2012年09月20日

3つの時代、3つの災害

noteppcosmo254014.jpg


pp6520120914144 .jpeg


3つの時代、3つの災害
聖書の中の古代科学によれば、黄道は3つの時代(双子座-牡牛座-牡羊座-魚座、水瓶座-山羊座-射手座-蠍座、天秤座-乙女座-獅子座-蟹座)に分かれていて、各時代の終わりには災害があるとされる。
したがって、太陽が黄道上を1公転するごとに、すなわち1プラトン年25800年ごとに3回災害がおきる事になる。
第一の公転では、神の子の時代(双子座-牡牛座-牡羊座-魚座)、天国のアダムの時代(水瓶座-山羊座-射手座-蠍座)、天使の時代(天秤座-乙女座-獅子座-蟹座)がつづき、蠍座の時代から天秤座の時代に移行する時に火の災害がおきて終わった。
第二の公転では、ヘブライ族長の時代(天秤座-乙女座-獅子座-蟹座)、ノアの人類の第5の時代(双子座-牡牛座-牡羊座-魚座)とつづき、蟹座座の時代から双子座の時代に移行する時(ヘブライ族長の時代が終わる所)に水の災害(ノアの洪水)がおきて終わった。
やがて双子座の時代がはじまり、ノアは第五の人類の時代を築いた。人類はセムとともに双子座のp時代をすすみ、ファレヅトともの牡牛座の時代を、アブラハムらとともに牡羊座の時代を進んだ。そして人類はキリストと聖書とともに魚座の時代を歩み今にいたる(ちなみに今はノアの人類の第5の時代が終わる所)。黙示録によれば、次にくる災害は風による災害だという。
-二見書房刊ノストラダムスの遺言書(1983.3.10初版)

local pc







第一の公転
神の子の時代(双子座-牡牛座-牡羊座-魚座)
天国のアダムの時代(水瓶座-山羊座-射手座-蠍座)
天使の時代(天秤座-乙女座-獅子座-蟹座)
第二の公転
ヘブライ族長の時代(天秤座-乙女座-獅子座-蟹座)
ノアの人類の第5の時代(双子座-牡牛座-牡羊座-魚座、現代)

local pc







紀元前8000年-紀元前6000年(蟹座の時代)
蟹座の時代の特徴は母性と家庭。農耕が発達。この時代の守護星は月。
紀元前6000年-紀元前4000年(双子座の時代)
双子座の時代の特徴は知性と情報。文字が発達。この時代の守護星は水星。
紀元前4000年-紀元前2000年(牡牛座の時代)
牡牛座の時代の特徴は美と耐久性。エジプト文化の精神と一致する。この時代の守護星は金星。
紀元前2000年-紀元0年(牡羊座の時代)
牡羊座の時代の特徴は男性性と戦争。戦争の多い時代。この時代の守護星は火星。
紀元0年-2000年(魚座の時代)
魚座の時代の特徴は犠牲と慈愛。キリスト教の精神と一致する。この時代の守護星は現代では海王星。
紀元20000年-4000年(水瓶座の時代)
水瓶座の時代は科学、天文、親愛の星座が支配する。この時代の守護星は現代では天王星。
-二見書房刊ノストラダムスの遺言書(1983.3.10初版)

local pc











2009年2月14日はバレンタインの日であるが、2009年2月14日に、太陽は魚座の時代をでて水瓶座の時代にはいった。
その同じ日に、暗黒の時代(カーリ・ユガ)がおわり、真実の時代(サット・ユガ)が始まった。一部のヒンズー教徒は、サット・ユガを「黄金時代」と呼ぶ。マヤの伝承の観点からみても、他の伝承の観点からみても、シナリオとは、 2012年には、地球に住む多くの人に二元性または三次元の世界のおわりがくること、そしてこの地球とともに五次元の世界に帰還するというものである。このイベントは、私のサークルでは「黄金時代」のはじまり、「アセンション」として知られるようになった。
2010年
Steve Beckow

Welcome the Light
http://www.welcomethelight.com/the-2012-scenario/







2012年のシナリオ
2010年
Steve Beckow
マヤ語、ホピ語、プエブロ語、その他の予言によると、歴史の1サイクルが、2012年12月に終わることになっているという。そして、次のサイクルが始まるという。
2009年2月14日はバレンタインの日であるが、2009年2月14日に、太陽は魚座の時代をでて水瓶座の時代にはいった。その同じ日に、暗黒の時代(カーリ・ユガ)がおわり、真実の時代(サット・ユガ)が始まった。一部のヒンズー教徒は、サット・ユガを「黄金時代」と呼ぶ。マヤの伝承の観点からみても、他の伝承の観点からみても、シナリオとは、 2012年には、地球に住む多くの人に二元性または三次元の世界のおわりがくること、そしてこの地球とともに五次元の世界に帰還するというものである。このイベントは、私のサークルでは「黄金時代」のはじまり、「アセンション」として知られるようになった。
アセンションは、人を責める人、暗殺者、戦犯、財政的裏切者、その他多勢の殺人者にはそれはやって来ない。これらの人々は光に進まないほうを選ぶ。彼らの世界は3次元の現実のままである。それは彼らの選択である。彼らは次のサイクルで我々に加わるだろう。NESARA、ファーストコンタクト、アセンションとして知られているイベント。
ファーストコンタクトからアセンションまでの期間がだいたい2〜3年である。いくつかの事件が明らかになるだろう。そのことで今まで地球を支配していたグループの衰退していることを理解するだろう。このグループは世界中から富を集めに集め、犯罪の長い長いリストに作っている。それらの犯罪は我々の多くは全く知らない。これらの犯罪は、たとえば、911事件、アフガニスタンとイラクでの戦争、ロンドン爆破、オクラホマシティ爆破、HAARPによ
って誘発された地震とハリケーン、暗殺、 世界的な体制暴投、拷問、パンデミック、有毒な化学物質、数兆件にわたる窃盗と大量殺人、人道に反する罪と財政的な反逆罪といったものだ。
世界は、新保守主義者派閥、新保守主義者に属する北米の部隊、NORAD、海軍情報部隊、ブラックウォーター、ワケンハット、アルファベット・エージェンシー(NSA, CIA, MJ12,
FBI, MI6, MOSSAD)といった集団に操られている。
彼らは彼ら自身を「新世界秩序」(New World Order、NWO)、「イルミナティ」、軍産複合体、秘密国家、と呼ぶ。もうすぐ、我々市民は彼らの全容を知ることになる。
あなたは今家から外に出ることができて、空港まで車で行くことができる。あなたは「今日はテロも戦争もない、昨日もなかった。」と言うことができる。刑務所に入る心配もない。
現在こういう生活全てが終わる恐れがある。あなたの回りでもそれはおきている。オバマ大統領の最初の仕事のひとつは、憲法の自由の条項を変更した大統領令を出すことだった。一部のアメリカの議員は、ブッシュとチェイニーが作成したNWO案の起訴を要求している。拷問をうけたドイツと国連の特派員は、アメリカの当局に裁判を要求している。NWOは、政治、財政的、軍隊、教育、メディアが組み合わさった複合体と考えられる。
しかしそれはすでに崩壊している。それは全て消え失せる運命にある。我々は、我々の生きているこの社会の柱が、彼らとともに崩れていくのをみることになる。同時にもう一つの社会構造がはじまっている。現在はこれらの2つのイベントが同時に起こっている。だからいろいろと判断がむずかしい局面である。
2つめのイベントは、一部の人々が「知性の経済」と呼ぶ構造に関するイベントである。世界中の善良で正直な人は、現在と全く違う方法で動く経済システムのために忙しく働くことになる。現在の経済システムは事実上機能を停止し終了することになる。この知性の経済システムを「NESARA」という。NESARAとは「国家の経済的保安及び改革」という意味だ。長い間、このことについて議論が禁止されていた。一部のワシントン・ジャーナリストはNESARAを「改革法」と称することで法をかいくぐっている。
NESARA は当初アメリカ議会で議論されていた。ビル・クリントンによっ て2000年に署名がなされ、2001年9月11日の午前10時00分にに発表されることになっていた。2001年9月11日、NESARAの発表のおよそ1時間前にあの悲劇的な事件がおき、発表を目立たなくしたことはあまり知られていない。それ以後、NWO秘密グループは、過去にテロがなかった地域で「テロ戦争」をおこすことでNESARAが発表されなかったということにしようとしている。
NESARA は、現在、この惑星で貧困を終わらせる世界的な計画を示す代名詞になっている。それは国境も消すだろう。それはこの地球に平和を命ずる。リストアップした犯罪者全てが権力から取り除かれ、起訴され、投獄される。ここ数ヶ月の研究からそれは確かである。地球の人々の意識は、まだNWO秘密結社を倒せるほどには目覚めていない。彼らに好き勝手にさせたら、我々は、貧乏で不自由な生活を余儀なくされるだろう。人口削減政策(世界人口を63億人から対処可能な5億人へ)にも遭遇するだろう。未来は、貧困、世界的流行病、化学兵器、GMにより誘発される飢饉(バイオエタノールによる飢饉)、人工の天災、既に現在建設が完成したFEMAキャンプへの投獄と世界大戦といったものになる。
長い間、我々は宇宙でひとりぼっちの存在だと聞かされてきた。しかし、真実は、我々が宇宙でひとりぼっちでないということ。そして、我々が独力でNWOを追い払うことができないということだ。我々は援軍を得た。
空高く、プレイアデス、シリウス、琴座、ヴェガ、アルクトウルス、アンドロメダ、その他多くの宇宙のエリア、あるいはもっと高次元に、我々の祖先である地球外生物の艦隊が待機している。彼らは、我々の家族である。 我々の先祖で、場合によっては将来の我々である。これらの地球外からの人間の訪問客は、2012年のアセンションで我々を援助しに来る。彼らの一部は、スターシードとしてこの地球で生まれている。彼らの一部は、出生後の体にはいりこんでいる。彼らの一部は、形を変えて、我々に気づかれずに街を歩いている。彼らは友人である。彼らは我々と同じ天国と同じ神の命令に従っている。彼らは愛と光の力である。
我々はなにも恐れる事はない。我々は彼らに援助の意志を示すことで多くのものを得ることができる。
我々は、彼らの援助なしではここまでくることができなかった。NWOを打ち負かした人々は、「地球連合」または「ホワイトナイツ」として知られるたくさんの地球人の仲間である。NESARAをもたらすのは彼らである。時はきた。そして「ファーストコンタクト」の時が来るとき、姿を現すのは彼らである。
我々は、実は過去に彼らと沢山のコンタクトをしている。彼らはこの惑星にヒトの種をまく役割を果たした。我々は、彼らの子孫である。我々が「ファーストコンタクト」と言うのは、初めて、地球人全体が彼らの存在に気づくということである。NESARA発表の前から、彼らは我々に技術を提供している。石油への依存を終えることができるテクノロジー、遠くに旅行するテクノロジー、高速情報伝達のテクノロジー、すべての病気を治すテクノロジー。
彼らは、工場で生産せずとも食物、衣類などのニーズを満足させることができる装置を提供する。最終的に、貧困、病気がこの地球上から消える。互いに敵をつくって戦う宗教というものが消える。戦争が消える。
宇宙の我 々の兄弟姉妹は、我々に2012年のアセンションの準備をさせる。彼らが到着する光景は我 々の想像を超えるものとなる。彼らが空に現れたとき、どよめきがおこり、大騒ぎになるだろう。それぞれの国のの政府は、UFOが空にあると言っても馬鹿げたこととして相手にしないだろう。
しかしフランス、英国、デンマーク、ブラジル、カナダと、順々に、宇宙人の存在を認めていくだろう。実際、米軍は長い間、宇宙人からの技術供与(反重力テクノロジー、コンピュータ・チップ、光ファイバー技術、テフロン、グーグル、ステルス技術)で利益を得てきた。そういうことだ。

Welcome the Light
http://www.welcomethelight.com/the-2012-scenario/





posted by datasea at 22:16| Comment(0) | ◉ 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: