2012年06月01日

資源をベースにした経済

20500000111.png




We are all Personal Time Travelers. The personal time dilation theory...

Disclosure 2009/2010
http://www.disclosure2009.blogspot.com/





(要約)
豊かな未来(2012〜2050)へのタイムライン。この記事はアトラスシティプロジェクトフォーラムに掲載されたもの。その記事にいくらか記事を足した。
私がいままでやってきた研究からみて、2012年以降のシフトのあと、世界はよい未来になる可能性がかなりたかい。このデータは仮のもの。しかしこのタイムラインに沿っていけばアトラスシティは現実のものになる。
-------------------------------
タイムライン2012〜2015:
RBE都市現象がさらに増えるだろう。 財団が都市を作る先駆けになる。アトラスシティではそういう現象がおこりうる。そのころまでにはお金のシステムは文字通り水中に没し、それにかわる形態の取引あるいはバーター取引がとってかわる。世界の人々はRBE都市現象をみてそのシステムに賛同する。
タイムライン2017〜2025:
宇宙にいくつかの都市ができる。RBE財団に多くの機密ができはじめる。惑星間旅行が一般化する。(2020〜2025)
タイムライン2025〜2033:
資源を基盤とした経済が地球で主流になる。 国境がいくつか消える。 国籍という考え方がなくなる。宇宙生命とのコンタクトが始まる。
タイムライン2033〜2050:
お金のシステムがつくっていた問題はこのころまでには完全になくなる。地球にすむ人間の考え方は自分たちと地球といった考え方になる。地球はかつてないほど清浄な状態になる。地球の経済は完全に資源をベースにした経済になる。 利益追求という考え方やスワップ経済は完全に過去のものになる。このころまでには人類は真実に完全に目覚め、病気、ホームレス、飢餓、政治腐敗は完全になくなっている。地球は完全に別の惑星のようになっている。 地球外文明に促され2050年には地球が恒星間同盟の正式メンバーになる。惑星間通信が確立する。人類の能力は飛躍的に進化向上する。人類は戦争をしなくなる。このころには人類は、テレパシー、テレキネシス、治癒を呼吸と同じくらい簡単におこなえるようになる。
-------------------------------
「先のこと過ぎる。もう私は年をとりすぎている。」と思った方もいるだろう。そのような方にいいたい。2050年まで世界をみたいと強く思えばそれは現実化する。現在人間の寿命を200年にまで引き延ばすテクノロジーが開発されている。テクノロジーがすすめば人間の寿命は1000年になる、例えば500歳の人の外見はいまの20代の若者のような外見だ。
あなたはいまどう動けばトクなのか?ニューワールドオーダーみたいなくだらない破壊活動に参加することだろうか?もっと大きなヴィジョンに向かって進んでいくことが本当のトクではないのか?
望めばこういう世界が我々をまっている。ステキな未来ではないか。

local pc




再投稿。

local pc


posted by datasea at 21:13| Comment(0) | & 科学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: