2012年02月06日

2012年12月宇宙船大規模着陸説の根拠と意味.1


Whistleblower: 'December 2012 Will See A Mass Landing Of Benign Alien Beings'
Thu Feb 2 08:20
Posted by Tapestry at 11:18 PM 6 comments

Tap Blog
http://the-tap.blogspot.com/2012/02/whistleblower-december-2012-will-see.html











(要約)
2012年12月
2012年2月1日水曜日
Project Camelot
告発:「2012年12月、善良な宇宙人の大規模着陸」
Project Camelotレポート
Mr X
先日、元米政府UFO文書記録官が突然死亡した。死因は不明。48才だった。Mr Xは美しい妻と1才の息子を残し亡くなった。Mr Xは我々Project Camelotの友人であった。我々はショックだった。
この元UFO文書記録官をMr Xとしておく。Mr Xは、先日ラスべガスで開催されたLas Vegas Crash Retrieval Conferenceでプレゼンテーションのメッセージを録音し我々に送ってくれた。死亡はその矢先だった。
今日、Mr Xの奥さんからProject Camelotに電話があった。
Mr Xは無欲な人間で、名前もお金も望まない人間。
望みといえば、人を助ける事だったという。
我々Project Camelotにとっての彼の印象も同じだった。奥さんの許可をうけここでMr Xがした話を公開しようと思う。
以下、2008年12月13日のインタビューからの抜粋
2008年12月13日のインタビュー
Bill Reilly(Camelot):あなたは1980年代に未来に関わる文書を読んだとおっしゃっていましたね。どんな文書だったのですか?
X:ええ。読みました。2012年末に宇宙船の大規模着陸があるという話でした。
B:2012年の年末に?
X:大規模な宇宙船着陸があると。
B:その日付はどうして知ったのですか?
Kelly Cassidy (Camelot):それは米国で何かが起こりそうだという宇宙人のメッセージ?
X:2012年には、地球人が望む望まないにかかわらず、大規模着陸を敢行するという内容でした。
K:なぜ2012年なんですか?理由はあるんですか?
X:この地球には過去に幾多の文明がおこり滅びていきました。そして今の文明があります。しかしこの地球ではもはや文明がおきる事はないという事です。今の文明が最後だろうという事です。2012年におきる大規模着陸の目的はその事と関係があります。地球人が望む望まないにかかわらず敢行するというのは、今の地球はそういう事態にあるという事です。
B:未来に避けられない状況がやってくるという意味ですか?
X:ええ。
B... その状況は刻一刻迫っていると。
X:ええ。
B:この話は文書化されました。そして、文書化されたのはごく最近です。
X:Camelotはまだ文書化してません。[笑]
B:あなたの体験を語ってくださいますか?
X:ええ。喜んで。いろいろ...波風が立つ内容ですが、それはそれで。私はあまりそういう事は考えず言う人ですからね … 波風が立つという事は、つまり政府がコントロールしようとしているという事、市民はその情報を知りたがっているという事ですから。
B:宇宙人についての情報はどのように扱われているとお考えですか?
X:ほとんど伝えられていませんね。
B:はあ。ほとんど。もしもあなたがディスクロージャー担当なら、どうされますか?
X:これから一からディスクロージャーをはじめるというのならそれは大仕事です。でもディスクロージャーはずっと前にはじめた仕事なんです。はじめたきっかけはロズウェル事件。ロズウェル事件は当時新聞もラジオも記事にはしなかった。それ以来ずっと研究を続けてきました。
B:ロズウェル事件で宇宙人の検死はあったんですか?
X:ええ。
K:検死のレポートは見ました?
X:ええ。
X:宇宙人の生理学と生物学による検死分析レポートを読みました。レポートによれば、彼ら宇宙人には胃がなく、つまり食事という行為はしていないようでした。彼らの血液の主成分は葉緑素でした。我々地球人のように食物から養分をとるのではなく、光から直接養分をとっているようです。皮膚からミネラルを吸収しているようです。つまり光合成です。
彼ら宇宙人は植物と動物のハイブリッドのような生物です。
B:他に何か明らかになりましたか?
X:我々人類は彼ら宇宙人の子孫であるという事。人類の由来は彼ら宇宙人が地球に蒔いた遺伝物質であるという事。
そして人類に精神性を教えるため地球に使わされたのがイエス・キリストであったという事。
これが正しいかどうかはわからない。ただ私がわかっている事というのは、今の世界の状態は自己保存欲からきているであるという事だけ。貪欲とサバイバル技術が今の世界の状態を引き起こしている。
B:それは文書に書かれていた?
X:ええ。私はそういう文があったわけではないけれど、そういうニュアンスはあった。
K:そういうニュアンスはあった?
X:より高い領域に進化する人類の教えとは、宇宙はひとつ(ひとつの種族である)事。
宇宙人も地球人も肉体を構成する物質は同じである事。戦争の必要はない事。お金の必要はない事。
地球人がプライドとアイデンティティの拠り所にしている肉体については、宇宙人は自分の肉体を車と同じような感覚でとらえており、地球人ほど執着はしていない事。
K:あなた個人の今について知りたいです。職を失って、何になったんですか?Men in Black?宇宙人と会っているんですか?
X:仕事なんて何もないですよ… ここ数ヵ月、このインタビューの仕事がありますが仕事といえばそれだけです。それに、私はこれまでUFOを見た事がありません。いつか見たいと思っています!
K:正直にありがとうございます、またあなたにインタビューができればと思います。
B:あなたはとても勇敢な男性ですよ。今日はありがとう。

local pc

posted by datasea at 02:21| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: