2012年04月27日

エスキモー女性の予言

2012年04月24日
極東ロシアで発見された「白いシャチ」から浮かび上がるエスキモーの予言

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/182113536.html





Eskimo Woman Prophecies
エスキモー女性の予言
シャチが夢の中で私のもとにやってきました。
このシャチは私の兄弟なのです。
シャチは冬にやって来ました。
そして、救世主が来る日が近いと私に言ったのです。
マンモスと呼ばれる山が爆発する時、青い太平洋の海は冷たくなります。
シャチはこう言いました。
「太平洋の水が最も冷たくなった時、そして、太陽の輝きが氷のように冷たくなった時、人々がマンモスと呼ぶ巨大な山が噴火し、そして大量の煙と炎を空中にはき出すのだ。そして、山は火に包まれ、雪は溶ける」。
そう言ってシャチは去りました。
外国の名前をもつ医者が、多くの病気を治すことができる治療法を作り出すために、わすれな草のような植物を使います。それから人はガンや風邪で死ぬことがなくなります。また、男性を愛してしまう男性がかかり消耗して死んでしまう病気の治療法が開発されます。株式市場は崩壊します。それは、ある日、歴史上で最も大きな下落を見せます。たった一日で何千ポンドも失う人が出ます。ロシアは共産主義に戻ります。民主主義は一掃されて、2000万人以上が強制収容所で亡くなります。スターリンの像がロシアの国にもう一度建てられることでしょう。
核戦争の恐怖が地球をしばしば脅かします。
死海の近くでイスラエルが膨大な量の石油の油田を発見します。そこには全世界に 500年間、石油を供給し続けることのできる量の石油が埋蔵されています。それにより、イスラエルは世界で最も経済的な大国となります。巨大な金色の十字架がエジプトのギザのピラミッドの頂点に現れ、それが7日間の昼と7日間の夜、そこに残ります。
軍隊へ象徴的存在として示されることにより、アルマゲドンの戦争が始まります。キリストが地球に戻られる時には、全世界でバラの香りがします。主がそうされるとシャチは言いました。
その日はまもなくです

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/182113536.html





1877年11月5日に生まれたということが書かれてある以外は、名前も書いていないですし、予言といっても、いつ頃言ったものなのかもわからないのですが、その内容というより、彼女の予言が、
・シャチから教えてもらったもの
となっていることが印象的だったのです。
イメージとしては、下の写真のように彼女の夢(?)にシャチが現れて、語るのだそう。
上の英語ページでは、このエスキモーの女性は、
- 第一次世界大戦が始まる日付
- ケネディ大統領の暗殺
- ファティマの聖母マリアの外見
などを予測したとされていますが、まあ、予言の当たる当たらないは今の私にはあまり興味がなく、ただ、興味があるのは、「概念の横のつながり」なんです。
たとえば、古代神話というものが、どこの国のどんなものでも、似通ったものであるというような意味での「横のつながり」のことです。時間軸を外して考えると「これらの共通認識の中に世界が存在する可能性があるのかもしれない」ということに、なかなかエキサイティングな感覚を覚えたりする最近だったりします。

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/182113536.html



posted by datasea at 23:59| Comment(0) | % 予知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: