2012年03月02日

アセンションの前の「大変」

アセンションの前の「大変」
こ度の天意転換は、この宇宙創りたる始源より決まりてありたことなのぞ。 汝等の宇宙、光ひとつ上ぐる仕組み、七つに別けて進み来たりたのじゃ。 こ度がその最期なり。七期目の仕上げの時になりたのじゃ。 しかあれ、こ度の大変は天意転換なるが由でなきこと、先ず知りおきて下され。 世界の人民様ケガレ無くありたなら、マコト麗しき幕の上がりでありたのじゃ。なれどケガレ逆巻く気枯れ世と成り成してしもうたが、こ度の大変招きしワケ成るぞ。
「火水伝文」p8 (口語訳)
今回の天意転換は、この宇宙を創った始源から決まっていたことなのだ。 あなた方の宇宙を「光ひとつ」上げる仕組みを、七つに別けて進めて来たのだ。 今回が、その最期である。七期目の仕上げの時になったのだ。 しかし、今回の「大変(天変地異)」は天意転換が原因ではないということを、先ず知っておいてくれ。 世界の人民様がケガレ無くあったなら、マコト麗しき幕の上がりであったのだ。なれど、「ケガレ逆巻く気枯れ世」と成り成してまったのが、今回の「大変(天変地異)」を招いた理由である。
「光一つ上ぐる」のは「次元転換」のことを指しています。 「天意転換」、「アセンション」とも呼ばれるものです。 既に決定事項であり、初めからの計画であったことが示されています。
ただし、その前に「大変」、いわゆる「天変地異」があるということです。
これは元々の計画には無かったものですが、人類のメグリ(カルマのこと)を清算するためのものです。 つまり「ツケを払って清算しないと次のステージには行けないよ」ということです。 人類がメグリを積まなければ、そのまま次のステージに行けるはずだったのです。
ニューエイジ系では、「あなたは神だから、そのまんまでいいんだよ」「あなたは何もしなくても、そのまんまで神なんだよ」というようなメッセージが基本です。
ここには「メグリの清算」という概念は欠如しているように見えます。そういったメッセージに触れていると、安心したような、満たされたような、いい気分になります。
しかし、「過去世のメグリを清算しないままの人」と、 「苦しくてもメグリをキチンと清算した人」が、 ともに次のステージに行くというのは、宇宙のバランスから行っても、オカシイことなのです。
ここに大きなトリックがあります。罠といってもいいでしょう。
「何もしないで、楽をして、次のステージに行ける」というメッセージは、魔釣りの神が、魔釣りの者を引っ掛けるための罠です。 当然、神界では既に真釣りの神が復活していますし、魔釣りの神も改心しています。 しかし、我々が「楽な道」を求めようとする時、つまり、物事を苦と楽に分けて楽を求める「魔釣り」の状態になった時、この仕組みが発動します。
魔釣りの者には魔釣りの現実が現れて来ます。 現実として目に見えるため、それがマコトの道だと思い込んで安心してしまうのです。 一時的には苦(メグリの清算)から逃れられたように錯覚しますが、神の帳簿はそんなに甘いものではありません。 あとでキッチリと利子をつけて清算させられるハメになります。 小難が無難になるどころか、大難になるという訳です。 しかし、「魔釣り」から「真釣り」になって真コトの響きを響かせるようになると、おのずと大難が小難になってきます。 メグリの清算といっても、永遠に続く訳ではありません。 いつ終わるとも知れないメグリの清算が、いつか終わる時が来ます。その時が来たら分かります。

真日本建国
http://jinga123.blog118.fc2.com/blog-entry-110.html




私は2012年に地球規模の天変地異があるのではないかと考えています。私はそのときまでには下位の3つのチャクラをある程度開いていないと天変地異で死に至る可能性が高いと考えています。まず、関係する元素は第1のチャクラ(ムーラダーラ)は地元素(肉体・骨)、第2のチャクラ(スヴァディスターナ)は水元素(血液・体液)、第3のチャクラ(マニプーラ)は火元素(消化)です。
ですからチャクラが開いていない場合、第1は例えば地震等による怪我、第2は水害、第3は火事などの経験をする可能性が高いのではないかと思います。
その対抗策をいくつかあげると、第1は生き物を殺生をしないこと(ベジタリアンが望ましい)、第2は必要以上に性エネルギーロスをしないこと、第3はちょっとしたことでカッとならないこと(「ムカツク」という言葉を使わない)、第4は人の物を盗んだり、必要以上のものを買わないこと。
さあアセンションに向って意識レベルを上げていきましょう。あなたは100匹目の猿になれますか?
2008年

光の12年間(アセンション)情報掲示板
http://homepage1.nifty.com/akashic/bbs.html

posted by datasea at 01:14| Comment(0) | ◉ 日月神示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: