2012年05月16日

2036年の地図

20360000120.jpg 2010年10月08日14:24 【韓国】未来人ジョン・タイターが公開した2036年の地図?が韓国ネットで大反響。日本は韓国の植民地に(画像あり) 1:犇@犇φ ★[]:2010/10/08(金) 07:17:50ID:??? ■2036年には日本・中国も我が国の領土? ジョン・タイターの予言のとおりになるか? 人類の終末を予言したジョン・タイターの2036年の地図が話題にのぼっている。 10月7日、インターネットの各種の掲示板やブログに、ジョン・タイターの予言と関連した写真があふれて、注目を集めた。 b8da67d2b92758220abcd79558e37e13 ジョン・タイターが主張した2036年の第3次世界大戦後の世界を描いたものだという この世界地図は、日本が韓国の植民地だと表示されており、韓国の本土は韓半島 を越えて満州と沿海州を含む中国の海岸線全部を含んでいる。 地図を目にしたネチズンらは、「予言のとおりになったら良いな」「いま中国と日本が世界を牛耳っているのに、果たしてあのようになるだろうか?」「何より南北が統一されていて良い」という反応を見せている。 ジョン・タイターは、自分はタイムマシンに乗って2036年から来た未来人で、2038年に世界が迎えるUNIXバグを解決するために米軍の命を受けて2000年に飛んできた、と主張している。 ▽ソース:韓国経済(韓国語)(2010-10-07 20:0) http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=201010070449k&sid=0107&nid=007<ype=1 ▽別ソース:アジア・トゥデイ(韓国語)(2010-10-07 17:57) http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=403965 笑韓ブログ http://www.wara2ch.com/archives/1230919.html 未来人ジョンタイターの29年後(2036年)の生活 - 東京 カメラ 一万歩散歩 - Yahoo!ブログ 2007/7/3(火) 午後 4:53 アニメ風の谷のナウシカ,未来少年コナンではまだ敵が強く戦争状態ですがジョンタイターの世界は平和に成っているようです。エヴァンゲリオンは2015年から”使途”たちとの戦いが始まる戦士の物語だがジョンタイターの話はもう少し現実的だ。映画バックトゥザフユーチャー、ターミネーターは彼から何か影響を受けて作られたものだろうか、それとも、まさか・・・彼が影響を受けた?シンクロする部分が多い感じがする。 近未来(29年後)のアメリカの社会 ザデイアフター(原爆戦争後)の苦しみとコミュニティー中心社会 2015年核戦争 2020年までに支配層が市民戦争に敗れる 気候は若干下がる 水は汚染されている 高速列車網、自動車もPCもある 世界で30億人の死者が出た アメリカはロシアの最大のターゲットであり被害も甚大であった。未来人ジョンタイターはかく語った。 2036年には、社会生活は少し変っています。人は貢献度と価値によって評価され、判断されるように成っています。仕事は家族中心にまとめられ、その仕事の価値はコミュニティーの中で評価されます。コミュニティーはそのほとんどが、1000〜4000人程の規模で、もし家族で別のコニュニティーに移る場合、あるいは息子や娘が他へ移りたいと言った場合、申込みをして、そのコミュニティーの指導評議会(CLC)の面接を受けなければ成らない。 その間、家族、または個人は手にしている仕事や技術が、そのコミュニティーで求められているもの、あるいは必要なものか評価されます。ひとたび受け入れられたら、その家族もしくは個人は、そのコミュニティーに貢献することが求められます。もし、それができなければ、コミュニティーは援助をストップし、彼らは態度を改めるか、そこから去るしかなくなります。 私たちの家族がやっていた仕事は、オレンジ摘み、仕分け。帆船でフロリダ海岸に輸送する事でした。自分のコミュニティーのために一定量を、そして、よそのコミュニティーのためにCLCが合意した量を生産する事になっていました。私たちはその労働と引き換えに、エネルギーや水、一定量の食糧、そしてコミュニティー内で生産されるその他の生活必需品を得ていたのです。 2036年の生活について 戦後生き残った人々は、互いに身を寄せ合い、家族・コミュニティー中心の生活を送っている。大規模な工場はまったく無く食糧を始め殆どの生産物は現地生産、現地販売。現代よりも多くおしゃべりや読書、農業などに割いている。労働時間も現代に比べて長い。信仰に厚く、暗算をはじめ自分自身の手を動かす生活スキルが重要。パソコンやワープロもあるが、タイプライターが一般的に成っている。 社会について 軍隊生活が日常的なものとなっている。死刑は続行されている。お年よりは大事にされ、家族・地域単位でのコミュニティーによって生活が成り立っている。テキサス州は特に、スペイン語圏の文化が強まっている。おカネも、クレジットカードもあるが、通貨制度や銀行の機能も地方中心。多国籍銀行はなく、経済システムはコンピューター化されていない。所得税や国税局と言ったものは無い。郵便局はある。コミュニティーに対して労働力を提供することで、代価として水・食糧・インフラなどのサービスを受ける。充分に役割を果たしていない場合、偏見の目が向けられる。 私は自由市民です。ただし国民の義務はあります。国民は皆基礎的な軍事訓練を受け、一定期間、社会事業に従事しなければなりません。兵役義務と平和部隊が合わさったようなものです。 私たちの政府は貴方たちの政府に良く似ています。議会制共和国です。 東京 カメラ 一万歩散歩 http://blogs.yahoo.co.jp/nagaiufo/13512539.html
posted by datasea at 11:11 | TrackBack(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック