2013年01月05日

天体情報:2013年の天文イベント

Prepare Now For Mega-Comet Of Doom
Monday, November 5, 2012 18:53

Before It's News
http://beforeitsnews.com/space/2012/11/prepare-now-for-mega-comet-of-doom-2449014.html






(要約)
天体情報:2013年の天文イベント
2012年12月28日
Joe Rao
2013年は天文イベントが多い年。天文マニアには忙しい一年になりそう。主な彗星はPANSTARRS彗星とISON彗星の2つ。
2013年1月21日:月と木星が見かけ上接近、ほぼ食
北米では、夕方の空でほぼ食となる。この接近は次回の2026年の接近までで最も近い接近。
2013年2月2日から2月23日:夕方、水星が最高の眺め
日没直後の西の空で見かけ上太陽付近の水星が明るくよくみえる。2月8日夕方には0.4度未満の火星に見かけ上接近する。太陽から離れる2月16日にはその明るさはマグニチュード+1.2となる。
2013年3月10日から3月24日:PANSTARRS彗星が極大
2011年6月にハワイ-ハレアカラ(Haleakala, Hawaii)にあるPan-STARRS 1望遠鏡が新しく発見したPANSTARRS彗星が2013年3月10日から3月24日の2週間、太陽から2800万マイル(4500万km)、地球から1億200万マイル(1億6400万km)の位置、近日点に達し、極大となる。3月12日の夕方、日没直後の西北西の空で三日月の右側4度の位置に一等級に輝く。
2013年4月25日:部分月食
4月25日に部分月食(Partial Lunar Eclipse)。東半球(ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリア、アジアの大部分)で観測可能。ハワイでは、ハワイ時間午後3時48分、見かけ上、月が太陽のおよそ32パーセントを隠す部分月食。北米では観測できない。
2013年5月9日:オーストラリア北部とパプアニューギニア東端で金環食
5月9日、オーストラリア北部とパプアニューギニア東端で金環食(Annular Eclipse of the Sun)、太陽と太陽より約4.5パーセント小さい月が月を囲んだ日光のリング/金環食を形成、ニッケル貨幣の上にペニー貨幣をのせたようにみえる。ソロモン諸島など太平洋で観測可能。
2013年5月24日から30日:惑星のダンス
日没直後の西北西の空で、水星、金星、木星が惑星のダンス(Dance of the Planets)、みかけ上、順行、逆行のうごき。
2013年6月23日:2013年最大の満月
6月23日米国東部夏時間午前7時32分(1132GMT)、2013年の近地点、地球から221,824マイル(356,991km)の距離に接近した月が2013年最大の満月となる。
2013年8月12日:ペルセウス座流星群流星群
8月12日、ペルセウス座流星群流星群(The Perseid Meteor Shower)が極大。
2013年10月18日:半月食
10月18日に半月食(Penumbral Eclipse of the Moon)。
2013年11月3日:複合型太陽食
2013年11月28日:ISON彗星が極大
2012年9月21日、ベラルーシのアマチュア天文学者Vitali Nevski氏、ロシアのアマチュア天文学者Artyom Novichonok氏の両氏がISON(the International Scientific Optical Network)望遠鏡を使って発見したISON彗星(comet C/2012)が11月中旬から12月下旬にみえ、11月28日(米国の感謝祭)、ISON彗星(comet ISON)が太陽から750,000マイル(120万km)の距離に接近(近日点)、極大、昼でも見える明るさになる。北半球では朝晩によく見える。そして、1ヵ月後、地球から4000万マイル(6400万km)のエリアを通過(近地点)。
2013年12月中:明るい金星
12月を通して、夕方と朝の空で金星が輝きを増す。12月5日には金星の上に三日月が位置、12月6日には金星の明るさは最大となる。次に同じ明るさになるのは2021年。
2013年12月13日から14日:双子座流星群
12月13日から14日、双子座流星群(Geminid Meteor Shower)が極大となる。

local pc


posted by datasea at 00:56| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: