2013年01月19日

アセンション情報:マシュー


逝ったマシュー君の天界からのメッセージ!!68
マシューメッセージ(68)
2012年12月29日
スザンヌ・ワード著
原文: Matthew's Messages
訳文責: 森田 玄【転載終了】
投稿者 飄平
日時 2013-01-05 14:41

飄(つむじ風)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/cat10507836/








地球はいま宇宙の窓を通り過ぎているところ。第三密度の出口で、第三密度の波長は弱まり、明るい、強い第四密度の光の波長が強まってる。今の地球でおきてる事は、宇宙の歴史でも未曾有の出来事。あらゆる光の存在たちがこの偉業に歓喜の声をあげてる。地球で紛れて暮らす地球外生命体(ET)たちの力もあるけど、これは何よりも、地球人類の偉業なんだ。だから、自分を褒めて。地球が突然パラダイスに変わるわけじゃないけど、変化は少しづつあらわれてくるはず。
2012年12月29日

local pc







みんなが長く待ち望んできた12月21日が来て過ぎていっ た。調和、平和、幸福、それぞれの魂がそれぞれの12月21日を経験したんだと思う。“終末論”信者や、ドラマチックな変化を期待してた人はガッカリだったんだろうけど。
でもね、本当は12月21日にスゴい事がおきたんだよ。12月21日冬至の日、何百万の魂たちを照らす強い光のエネルギーが地球に植え付けられたんだ。強い光。アセンションを知らない人や日和見主義たち、闇の道にはまりそうになっている人たちさえも照らす強いエネルギーさ。僕らがみているレベルでははっきり認識できないだろうけど、いずれみんなも変化に気付くようになるはずさ。
2012年12月29日

local pc








2011年9月9日のメッセージ:
「地球はいま、第三密度エネルギーエリアの出口を進んでて、そこには第三密度エネルギーエリアの最後の流れと、第四密度エネルギーエリアの最初の流れの2つの流れが混じってる。だから表面上はダイナミックな変化としては現れてこない。ある日を境に世界がガラッと変わる、リボンを切る記念式典のようにある日を境にガラッと変わるっていう事じゃない。」。
12月20日と12月21日で世界がどう変わったかって、意識レベルで感じうる変化はなかったはず。それは前のメッセージで言ったよね。地球が第四密度のエリアにはいるのが、地球のリニアル(線形)時間のその日辺りになるだろうってことさ。
地球が第四密度のはじまりに到達したからって、お祝いの”リボンカットセレモニー”みたいなわかりやすい出来事がなかっただけの事さ。
12月21日冬至の日、何もおきなかったとガッカリした人がいたと思うけど、それは、12月21日に世界がガラッと変わるという信念が人類の集合意識になかったからそういう事がおきなかった、そういう事。
例えば、猛スピードで走ってくる列車がわずか数メートル手前の踏切を無事に越えられると信じる人がいるとする。でも地球のような環境では越えられない。なんでかっていうと、人類の集合意識に、非物質化や空間移動でその危険を回避できるっていう信念がないから。
「信念がリアリティ(現実)を創造する」ていう宇宙の法則があるけど、その法則には「信念はその状況下における現実的なものでなければならない」ていう条件があるんだ。現実からかけはなれた事を念じても、実現はしない。
12月21日終末論信者の信念については、人類の集合意識との関わりではなく、本質からズレた信念だったって事。黄金時代を望む地球の意志と終末論信者の意志、どっちを神が優先させるかって、それは地球の意志のほうだからさ。
2012年12月29日

local pc








無差別多量殺人にあえぐ民衆、独裁にあえぐ国の民衆、独裁とたたかう民衆、ホームレス、そういう逆境の人に同情する人がふえてる。無意識ではあるけど、この世界で犯してきた過ちを正そうという願いと決意を、人類は集合意識の中で強めてる。
誰かを助ける人は今までもいたけど、今が何よりも違うのは、「すべてはひとつ」っていうワンネスの意識が人類の意識レベルに生まれ、逆境にある人たちとそうでない人たちとの間に意識のつながりができはじめてる事。貧困を終わらせる、暴力を終わらせるっていう意志が、魂レベルでひとつになった。あとはそれに思考と行動が合体して、実現できるっていう確信がという集合意識に出来るはず。そうなれば実現に向けたプロセスがとらlれる事になると思う、
2012年12月29日

local pc






第三密度の世界で成功しようと思ったら、第三密度の感覚と能力と知識が必要、でもどこまっでいっても第三密度レベルだから。相変わらず第三密度の意識レベルに留まってる人がほとんどだけど、コンティニュウム(時空連続体)の中で地球のアセンションは既成事実。もう結果はでてるんだ。
宇宙の法則に、「信じることがリアリティ(現実)を創る」っていう法則がある。誰しも平和で幸せな世界を望んでる。でも限定された第三密度の世界で、人は「そんな世界が実際に出来るのか」っていう疑う。オマケに意識に世界の深刻な状況を治す事などできないっていう意識が刷り込まれてる。でも、「無理に決まってる」ていう意識から「もしかしたら可能かな」ていう意識に、魂レベルで変化する人が増えてる。だからやってみる事!
2012年12月29日

local pc







posted by datasea at 23:02| Comment(0) | % マシュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: