2012年10月02日

夢記録.2012.2.12

夢記録.2012.2.12
10月2日
今年の2月ころ、夢に祖母がでてきて戦争の警告を私にした。
夢は毎日ではないがマンガのかたちで記録していて、その記録が残っていた。今読み返してみると、非常に深い警告であるように思えてきた。
内容は以下。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
どこかで煙がたっている。その煙の元をさがしたらバーベキューのアミだった。
その付近で腕を棒に結んだ10人の男たち。肩にはワイングラスをのせて走っている。
やがてバランスを失い転んで服は真っ赤。
外交を重視するがゆえに戦争に加担していく各国、そして国民の流血、そういう象徴に思えてきた。
そのあと祖母が登場して、戦争を警告する。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
腕を棒に結んだ(=外交のシバリ)10人の男(=政治家)。肩にはワイングラス(=国民)をのせて走っている。
やがてバランスを失い転んで服は真っ赤(流血の惨事)。
外交を重視するがゆえに戦争に加担していく各国、そして国民の流血を象徴するメッセージだったのかもしれない。
そのあと祖母が登場して、戦争を警告する。唯一の救いは「大戦にはならない」と言ったところ。

local pc




詳細は以下サイトに公開中。
夢日記(漫画版)
http://datasum.seesaa.net/

local pc






pnthum4200010001001.jpg

▲腕を棒に結んだ(=外交のシバリ)10人の男(=政治家)。肩にはワイングラス(=国民)をのせて走っている。





pnthum4200010001001.jpg

pnthum4200010001001.jpg
 
▲祖母が登場して、戦争を警告する。





posted by datasea at 23:58| Comment(0) | ◯ 夢日記1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: