2012年06月17日

惑星ニビル情報

20120605003.jpg

20120605200.jpg


Official NASA Photographs Of The Nibiru System - Disclosure Is Demanded Now! The Pictures They Do Not Want You To See!!
Thu May 31 20:32

Before It's News
http://beforeitsnews.com/story/2202/727/Official_NASA_Photographs_Of_The_Nibiru_System_-_Disclosure_Is_Demanded_Now_The_Pictures_They_Do_Not_Want_You_To_See.html









(要約)
惑星ニビル情報
UrsuAdams
6月11日
6月5日、ポーランドで青い彗星Kachinaが観測された。惑星ニビルの接近は近いと思う。惑星ニビル接近は人類の岐路となるだろう。人類の意識は変わるべきだ。それもすぐに。
聖書によれば、サタンが住む惑星ニビルが地球を通過し、その後、神と天使とキリストが住む天の王国(the Kingdom of Heaven or the Holy City)が地上に再来するという。
記事「Proof That Nibiru Passed At Christ's Crucifixion 4.3.33 Ad And Hopi Blue Star (Kachina) Spotted On 6.5.2012 A Video Analysis」では、キリストが磔刑に処された西暦33年4月3日にも惑星ニビルは地球付近を通過し、たとしている。また6月5日に青い彗星Kachinaが観測された。
Jude 1:6
「審判の日の後、天使たちは地上から悪魔の国(惑星ニビル)を遠ざけた。審判の日(惑星ニビル接近の日)、サタンと堕天使は地球の内部の閉じ込められ、3年半のあいだ地上の支配権を失った。サタンと堕天使はその後も地上を支配する事はないであろう。」。
黙示録20 1
「底なしの地獄の門の鍵と鎖を手にした天使が天から降りてくるのがみえた。」。
黙示録20 2
「地獄の門の鍵と鎖を手にした天使はデビル、サタンである古代の蛇、竜をとらえ、牢にくくった。」。
UrsuAdams
「ルシファーの棲み処ニビルとその衛星セドナ(Sedna)が地球に接近している。ナザレの地ではイラク/エジプトからなるアヌンナキの軍と、666反キリストの獣が対立、ハルマゲドンがおきる。キリストの星は黄色く明るい星のある星座Eta Carinae。救世主キリストとその天使たちが降臨、このハルマゲドンに勝利、西暦3000年まで続く1000年の平和をつくる。その後、キリストとその天使たち全て、選ばれし者たち、神はオリオン星から再び地上にやってきて最後の審判を行う。」。

local pc







posted by datasea at 14:43| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: