2013年02月06日

予知情報:木花咲耶姫

予知情報:木花咲耶姫
私が木花咲耶姫(このはなさくやひめ)から受け取った複数のメッセージによると、その時の天変地異の様子は次のようなものです。
「海岸線は大津波が襲い、それが川をさかのぼり、山へ駆け上ります。日本国内はあちらこちらで天から火の雨が降り、安全な場所は限られます。地上では山という山が噴火し、海底火山も噴火します。
11時間ほど地鳴りが続き、大雨が降ります。大雨は2日2晩続きます。日本中のすべてのダムが決壊します。山が崩れます。原子力発電所も壊滅します。日本の3分の2が海中に沈みます。
時が経ち、静けさの後、地球目がけて流星が落ちてきます。その日、その時、日本時間の6時5分に、大地震が発生します。同じ日の12時5分から14時15分まで、再び大地震が立て続けに発生します。
地震が止むと、地軸が傾きます。いったん北極がヨーロッパ側に20度傾き、続いてアメリカ側に90度傾き、さらに20時15分に北極と南極が入れ替わります。月は赤く濁り、星は消え、太陽は黒くなり、丸5日間、天のあらゆるものが消え、気温はマイナス40度の日が続きます。」

zeraniumのブログ:
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/index.html#entry-85141358



木花咲耶姫もこう言っています。
「世界政府ができて、ひどい圧制が行なわれても耐えてください。希望を失わず、絶やさず、正しい心を失わないでください。必ず、助けが来ます。それは富士山が<鳴った時>が合図です。」

zeraniumのブログ:
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/index.html#entry-85141358




   
いかがでしょうか?
激しい天変地異の大激変の後、7日目にしてやっと夜が明け、日の光が差し込むとその日から、少しづつ明るさを取り戻し始め、静寂が訪れます。それはこれまでにやってきた天変地異などとは、比較にならないほどの大激変なのです。これにより、地上の文明のほぼすべてが壊滅するでしょう。しかしながらそれでも地球上には21の国が残り、人類もわずかながら生き残ります。ただし5大陸はほぼことごとくが海中に没し、文明の痕跡は消え失せ、世界は滅亡します。
このポールシフトが起こるのが、イルミナティによる謀略の世界政府が樹立されてから、約3年半後と言われています。現在の闇の支配層によるシナリオでは、2014年あたりに世界政府ができると考えられているので、そこから3年半後の2017年-2018年には世界は最後の時を迎えます。

zeraniumのブログ:
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/index.html#entry-85141358



最後の瞬間は「富士山の噴火」が合図となる
世界戦争後の天変地異の大激変で、人類もわずかな人数を残すだけで死滅してしまい、文明も終わってしまうという絶望的な最後を迎えることになりますが、でも安心してください。
その日、その時、地球の回りに終結している宇宙銀河連邦の大船団が地球に降り立ち、まさに絶滅の危機に瀕している地球人を救い上げてくれることになっています。宇宙連合の人々は地球のことを心配しています。そして何とか地球人を救うために、宇宙船で地球の側までやってきており、常に見守っています。
中には地上に降り立ち、地球人になりすまして、私たちにそれとなく危機を知らせてくれている宇宙からの人々も少なくありません。福島には今、凄い数のUFO が集まっています。福島に住んでいる知人が「今日は凄くて、30機くらいの編隊が飛んでいた」と教えてくれます。彼らは原発事故によって汚染されてしまった福島の様子を心配して見に来ているのです。
そんなに心配なら、戦争や天変地異の起こる前に助けてよと言いたいところですが、残念ながら宇宙の人々にはそれはできないのです。なぜなら、大戦争も天変地異も世界の滅亡も、人類に与えられた試練だからなのです。すべては創造主によって計画されたことで、人類にとっては避けられない運命なのです。そこへもし宇宙の人々が介入して手を差し伸べてしまうと、人類が自ら作り出した受けるべき業(ごう・カルマ)による浄化を受けられなくなり、その結果次元上昇できなくなるばかりか、「宇宙の法則」を歪めてしまうことになるからです。
人類が築いた文明の痕跡は、天変地異によって粉々に打ち砕かれることになりますが、それは人間が、核などの放射能で汚してしまった地球の地表を浄化するためには仕方のないプロセスであり、避けては通れないことなのです。試練を受けることで地表は浄化され、地球は元の美しい状態へと戻り、人類もカルマを克服して、次元上昇を成し遂げることができるのです。このような理由から宇宙の人々は、地球の最後の瞬間まで手を差し伸べることができないのです。
その合図となるのが、富士山の噴火だと言われています。
皆さん、富士山が噴火すると、いよいよ、この世界の滅亡が近いと思ってください。でもその時、素直な正しい心でいるならば、宇宙の人々があなたを見つけてくれます。宇宙の人々は私たち人類とは違い、生きている次元が異なるために人間のような生身の体を持ってはいません。彼らは少なくとも5次元以上の存在なのです。
宇宙船にしても、人類が持つような金属製で機械的なものではなく、光の玉のような感じです。ですから3次元にいる私たちには、なかなか見えにくいものなのです。しかし同時に宇宙の人々にとっても、人間の姿は見えにくいもののようです。
彼ら宇宙の人々が見ているのは、私たち人間の生身の肉体ではなく、実は私たち一人ひとりの「魂」なのです。つまり、正しく素直な心を持っている人の魂は輝いているので、宇宙の人々からは認識しやすくよく見えるようですが、邪(よこし)まな心をエゴで固めていると、魂が曇っていて見えにくいようです。

zeraniumのブログ:
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/index.html#entry-85141358






今までの利権とか権力とか権威、、、例えばバチカンとか、天皇制とかもこの時に淘汰されていくだろう。
その象徴が近いうちに起きる綺麗なピラミッド型をした富士山の噴火での山体崩壊(カルデラ化)でしょうか。
この淘汰故に人類英知の結晶であり、また利権の温床でもある原子力も淘汰されねばならず、その原発炉メーカーを独占する日本が完全な方向転回するまではしなくては再び原発事故が起きる展開になっていくと見ている。まぁ、物理法則も変わっていくだろうし、電子の動きもチト変わってくる。だからハイテク依存した現文明は崩壊していく。まぁ、実はこれが変換人の世界というものなのだが、、、
2012-12-22

煩悩くん フルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/blog-entry-2478.html




次元。次元。このブログでは前の前から次元次元とうるさく書いてきますた。
はぁ?だから次元って、今の生活にどう関係するのよ。
今の次元がぶっ壊れる。そんなこと書くと、何を書いてるんだこのスカポンチンは。。皆様はそう思われるでしょう。我々は複数ある次元の一つに住んでいるに過ぎない。一般の人はこの世界が多次元構造体だという事実をさっぱり理解していないのですた。
ワタスは前から書いていること。この日本から次元を超える人が生まれる。真っ先に日本は新しい世界に入る。地震とか富士山噴火とか。何で日本ばっかりこんな目に合うんだ。。こんな地震や天変地異ばっかりの日本に生れて、なんて不幸なんだ。。そうではないのです。
日月神示
食べ物がなくなっても死にはせぬ、ほんのしばらくぞ。木の根でも食うて居れ。闇のあとには夜明け来る。神は見通しざから、心配するな。
覚醒。
多分そろそろ始まる。
金環食がありましたよね。疎開村では今、HEROESを皆で見ています。そうeclipseですよね。いい加減目を覚ませ。この野郎!と言ったところなのです。
012/05/24(木) 08:48:48|

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-986.html


posted by datasea at 03:50| Comment(0) | % 木花咲耶姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: