の織物を形成している。地球周辺の「時空」の織物は、重い人がのったトランポリンのへこみのように、地球の質量でへこんでいる。アインシュタインによれば、重力は、この「時空」のへこみによる現象。そして、地球は回転し、回転でこの「時空」のへこみはねじられる。それにより4次元の時空の渦はねじられるという。

local pc




495. 世界情勢と次元のシフト 管理人  2002/10/23 (水) 10:11
最近、時間が過ぎるのが早いと感じる人々が多くなってきていると思います。
これは、次元がシフトをしていることを意味し、三次元である現実を決定している時間と空間の相互関係が今や崩れつつあるということとです。
これを我々はあらゆる所で感じ始めています。世界情勢や日常の生活で実感されていると思います。めまぐるしく変化する国際情勢はそのいい例です。
外に現れる世界は、我々の内部で進行していることを、我々に見せてくれているのです。
そして、世界が破壊するとするならば、それは何を表しているのでしょうか?
それは内部にあるものを崩壊させているということです。全てが崩壊しつつある様に見えながら、
真実は 世界そのものがより高次の次元世界へと進化しているのです。
次元がシフ トするとき、全ての人が同じ体験をすると言うことはありません。
我々、一人一人がそれを実際に体験していくわけですが、まあ、ゲリーのいう葛藤が重要なポイントになるかもしれませんね。

光の12年間(アセンション)情報掲示板
http://homepage1.nifty.com/akashic/bbs.html


posted by datasea at 02:00| Comment(2) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
nice
it so good コピー時計 http://www.louis357.com/
Posted by コピー時計 at 2013年07月13日 22:21
最高級ブランドコピー専門店
ブランド 2013春夏新作開催
当店は主に販売します:時計|バッグ|財布|靴|サングラス|アクセサリー|ベルト
経営のブランドは含みます:ROLEX|IWC|BVLGARI|OMEGA|TAG|HEUER| BREITLING|CHANEL|FRANCK MULLER|CARTIER|HUBLOT|ZENITH| BREGUET
ルイヴィトン|グッチ|シャネル|エルメス|ミュウミュウ|プラダ|コーチ|ブルガリ|フェンディ| バレンシアガ|ボッテガヴェネタ |セリーヌ| トリーバーチ
以上 宜しくお願い致します。(^0^)
信用第一、良い品質、低価格は、商品は絶対の自信が御座います。
激安、安心、安全にお届けします、安心して買って下さい業界最大級ブランドコピー専門店
◆HP: http://www.drshores.com/

◆担当者:深田裕子
Posted by ブランド 激安 at 2013年07月15日 06:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: