2012年02月09日

予知予測情報.中尾達也氏

2012.1.15
金星人からのメッセージ
http://eien333.sublimeblog.net/article/7080343.html
  愛知県北部は名古屋市西部、中村区より西側、東海道線JR線路より西側は一宮市等を含む全て沈没、愛知県南部は名古屋JR駅と半田市を結ぶラインより西側は全て沈没後に大津波がその地域を襲う。愛知県と静岡県をまたぐ地域の沈没場所の詳細は、まず糸魚川〜静岡線の断層が切れる時にほぼ同時に愛知県、東南部の安城、蒲郡、豊橋、静岡県の湖西市、浜松市の各海岸よりの地域は一斉に沈没しますので事前の御避難を御願いします。
  北陸地方は敦賀市近郊付近より西側が全て沈没します。岐阜県の大垣市付近と敦賀市を一直線で結んだ地域の西側は全て沈没する。岐阜市の長良川の西側の堤防より西側は津波に襲われる。西日本の小さな島々も全て沈没をする。
  これ等より東側の東日本の安全地帯へ食糧と燃料を手当てして避難して下さい。
  一部、関東地方が沈没。伊豆半島、先端の石廊崎周辺、房総半島の野島崎とその周辺地区と九十九里浜の南部地区。
○ 私共は次のように貴方方に提案を致します。
1、明日の食料の維持の為に今から大至急、安全な米、乾麺、カンズメ、水等の主食等の備蓄をして下さい。
2、明日の防寒対策の為の灯油、薪などの冬季の数ヶ月分の備蓄を御願いします。
3、貴方方の今後の事ですが私達は魂が人間の方々の多くの方々をワープの機器で救助、致します。
http://eien3.269g.net/article/17003209.html
「日本と世界の大地震予測と未来予知」
 金星人のメッセージ
1. 日本では今年の12月〜来年の2月にかけて多くの人々が慢性的な燃料不足から肺炎が蔓延する。
2. 貴方々の国、日本は今後、無政府状態(統制が利かない)と言ってもよい位になる。
3. 福井県敦賀市と箱根の大地震は2012年3月初め頃に発生する。
4. 岐阜県の飛騨地方では2012年2月頃に奥飛騨一帯で大地震が発生します。
5. 岐阜県の大垣市の大部分は大津波に襲われる。2012年3月〜4月頃。(西日本は海になり沈没する為)
6. 日本各地では2012年2月以後は平均気温が約5度位高温になる。
7. 世界ではイギリス南部で2012年の2月頃にM9,2〜M9,3の大地震が発生する。
8. 世界では特に記入しますが米国の東海岸は2度、2012年春頃巨大地震に見舞われる。
9. 世界では多くの国々で地軸の傾斜の為に2012年1月末頃から春頃にかけて震度6強の大地震が頻発して全ての構造物は崩壊する。
10. 地球上の惑星全体は今後、少し小さくなる。
11. 貴方々の世界では今後、多くの人々(魂が本当の人間)が進歩した人々は我々のワープの機械で上にあげられ多くの惑星へ特別に里帰りする。12.今後、私共は地球世界の人々(魂が本物の人間)の行く末を案じてそれらの方々に最善を尽くす。
「今後の生活と生命の維持」 金星人のメッセージ
今後、貴方方の為に次の様にアドバイスを致します。
1. 今後の地球上での生活の維持の為に又、生命維持の為に安全な食料と燃料と防寒対策を行って下さい。そして安全地帯への移動の為に車での移動の維持の為にガソリンのアウトドアー携帯缶でストックを行って下さい。又、車やテントでの生活を快適にする為の方策を前もって行って下さい。
2. 多くの方々が食物や水に対して放射能の汚染の対策にお困りのようですが野菜などは入手したら手袋などでよく払ってから食べて下さい。放射能を少しでも減らす事が出来ます。又、今から安全な水の備蓄を御願いします。
3. 貴方方の今後の事ですが「明日の事を思い煩うな」と申しますが真剣に明日の自分達の生命維持の事を考えて食料、安全な水、燃料、テント、焚火台、マキ、防寒着、寝袋等の準備を命懸けで真剣になり今から備蓄を実行して下さい。
* 地震の前触れなのか!? 5日間で6cm岩盤がゆっくり滑っていた 房総沖でうごめく 「スロースリップ地震」の不気味 
東京大学地震研究所の小原一成教授が解説する。
 「過去30年間では、'83年、'90年、'96年、'02年、'07年、そして今回と6回のスロースリップが観測されています。平均するとスロースリップの間隔は約6年ですが、今回は前回のスロースリップから4年2ヵ月しか経っていない。3・11の大震災が、日本列島の下にある4つの巨大プレートに作用し、比較的予測が簡単だと思われていた房総半島沖のスロースリップの周期まで乱してしまったと考えられるのです」
房総沖スロースリップ地震の周期
 81年の観測開始から30年間で最も短い4年2ヵ月の周期で起きた。詳しいメカニズムは不明だが専門家は東日本大震災の影響が大きいとみている(国土地理院の資料をもとに編集部で作成) いまさらながら東日本大震災の破壊エネルギーには驚くほかないが、気になるのが防災科研が発表に付記した、「スロー地震により、プレート境界が固着している部分にひずみがさらに蓄積され、将来地震が発生した場合、規模拡大につながる恐れがある」という物騒な文言だ。3・ 11の大地震で生じたひずみに、長期間圧力が掛かり続ければ、「これから起こりうる地震のマグニチュードを増幅させる可能性がある」(京都大学名誉教授・川崎一朗氏)というのだ。短時間にエネルギーが放出されれば、激震につながることは素人でも理解できる。 しかし、長期間にわたってひずみに摩擦力が働き続ければ、逃げ場を失ったエネルギーはその分、蓄積されるというのだ。北海道大学・地震火山研究観測センターの勝俣啓准教授が補足する。「確かにスロースリップ地震は、ごく稀に大きな地震につながる場合があります。『ゆっくり滑り』が数日単位で収束する場合には危険性は低いが、1週間以上も滑り続け、さらに加速度的にスリップが速まり、地滑りの距離が長くなる場合には大地震を誘発する危険性が高まるとされています」幸いにも今回の観測ではスロースリップ地震は5日間で収まったとみられるが、
 日本列島全体が地震の活動期にある今、決して楽観視はできない。また、前回2007年のスロー地震発生期には、最大震度5弱の群発地震が誘発されて起きたことが報告されている。房総半島沖で観測された今回のスロースリップ地震はあの未曾有の大震災≠フ一環であり、警戒を解くことはできないのだ。そして、スロースリップに注意が必要なのは関東地方だけに限らない。
 「スロースリップは駿河湾トラフや南海トラフなど、東海、東南海、南海の大型地震が危惧されている地域でも観測されている。危ないのは房総半島沖だけではないのです」(前出・川崎氏)  4つの巨大プレートがひしめき合い、地震の巣≠ニ表現される日本列島に安寧の地はない。3・11から8ヵ月が経ち、復興に目が向きがちな今、もう一度足下の安全に気を配る必要がありそうだ。
「日本の大地震の予知と時期」 再録記事
http://plaza.rakuten.co.jp/nakaotatsuya3/
金星人メッセージ
1. 日本の大地震の今後の予想は関東地方は今後、来年(2012年)の1月上旬に千葉沖にM8.4クラスの大地震が発生します。そこで詳しく申しますと千葉県の銚子沖、犬吠埼の南東約40〜50km地点で大地震が発生します。その時には東京都、千葉県、神奈川県などは大津波、約20m前後が襲い沿岸地帯は東日本大地震の大津波と同様な惨状と成りますし東京は建物や湾岸地帯が一帯が火の海と化します。その約数日後に東海、東南海、南海大地震が連発します。マグネチュウドはM9,1前後となります。(論評:これらは2012.1.10に創造主らの宇宙ブロックス管理界により阻止された)。内陸部の大地震も平行して発生します。
時期は少し後、2〜3ヵ月以内には糸魚川〜静岡線のホッサマグナが切れます。そして濃尾第二大地震も3月頃に発生する。その他にも発生します。
2. 大阪地方の大地震は2012年の春頃にM8クラスの直下型の大地震が襲います。この為、多くの人命が失われるであろう。兎に角、千葉県の大地震が起きたら西日本の方々は一目散で東日本の安全地帯に移動される事に尽きます。
3. 西日本の沈没に付いて私共の特殊能力の日本の地震やその他の能力によれば日本の(豊橋・蒲郡・名古屋・大垣・敦賀の線以西)岐阜県の大垣市付近より西(注:豊橋・蒲郡・名古屋・大垣・敦賀の線以西)の日本の陸地は2012年の3月以後に徐々に沈む。
4. 貴方方の日本の方々は国として大変な存亡の危機に立たされますので何度も言いますが1年分の食料と燃料と野外(冬季)での生活の為の準備(防寒と住い)をされる事
HAARP地震兵器で大津波・原発爆発・放射能と地軸傾斜の今後
 (論評:米地球破壊兵器HAARPは既に一掃された)。
「地球の今後に付いて」再録記事。
金星人メッセージ
1. 貴方方の地球上は多くの爬虫類人が発生させた地震気象兵器ハープによる使用過多による天変地異が多発する。宇宙人文明の多くの艦船による防止行為つまり急激なポールシフトの変化を防いでいなかったら地球上は4000m〜5000m以上の巨大津波で70億人の人口は絶滅していた。(注:地上配備HAARP も、海洋配備移動式HAARPも、既に一掃されている)
2. 明日の地球上に付いては今後は貴方方の食料の奪い合いによる殺人や暴動が多発する。
3. 今後は貴方方日本人は地震による原発放射能による病死が非常に多くなる食べ物も放射能が多く入り込む。
4. 地球上はポールシフトを我々が今年中の年内に人工的に発生させなければ地球人は4000m級の巨大津波で全ての人々が絶滅する。
(宇宙ブロックス管理界はそうした地球規模の4000mクラスの大津波の発生による地球人全滅を阻止する予定である)。
5. 地球人が愛と同情と相互依存の法則に目覚めて助け合わない限り現在の文明は終了する。
6. 今後、貴方方はこれ等の情報を信じて行動されたし。
情報と論評:創造主らの宇宙ブロックス管理界が教えた世界的地殻変動 (たつまき):
  創造主らの宇宙ブロックス管理界の教えによれば、金星人が指摘したように、欧州の西部は沈没する:アイスランド、英国、アイルランド、スウェーデン、ノルウェイ、デンマーク、ドイツ、オランダ、ベネルクス3国、フランス、スペイン、ポルトガル、スイス、イタリア、ギリシャ、チェコ西部、オーストリア西部、ポーランド西部等々が沈没する。その点では金星人の指摘はその通りである。
  オーストラリアでは、東北部のノーマントン以西から南へ下って東南部のポートオーガスタ以東までの南北の線から東部が全部沈没する。その点でも金星人の指摘はその通りである。http://eien3.269g.net/article/17003209.html
  金星人は指摘しなかったが、宇宙ブロックス管理界からの情報によれば、米国では、米東部巨大地震・NYCとFL半島の沈没、その後のCA州の大地震と沈没以外にも、FL半島西岸を北上してシカゴからミシガン湖に至る線の米国東側が全部沈没する。北米大陸は先住民の居住地に戻る。ロックフェラーことレプティリアン変身体の独裁支配下にある世界最大の侵略的テロリスト国家USAは消滅する。
 中国では、北京から南へ下って香港までの線の東側全体が沈没する。
 ロシアでは、ペテルブルグ−モスクワからロストーフまでを結ぶ線から、西のカリーニングラードから南へ下って黒海北岸のウクライナのオデッサまでの線の間にある、ロシア西部・ベラルーシヤ・ウクライナ・ポーランド東部が沈没する。
論評:イエス・キリストことイマヌエルは地球管理界付属の奉仕人霊界下段に所属して活動中で、転生も再臨もしない、と創造主らの宇宙ブロックス管理界は教えている。従って金星ヒューマノイドのイエス再臨説は、自分らの意見の権威付けのためのフィクション、虚報である。(たつまき)

「宇宙人文明の衛星映像とUFO」衛星画像ブログ
http://eien3.jugem.jp/

 金星人の宇宙哲学「永遠の生命」 
http://www.geocities.jp/eiennoseimei3/index.htm    
                 
金星人の「人間の目的と義務」観
http://d.hatena.ne.jp/eien3/

日本と地球の命運
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/89.html


posted by datasea at 02:46| Comment(3) | % 中尾達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここまで言い切って、見事に全部外れてると、さすがにもう出てこれないわな
Posted by 堀江純一 at 2012年06月01日 10:40
未だに、よそでやってるしww
Posted by NT at 2015年02月07日 18:02
賢者様 また外れては 処分され
次の賢者も 同じこと言う
Posted by 火星の妄言の愚者 at 2015年06月17日 07:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: