2012年04月30日

地震情報

★ 2012年4月15日 日曜日 20時更新
 12/04/11 08:38:38 2.35N 93.07E 33.0 8.7M インドネシアのスマトラ北部西沖
発生後、M8.2の余震も起きて、対蹠効果による北米メキシコM7、カリフォルニア半島、M6.8、M6.2も起きた。
M9に近い巨大地震の場合、経験則から数ヶ月以内に衝撃波伝播トリガーにより、3回以上の巨大地震が発生することになる。
一番危険なのは対蹠効果の北米だが、次に危険なのは日本列島であろう。来月にもM9前後が発生する可能性が強いと見ている。今日の段階で、M6〜7前後の前兆はあるが、M9前後の前兆は確認できていない。
★ 2012年4月6日 金曜日 21時半更新
このところ多忙で、宏観観測もろくにやらず、信頼性の高い情報が書けないために更新が疎遠になっている。
本日は満月トリガー、夕方見た月はわずかな赤みを帯びている程度。前駆微震やラップ、電磁波ブロッキングなどの前兆も少ない。だが耳鳴りは凄い。スマトラ震災や311前とほぼ同じ。時間の問題で起きると予想しているが、タイミングを見計らうのが本当に難しい。
卓上フライスを使って遮蔽箱の加工を行っている。溶接機が二台とも壊れたため溶接でなくボルト組立にする予定。遮蔽するほどにシンチレータ測定器の精度が上がるため、食品や水の測定に欠かせない。

予知情報
http://www1.odn.ne.jp/~cam22440/yoti01.htm


posted by datasea at 00:02| Comment(0) | ~ 自然現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: