2012年08月10日

ポールシフト情報

pnthum4200010001001.jpg

pnthum4200010001001.jpg

pnthum4200010001001.jpg


The ZetaTalk Newsletter
Issue 304, Sunday July 29, 2012
Weekly news and views from around the world and beyond.
New ZetaTalk Earth Changes Announcements Signs of the Times
Moon Wobbles

The ZetaTalk Newsletter
http://www.zetatalk.com/newsletr/issue304.htm

youtube.com
http://www.youtube.com/watch?v=HGTLuEh74EE











(要約)
ポールシフト情報
2012年7月29日
ZetaTalk
地球は地軸がぐらつきながら公転軌道をすすんでいる。Planet Xの磁気の北極の作用で地球の磁気の地軸はもとにもどったが、今度は逆に反対に押された感じ。地軸がぐらついている時の雲はその影響でねじれる。
月の軸もぐらついている。ぐらつくエリア(wobble points)にくると、月のような小さい天体は空で動いているように見える。
7月3日、ニューイングランドの月の出は北東の方向で8:26だった。
画像は2012年7月3日の朝午後8時26分に撮影されたもの。満月の月の出。2枚の写真を撮ったわずか20秒間に月は南側にピョンと移動した。撮影はGordon James Gianninoto。偶然にも地軸のぐらつきをとらえた。
これは地球の動き。地軸の動きだ。月は見かけ上動いたように見えた。 Planet Xの磁気の作用で地軸はふらついているのだろう。
半年前、オリオン座がのぼる方向は北東だった。オリオン座がのぼって30分後にシリウスがのぼってきた。7月、地平線でオリオン座とシリウスがあらわれる地点は南に75度ずれた。これも地軸のずれが原因だろう。

local pc






元気丸さんこんにちは。いつも楽しく読ませていただいています。私の今日のブログ記事なのですが、取り上げていただけたらありがたいです。
http://ameblo.jp/miura-hari/entry-11205797747.html
えいきち
<リンク先より>
2012年3月28日(水)
カガリのブログでは2009年から2012年にかけて惑星ニビルが地球を乗っ取るために攻撃してくることが書かれてていますよね。
http://mihoh.seesaa.net/article/136415799.html
「ヨハネの黙示録」で云うところの、最も手厳しいうちの最初の期間が、西暦2009年末冬至の日から、西暦2012年末冬至の日の間の、約3年間と云われています。これが、いわゆる、地球上における、光と闇の最終戦争の前哨戦となり、惑星「二ビル」からの、悪性のネガティヴ・エネルギーによる、マインド・コントロールを受けまくることになります。

大摩邇(おおまに)
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1664608.html



















posted by datasea at 19:40| Comment(0) | % Zeta | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: