2012年06月10日

疑惑情報:福島原発事故、メキシコ湾石油流出事故は人口削減アジェンダの一環?

Tuesday, June 05, 2012
Were Fukushima And BP Gulf Disasters Deliberately Caused As Part Of Agenda 21?

Tap Blog
http://the-tap.blogspot.jp/





(要約)
疑惑情報:福島原発事故、メキシコ湾石油流出事故は人口削減アジェンダの一環?
6月5日
元石油会社幹部Ian Crane氏が福島原発事故、メキシコ湾石油流出事故の影響を警告している。
Ian Crane氏
「米国国家全体がひとつの企業体。人口削減の目的に向かい活動している。」。
「福島原発事故では、震災がおきて津波が原発を襲う前にコンピュータウイルスStuxnetの作用で原発はすでに操作不能の状態にあった。Stuxnetをシステムに組み込んだのはWASP。」。
「2010年におきたBPメキシコ湾石油流出事故は意図的におこされた事故であり、爆破を担当したBob Calousa氏は現在姿をくらませている。」。
「ハリケーンがメキシコ湾を通るたびに汚染物質が周囲に拡散、原因不明の病人が増え続けている。これは人口削減計画のためにおこされたイベント。はじめから計画されたものだった。」。
「BP社は湾内に流入した石油の汚染を食い止めるために石油を食べるバクテリア(GM microbiology) を湾内に流入した。このバクテリア(GM microbiology) は動物の肉も食べる。」。

local pc











posted by datasea at 13:40| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: