2012年10月23日

時間次元情報:時の終わり

Now: 4
Last Hour: 25
Last 24 Hours: 1,696
Total: 2,676
Hopi’s Blue Star Prophecy & End Times
Saturday, October 20, 2012 17:03
Published on Oct 20, 2012 by DiscloseTruthTV

Before It's News
http://beforeitsnews.com/prophecy/2012/10/hopis-blue-star-prophecy-end-times-2442606.html





(要約)
時間次元情報:時の終わり
Hopi族の青い彗星の予言と時の終わり
2012年10月20日土曜日17:03
DiscloseTruthTV
Miriam Delicado氏のインタビューより抜粋。Miriam Delicado氏は予知能力を持つ中年の女性。「Blue Star」の著者。
ETとの出会いとETの地球人へのメッセージ、Hopi族の青い彗星の予言、時の終わりについて。
Miriam Delicado氏は幼児期にETに誘拐された事があり、その時、小さな銀色の四角い物体を与えられ、ETに使い方を教わった。当時少女だったDelicado氏はその物体を隠し持った。
1988年、Delicado氏は再び誘拐される。この時誘拐したETの特徴は濃い波打ったブロンドの髪、大きな青い目、スラッとした長身で、天使のような印象。
ETたちはテレパシーでDelicado氏に情報を送信、意識にダウンロード送信したその情報を人類に伝えるよう命令したという。内容は以下。
ET
「ある日、空に星があらわれ、誰もがその星を見るだろう。その星を見たら、終わりが近いと知って備えるべし。」。
Miriam Delicado氏
「ETたちが私に教えた時の終わりのメッセージって、Hopi族の青い彗星の予言に似てるわ。ETたちは、将来、地球に接近した天体が原因で地球に大災害がおきるだろう、その時は安全な場所に逃げろって警告した。安全な場所ってアメリカだったら大陸の四隅、大陸の四隅はETに守られてるからだだって。」。

local pc







Wikipedia
終わりの時(The end time、end of days、eschaton)は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3つのアブラハム系宗教(Abrahamic religions)に伝えられる予言。ヒンズー教、仏教をはじめとする多くの宗教にも「終わりの時」の言い伝えはある。
ユダヤ教には「日々の終わり(end of days)」という伝えがあり、それは救世主の時代へと続いていく。唯一神が世界を治める世界は平和の世になる、すなわり、「mashiach」、「the Olam haba」である。
イスラム教には「Yawm al-Qiyomah」(復活の日、the Day of Resurrection)、Allahが最後の審判を行う「Yawm ad-Din」(審判の日、the Day of Judgement)の伝えがある。
キリスト教にには、救世主(イエス、the messiah、 Jesus)再臨前の苦難の時の伝えがある。そしてその後、神の王国が到来する。

local pc





posted by datasea at 03:24| Comment(0) | ◉ ホピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: