2012年09月18日

ラッパの祭り



ロシュ=ハシャナ、ヨム=キプル、スコット: 子羊通信
今年のラッパの祭りは9月17日の日没より
贖罪日が9月26日
仮庵の祭りが10月1日-8日
のようですね。
2012年8月15日 (水)

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-4846.html





ラッパの祭りについて
「イスラエル人に告げて言え。第七月の第一日は、あなたがたの全き休みの日、ラッパを吹き鳴らして記念する聖なる会合である。
どんな労働の仕事もしてはならない。火によるささげ物を主にささげなさい。」
(レビ記23章24,25節)
西暦1998年は、9月20日の日没より、ラッパを吹き鳴らして記念する聖なる会合の日(ラッパの祭り)が始まります。
ここで吹き鳴らされるラッパとは、ショーファー(Shofar)という角笛で、ユダヤ人に畏怖の念を呼び起こさせる音を発します。
というのは、シナイ山に神が降りてこられ、モーセを通してトーラー(律法)をイスラエルに授けられた時、山全体に鳴り響いていた音が、このショーファーの音だったからです。(もちろん、この時は、神のショーファーが鳴り響いていたのでしたが。)
ですから、この角笛の音は、神からの呼びかけを象徴していて、あたかも、「イスラエルよ、目覚めよ!」と呼びかけているがごとくです。もちろん、今日、神はイスラエルのみならず、私たち異邦人にも呼びかけています。
では、神は、私たちに何を呼びかけているのでしょうか。
第一に、「神の主権に目覚めよ」と呼びかけています。
「ラッパの祭り」の日、すなわち、第7の月の第1日は、「ロシュ・ハシャナー」(年の頭)と呼ばれる新年の日でもあります。この日をもって、ユダヤ歴5759年が始まりました。
なぜ、第7の月が年の頭なのかと言えば、ユダヤの伝統によれば、これが天地創造(あるいはアダムの創造)の日でもあるからです。
人々は、日ごろ日常生活に埋没し、神を忘れてしまいがちです。そして、まるで人間が世界のすべてを動かしているかのように思い上がったり、反対に、自然そのものが神であるかのように思い込んだりします。
しかし事実は、神が天地万物を創造されました。すなわち、神が主権をもっておられ、目には見えなくとも、歴史を導いておられるのです。ですから、この日は、単に新しい年が始まったというだけでなく、神の創造と主権を思い出し、この年も神ご自身が導いていかれることを確認する大切な日なのです。私たちは日常生活に埋もれている状態から目覚め、この神の呼びかけに応答しなければなりません。
第二に、「ラッパの祭り」は、悔い改めの日です。実は、この祭りの前の月、すなわち、第6の月から、すでに悔い改めの期間に入っていました。そして、この祭りをピークとして、さらに10日後の「ヨム・キプール」(大贖罪日)を迎えるのです。
ユダヤの伝統では、「ラッパの祭り」の日には、神が「いのちの書」を開かれ、人々の行いを裁き、来たるべき世界にふさわしい者の名は、その書に記されると考えられています。この日に記されなかったものには、さらに10日の悔い改めの猶予が与えられ、大贖罪日に書は閉じられるとも言われています。
とはいえ、実際には、人々の悔い改めと神の裁きは、この期間だけに限定されたものではありません。ユダヤの伝統でも、「この季節になったら悔い改めればよい」と言って、それまで悪事を働くような者には、赦しは与えられないと考えられています。
ですから、「ラッパの日」は、単にその日に悔い改めるというのではなく、むしろ、悔い改めの生活を思い出させるための、いわば、レッスンの日であると言えるでしょう。
では、「悔い改め」とは何でしょうか。
日本でも、年末になると、忘年会を開いたり、除夜の鐘を聞きながら、古い年を忘れ、心機一転、新年を迎えます。もちろん、多少の反省をしたり、新しい決意もするでしょう。しかし、根本は、過去を忘れ、水に流すというところにあるようです。
ユダヤの「悔い改め」とは、反対に、「覚える」ことです。「悔い改め」(テシュバー)ということばの根本的な意味は、「帰る」であって、自分の罪を覚え、反省するだけでなく、神を覚え、神のもとに帰ることなのです。あたかも、角笛の音とともに、神が、「わたしのところに帰りなさい!」と呼びかけているがごとくです。
この神の呼びかけは、神から離れようとするものにとっては邪魔なものであり、神に反抗するものにとっては、恐ろしい裁きの声ともなるでしょう。しかし、神に帰りたい者にとっては、親の愛情あふれる呼び声にほかならないのであって、私たちは、この音を聞きながら、神から離れていたことを反省し、お詫びし、神のところに帰るのです。
第三に、「ラッパの日」は、メシア来臨をあらわす日です。
神は、ただ私たちに「帰れ」と呼びかけるだけではなく、やがて、メシアをとおして、自ら私たちを迎えに来られます。
パウロは、神のラッパの響きとともに、イエスが天から降ってこられ、死者を復活させ、彼を待ち望んでいる者を引き上げられると言っています。この終末の詳細については様々な議論があるものの、根本的なメッセージは明瞭です。すなわち、やがて神ご自身が地上に直接介入され、ご自身の民を集め、神の国を完成させるということです。
人が自力で神のところに帰るのではなく、帰ろうとする人々を神ご自身が引き寄せてくださるということ。これが福音です。そのために、メシアはすでに一度この世に来られ、その死によって罪のゆるしの道を開いてくださいました。ですから、私たちは、大胆に神のところに帰ることができるばかりでなく、やがてメシアご自身が戻ってこられ、救いのわざを完成してくださるのです。
今、私たちは角笛の音とともに、このメシアの救いを思い出し、神のラッパが鳴り響き、メシアが再臨される日を待ち望むのです。
シャローム!

ラッパの祭りについて
http://park14.wakwak.com/~sanbi/bible/teruah.htm








話を要約すると、
BC290000年頃アダムが現れ、高度な知的生命体の交配が繰り返されていた。
BC150000年頃新種の人類が出現したが、何らかの理由でBC30000年頃絶滅した。
残った人種がBC50000年頃には超古代文明を造り上げたが巨大天体(彗星)が海洋上に落下し、世界規模の大洪水を引き起こし一時的に文明が衰退した。
その後、BC13000年頃に3つの文明(アトランティス・地中海・メソポタミヤ)がそれぞれの言語を持つまでに発展するに至ったが、BC9500年頃またもや巨大天体(彗星)が海洋上に落下し、世界規模の大洪水を引き起こし、3つの文明が滅んでしまった。BC9500年頃〜BC9000年頃の空白の期間の後、謎のシュメール人が後の文明の足跡を刻むに至った。
sssfffsss
2012-06-18 20:51:56 |

スペース&サイエンス
http://blog.goo.ne.jp/sssfffsss/e/1ee48dc73e4b6eee455922017f72e0ee












超常日記 104 驚愕!人類の誕生の秘密の考察No1
【私は1974年冬頃の不思議なコンタクトの後、1975年春頃にまた不思議なコンタクトを経験した。】
彼らとのファーストコンタクト数ヵ月後の1975年春頃、「人類のルーツのヒントはエジプトにも隠されている。これは人類の誕生ルーツの1つの手がかりの通過点である。」というメッセージを2回目のコンタクトにて得ることが出来た。
彼らのヒントを基に話しを更に奥深く追求してみると、エジプト文明からメソポタミ文明に辿り着いた。エジプト文明は元々メソポタミ文明の影響下で発達した文明であることが最近の研究で判明していることから、一気にメソポタミ文明にさかのぼり人類のルーツを考察してみた。
聖書の記事と考古学の資料を基に調査した結果、およそ29万年前、人類は何らかの手法にて高度な知的生命体の交配が重ねられ、現在のような人類が誕生したのではないかという結論に至りました。
聖書の翻訳上アダムは数千年前の人物である解釈をされますが、聖書学者によると、聖書の創世記の11章以前は史実に基づいていないという結論に達していることから考古学の年代と聖書記述が矛盾しない対比表を作成することができました。
sssfffsss
2012-06-18 20:51:56 |

スペース&サイエンス
http://blog.goo.ne.jp/sssfffsss/e/1ee48dc73e4b6eee455922017f72e0ee




表の(※1)は約15万年前「旧人」ネアンデルタール人が誕生し、約3万年前に絶滅している。
表の(※2)間氷期を迎えた地球の表面は、赤道付近から徐々に氷が溶けだしていた。
今まで分厚い氷により直接地面に到達しなかった巨大隕石だったが、海に落ちた隕石は海水を蒸発させ世界中に豪雨をもたらし、更に大洪水を引起こし地球規模の大災害を引起こすに至っている。
表の「セム」「ハム」「ヤフェト」の時代についてですが、丁度このころ、言語学者によると1万2千年程前には3言語が使われていたと研究により割出され、また、これが1万5千年前に3つの文明(アトランティス・地中海・メソポタミヤ)の言語であった可能性があり、それが表の「セム」「ハム」「ヤフェト」の時代に符合したということです。

sssfffsss
2012-06-18 20:51:56 |

スペース&サイエンス
http://blog.goo.ne.jp/sssfffsss/e/1ee48dc73e4b6eee455922017f72e0ee



秋の祭りですが、これが再臨(second coming)の予表となるというのです。
トランペット、いわゆるユダヤ歴新年=ロシュ・ハシャナ。贖罪日=ヨム・キプル、スコット=仮庵の祭りとなるわけです。
ディモーラ師によると、この間がいわゆる約2000年近く続いている現在も含めた教会時代。そして、トランペットかヨム・キプルかはわかりませんが、師は艱難期前掲挙説支持者ですので、今年かどうかは断言できないが、この秋の時期に教会の掲挙があるのではないか?と。
そして7年間の大艱難時代(いわゆるダニエルの失われた7年ですね)を経て、スコット=仮庵が終末の大収穫を含めた再臨の型となるわけです。
2012年8月15日 (水)

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-4846.html



posted by datasea at 16:44| Comment(0) | ◉ 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: