2013年02月04日

天体情報:2012年12月21日-修正データ

1.jpg
天体情報:2012年12月21日
マヤ・カレンダーによると、2012年12月21日冬至、銀河系の双子座エリア(赤経04時14分19.955秒、2012.12)にある太陽系は第四の世(4/5)を終え、5125年後(7137年)まで続く第五の世(5/5、太陽系公転の最後の期間)にはいる。
5125年後(7137年)にスタートラインである銀河系の双子座エリアの入口に到達した太陽系は次の公転にはいる。

local pc




BC3113年、太陽系が第4の世(4/5)にはいった頃の太陽系は獅子座エリアで、銀河中心の方向は水瓶座にあったと考えられるが、水瓶座の少年と獅子座を合成した形のスフィンクスが当時の銀河中心の方向であった水瓶座の方角を向けて作られたという事も納得できる。

local pc







BC3113.00.00 太陽系は第4の世(4/5)にはいった。マヤ暦
2012.12.21 太陽系は第5の世(5/5)にはいる。マヤ暦
7137.00.00 太陽系は第1の世(1/5)にはいる。マヤ暦
12262.00.00 太陽系は第2の世(2/5)にはいる。マヤ暦
17387.00.00 太陽系は第3の世(3/5)にはいる。マヤ暦
22512.00.00 太陽系は第4の世(4/5)にはいる。マヤ暦
27637.00.00 太陽系は第5の世(5/5)にはいる。マヤ暦

local pc











マヤ文明の絵文書として現存している4つのうちのひとつ『ドレスデン絵文書』の最後のページには、「空の龍」が水を吐き出す絵、つまり大きな洪水を示唆するページで終わっている。

Dresden Codex Project
http://www.dresdencodex.com/
http://www.crystalinks.com/dresdencodex.html

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/308971874.html

youtube.com
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=600bk3tfU0U





天体情報:2012年12月21日
Before It's News
http://beforeitsnews.com/space/2012/11/graphic-view-of-the-galactic-alignment-on-december-21-2012-it-is-getting-closer-2450168.html

2012年12月21日、銀河系の中心と太陽系惑星が直列

3.14
2012年11月29日木曜日14:57
2012年12月21日は冬至で北半球では昼間の時間が最も短くなるが、今年の冬至の2012年12月21日午前11時11分、太陽系惑星は十字型に直列し、かつ銀河系の中心とも直列する。またエジプトのギザ・ピラミッドの配置はこの直列の方向を向いている。冬至に太陽系惑星の銀河系直列がおきるのは約25,920年に1回。

local pc







マヤ・カレンダーではひとつの時代は5125年とされます。 

Time Cycle
http://www.harmonion.com/Article2/J-Time_Cycle_Part-1_2012_Galactic_Alignment_12-21-12.html




2012年の冬至とは何か - ぴゅ-んちゃん☆ガーデン - Yahoo!ブログ
2012/11/20(火) 午前 3:24
マヤの長期暦が2012年の冬至付近で終わると言われています。だんだんと冬至が近づくにつれて、この意味が何なのか漠然と考えています。マヤの人々は肉眼では見ることができない海王星や冥王星の存在を知っていたとされていますが、天文学の知識が半端ないことを考えた時、天体の配置に何か特徴的なものがあるのではないかと思いました。例えば、冬至の時の星の黄経を足していくと面白い関係が見えてきます。
 ==========
 (冬至の日の太陽の黄経270°)≒(太陽)+(水星)+(金星)+(地球)+(月)+(火星)+(木星)+(土星)+(天王星)+(海王星)+(冥王星)
 ==========
冬至の日は地球を含む11天体の黄経の和がほぼ270°になります。月が多少前後すれば、右辺がぴったり太陽の黄経に重なるなるタイミングがこの冬至付近に発生するわけです。また冬至の日は、(太陽)+(地球)=270°+90°=360°となり、これは0°となりますから、右辺から(太陽)+(地球)を除けば、
 ==========
 (太陽)≒(水星)+(金星)+(月)+(火星)+(木星)+(土星)+(天王星)+(海王星)+(冥王星)
 ==========
とも言えますね。
以上より、太陽に星の力が集約するタイミングが2012年の冬至であるということが、ひとつ言えそうです。

ぴゅ-んちゃん☆ガーデン
http://blogs.yahoo.co.jp/soundtrue/34559994.html




大規模コロナ炎放出(CME、Coronal Mass Ejection)
ハリケーン、地震、火山噴火、熱帯低気圧、気温の急変化、竜巻、突風 、マイクロバーストなど、今後72時間は異常気象に注意。
天の川銀河系の平面(フォトンベルト)上に並ぶ数億の太陽と太陽系の太陽が並ぶ。太陽系の太陽や地球はその作用をうける。「光が増す」事により細胞(DNA)の進化がおきる。

local pc









2012年12月21日冬至からマヤ暦 第5の太陽の時代が始まるとされる。 第4の太陽の時代は、西暦前3114年8月11日に始まったとされる。 そのころ、エジプトでは、メネス王がエジプト王朝をおこした。 メソポタミアではシュメール文明がおこります。 日本では縄文文明のころです。

Time Cycle
http://www.harmonion.com/Article2/J-Time_Cycle_Part-1_2012_Galactic_Alignment_12-21-12.html










:: KochHoroscope :: 無料ホロスコープ作成サイト

KochHoroscope
http://tsukineko.info/astro/


posted by datasea at 01:24| Comment(0) | ◉ マヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: