2012年09月06日

ヨハネの黙示録による中国と北朝鮮の分析

Revelation 13:
China and North Korea -- the Red Dragon in the Book of Revelation --A Bible prophecy and New Age analysis

Revelation 13
http://revelation13.net/China.html









(要約)
ヨハネの黙示録による中国と北朝鮮の分析
2011年
Revelation 13
一連のイベントがヨハネの黙示録でなぜ「時の終わりのイベント(the End Time events)」と言われるのか、反キリストと呼ばれる独裁者がなぜロシアから出てくるのか、説明する。私は反キリストはロシアのPutin首相の事だと考えている。反キリストと呼ばれる独裁者はロシア、中国、イランに同盟を組ませ西側諸国と対立させる。黙示録13章2節に反キリストの事が書かれている。
「そして、私が見た獣はヒョウの上にのっていた。その足はクマの足のようであった。その口はライオンの口のようであった。ドラゴンは獣に権威と力と彼の席を与えた。(黙示
録13章2節)」
私の分析で「クマの足」とはロシアの事。ドラゴンとはサタン自身、中国の事。つまりこれは、露中の軍事同盟を意味する。これはつまり、ロシアが中国の巨大な軍事力を得て巨大な軍事力となる事を意味する。そして、「彼の席」というの地理的にロシアが中国の上に位置する事を意味するのだろう。船、潜水艦、レーダー・システム、ジェット機など、ロシアは中国に最新式の武器を輸出している。ロシアはイランに原子力発電所、ミサイルなども輸出している。
旧約聖書ダニエル書にも黙示録13章と同じ記述がある。
ダニエル書第7章では、「4匹の獣が海から上がってきた。」とある。そしてこれが帝国となるとある。
「1匹目の獣はライオンのようで、男性の心臓があった。2匹目の獣は、その口に3本の肋骨をくわえたクマだった。3匹目の獣は、翼と4つの頭をもつヒョウだった。4匹目の獣は鉄の歯と10の角があった。4匹目の獣は大きな事を話した。」。
1匹目の獣はバビロン帝国の事。ライオンはバビロンの象徴。
2匹目の獣はペルシャ人の帝国(クマ)の事。
3匹目の獣はアレキサンダー帝国(ヒョウ)の事。アレキサンダーは、ヒョウのような速度で世界を征服した。
4匹目の獣はローマ帝国、反キリストの事。鉄の歯はローマ帝国の事。
大きな事を話す男。これはヨハネの黙示録13章にでてくる10本の角をもつ獣と一致する。
黙示録13章にでてくる獣はライオンの口、クマの足、ヒョウの速度、10本の角(10の国家連合)を持つ。これはロシアと独立国家共同体の事だろう。
ヨハネの黙示録16章では、ハルマゲドンの時、このユーフラテス川が干上がり東の王(中国?)が歩いて渡るとある。ユーフラテス川はイラクにある川。1999年、ユーフラテス川に猛烈なかんばつがおきて干上がった。これはイラクで今世紀おきたかんばつで最悪のものだった。さらにトルコはユーフラテス川上流にダムを建設している。これはハルマゲドンが接近している徴候。
「6人目の天使がユーフラテス川に小びんを注いだ。すると、川の水がひからびてしまった。それは東の王がすすむ道となった。(黙示録16章12節)」
毛沢東主席
社会主義中国初のリーダー毛沢東主席について。毛沢東主席が生まれたのは1893年12月26日(クリスマスの次の日)。クリスマスの次の日に生まれるのは反キリストのしるし。
中国文化革命がおきたのは1966年〜1976年。時の主席は毛沢東だった。
中国から「非革命的分子」を一掃するため、毛沢東は若者による年長者の裁判を奨励した。
また毛沢東は恐怖と殺人によってチベット仏教を根絶した。またこの時、チベットによる中国への侵攻があった。
20世紀の専制君主、殺人者のうち、悪において毛沢東を凌いだ者はスターリンとヒトラーのみであった。
毛沢東が死んだのは1976年9月9日。31年後、666日×17のサイクルが終わった日。
毛沢東の生誕地は中国湖南省韶山。地理座標では北緯27.9度、東経112.6度。聖書の番号(特にヨハネの黙示録)と照合してみる。北緯27.9度(北緯28度)はヨハネの黙示録12章8節と関連する。
「怒った赤いドラゴンは地に投げつけられた。」(ヨハネの黙示録12章8節)。
「天国で戦争がおきた。マイケルと彼の天使はドラゴンと戦った。ドラゴンはマイケルと彼の天使と戦った。どちらももはや天国で見る事はなかった。怒った赤いドラゴンは地に投げつけられた。このドラゴンは年をとったヘビ、悪魔、サタンと呼ばれていた。そしてこのドラゴンは全世界を欺いた。」(ヨハネの黙示録12章7〜9節)。
「赤いドラゴン」はサタンを意味する。しかし、私は「赤いドラゴン」の第2の意味は中国、ロシア、特に毛沢東だと思う。毛沢東の出生地は、地球に「赤いドラゴン」が生まれた地。「赤いドラゴン」、赤い中国は強くなっていった。
北朝鮮
1998年8月、日本に向けて「テポドン」の試験発射。
2005年10月10日、北朝鮮を訪問した韓国の女性が北朝鮮で子供を生んだ。この子供は「統一の赤ちゃん」と呼ばれた。これは初の北朝鮮で生まれた韓国市民。これは南北統一が近づいているしるし。
2006年1月1日、北朝鮮は、南北戦争を意図していると米国を非難した。
2006年6月17日、北朝鮮が長距離ミサイル「テポドン-2」の打合せ。「テポドン-2」は北朝鮮から米国カリフォルニア州まで到達する長距離ミサイル。2006年6月17日、火星と土星がみかけ上接近(およそ0.5度以内)。
2006年10月9日、初の北朝鮮原子爆弾試験発射。

local pc




ロスチャイルドやイスラエル、欧米勢力は計画通りに物事が進んでおらず、かなり焦っているのが今の状況のようです。何しろ、シリア政府の抵抗が激しく、また、ロシアが睨みをきかし、中々イラン攻撃の準備ができません。イランやロシアを攻撃し、国を破壊しないとロスチャイルド悪魔帝国の世界支配体制はできないとのことです。もし11月にイランを攻撃できなければ、ロスチャイルド・・・つまり、ひょっとして、イルミナティ勢力の力が衰えるかもしれないと期待してしまいます。もちろん、ロスチャイルドの力が衰えても、別の勢力が世界制覇をするならば、世界の自由と平和は夢となってしまいますが。。。
http://geraldcelentechannel.blogspot.jp/2012/09/tim-rifat-rothschild-must-attack-iran.html

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51846356.html



2012年09月01日10:55
ロシアがシリアから撤退しているようです。
ロシアがシリアに対する軍事支援を止めるようです。ロシアはもはや、めんどくさい戦争はしたくないようです。ということは、シリア発の大戦争は起きないということですが、ロシアの支援がないと、欧米勢力がシリアを乗っ取るということでしょうか。
混迷を深めるだけのシリアですが、シリアが欧米イルミとの戦いに負けたなら、次はイランとの戦争?そして、イランも欧米イルミに乗っ取られるということなのでしょうか。それとも、シリアでの戦争を終わらせることで、イランへの戦争も回避できるということでしょうか。いやいや欧米やイスラエルのシオニストたちはイランに戦争を吹っかけています。
世界大戦は阻止しなければならないですが、ひょっとして、イルミの上層部(サンヘドリン)は、戦争をしたくて仕方ないのに、イルミの若い層は戦争はもう飽き飽きしたと感じてきているのでしょうか。。。今後も、イルミのNWO計画に騙されないように中東情勢も見守っていきたいです。

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51845639.html






文鮮明も黄泉の深みへと旅立ったようだし、本物か?それともダブルの影武者がネタ切れとなったのか?真実はわかりませんが、死んだのは事実のようで、これで金正日、文鮮明と半島系の大物が二人消え、残るはあと一人となりました。
2012年9月 3日 (月)

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/




また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。注意していなさい、あわててはいけない。それは起らねばならないが、まだ終りではない。
民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。
しかし、すべてこれらは産みの苦しみの初めである。
そのとき人々は、あなたがたを苦しみにあわせ、また殺すであろう。またあなたがたは、わたしの名のゆえにすべての民に憎まれるであろう。
そのとき、多くの人がつまずき、また互に裏切り、憎み合うであろう。
また多くのにせ預言者が起って、多くの人を惑わすであろう。
また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。
しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
マタイ 24:6〜13
今ほどこの預言の箇所が身に染みて、成就しているのではないかと感じざるを得ないことは過去になかった気がします。 
それでもまだまだ、ほんの序の口なのでしょうね。本番はこれからやって来る。
最後まで耐え忍ぶ者ですか・・・もう半分ポンコツだし、口で言うほど簡単じゃないかもしれない。
自分には無理かもしれないけど、命ある限り、可能な限り、言うべきことは言っておこうと思います。
Go forward !
それでも前進するしかありませんからね!

2012年9月 3日 (月)

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/








4日に訪中するクリントン国務長官だが、さらにパネッタ国防長官も9月中旬に訪中するという情報も入ってきている。
外交軍事のトップがそろって訪中するわけであるが、ここにどんな意味があるのか。実は昨日、ペトラエウスCIA長官が急遽、イスラエルへ飛んでいる。
イスラエルの動きを制するのが目的とのことだが、本日の報道では、レバノンの武装組織ヒズボラが<イスラエルがイラン核施設への攻撃に踏み切った場合、米国の関与の有無にかかわらず、イランは米軍基地を攻撃する>との声明を発表している。イスラエルは11月の米大統領選挙を前に軍事行動に踏み切るとの観測が流れており、ヒズボラの声明は、イスラエルと距離を置こうとしている米国を引きずり込もうとするかのようである。イスラエルのネタニヤフ首相は<イランに核兵器製造を踏みとどまらせるよう、イランが越えてはならない一線を明確にすべきだ>と述べている。(ロイターより)これらを総合すると、クリントン国務長官、パネッタ国防長官が相次いで訪中するのは、東アジア方面での中国の軍事的行動を抑えることで、米軍の力を中東へ集中させようという狙いが見えてくる。
つまり、間もなく中東有事が勃発することが示唆されているのだ。
FRBの追加緩和策観測で、金価格が騰勢にあるが、実は、この有事の動きを
嗅ぎ取っている金融マフィアらが仕込んでいる可能性があるのだ。
いずれにしても、食糧高騰に加え石油が高騰し、高度インフレが加速していくことになろう...。
2012年9月 6日 11:00

イーグルヒット クラブG-1 小出宏実の恐慌情報レポート
http://eagle-hit.com/












重大コメント
Commented by 桃加 at 2012-08-02 23:33 x
テロ情報が入ってきました。
8月1日のアメリカの証券取引がなんと2000%も増えました。これは911事件が起きた2日前の状況と全く同じです。911がまた起きるのでしょうか。
異常取引の株式銘柄の中に、
アメリカン航空、
ユーナイテッド航空、
コンチネンタル航空、
ノースウェスト航空、
サウスウェスト航空、
マーチン、
ボーイング、
ロッキードマーチン社、
というように、航空会社がズラリと並んでいます。 (引用注:これはちょっとちがうようです。下記参照↓)
偶然にしてはおかしいと思うのですが・・。 
元記事データは通常の取引と比べ急激に増えたもの:
1973% GOV US Equity・・・・これがアメリカ政府によるものです。9.11の2日前に800%増えたものが、また増えています。 (引用者:アメリカ政府に何かインパクトがあるのは想像できます)
(以下、右の会社名は、引用者付加)
1063% PL US Equity: Protective Life Corporation 生命保険ほか
747% MTZ US Equity: MasTec, Inc. 
672% EXG US Equity: Eaton Vance Tax-Managed Global
578% N US Equity: NetSuite Inc.
518% BG US Equity: Bunge Limited
420% HOG US Equity: Harley-Davidson, Inc.
407% TRN US Equity: Trinity Industries Inc.
401% PIR US Equity: Pier 1 Imports, Inc.
388% PPO US Equity: Polypore International Inc.
316% KRO US Equity: Kronos Worldwide Inc.
314% DDD US Equity: 3D Systems Corp.
305% DOLE US Equity: Dole Food Company Inc.
298% JWN US Equity: Nordstrom Inc.
262% HLF US Equity: Herbalife Ltd.
248% MCP US Equity: Molycorp, Inc.
248% NOK US Equity: Nokia Corporation
247% FRX US Equity: Forest Laboratories Inc.
238% FSL US Equity: Freescale Semiconductor
237% LH US Equity: Laboratory Corp. of America Holdings
下の方はあまり関係なさそう(2−3倍の変動はあたりまえかと?)

日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51841207.html

さてはてメモ帳 Imagine & Think!
http://satehate.exblog.jp/






posted by datasea at 22:39| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: