2012年02月06日

2012年12月宇宙船大規模着陸説の根拠と意味.2


Whistleblower: 'December 2012 Will See A Mass Landing Of Benign Alien Beings'
Thu Feb 2 08:20
Posted by Tapestry at 11:18 PM 6 comments

Tap Blog
http://the-tap.blogspot.com/2012/02/whistleblower-december-2012-will-see.html






(要約)
[TAP の追加記事]
ロズウェル事件
ロズウェルで事故をおこした宇宙人は、未来からきた人類だった。ロズウェルで事故をおこした宇宙人は宇宙からきたのではなく、未来の地球からきたのだった。人類の歴史に残る深刻な事件を何とか避けるために、未来から1947年の地球にタイムトラベルでやってきたのだった。彼らの任務は、人類のスケジュール、特定のイベントの先に他の分岐を作り、未来の人類の過去を変える事だった。特定のイベントというのはこの先もうすぐ起きうるとされる - しかし実際は起きない。
ロズウェル事件。人類にとってこの事件が重い意味をなすかについては、あまり語られない。
事件のきっかけは、未来の歴史に残る大問題を解決しようと未来からやってきた人間の善意だった。それが大きな、大きな後退を生む原因になった。ロズウェル事件における墜落の原因は宇宙船の強力なレーダーだった。このレーダーは、時間と空間のコンパスだった。宇宙船はこのレーダーを頼りにもとの時間の世界にもどるつもりでいた。墜落した宇宙人(未来からきた人類)は、自分たちのためというよりは、人類全体のためにやって来た存在だった。わざわざそうする必要はなかった... 同情からだった。しかし、任務は大きなマイナス要素を生んだ。墜落したというのもマイナスだが、何よりもこの宇宙船に搭載されていた強力なレーダーが軍に利用されてしまった。軍は以後この強力なレーダーを武器として使うようになった。
レーダーは小さい箱型のデバイスだった。非常に進化した、多機能な装置で、当時軍の科学者がつかっていたリモートビューイング装置「ルッキンググラス(Looking Glass)」よりもさらに小さかった。
軍はこのレーダーの調査にとりかかったが、それが大きな問題のはじまりとなった。人類が進んでいるタイムラインに作用が加えられ、タイムラインが悪いほうに向けられてしまったのだ。問題はそれだけではない。以降、タイムライン上の2つのポイントにタイムラインを動かせるデバイスが存在する事になってしまった。これまで、タイムラインの流れを変えられたのは唯一未来側からだけだった。しかしロズウェル事件によって米軍がこのデバイスを獲得してしまった。という事は、過去側からもタイムラインの流れを変えられるようになってしまった。結果2本のタイムラインをいちいちコントロールしなければならなくなってしまった。

local pc







地球への来たるべき訪問者は、現在の政府と取引銀行をすべて追い出してゼロからもう一度始めさせようとしているのか?だから、エリートたちはイベントをおこしては宇宙船着陸を阻止しているのか?
宇宙人(場合によっては未来の人間)は、Henry Kissingerのような地球にはびこる闇の手先のをを一掃しようとしているのか?
TAP

local pc







Bill Wood(偽名)と同様、この告発者もこの先長くはないだろう。あるいは脅迫されて生きていく事になるだろう。彼らの冥福を祈る。大手メディアはこの情報を記事にしていない。インタビューはまだ続きがある。続きの内容もやはり、2012年12月21日は地球の歴史上重要な時であるという事。
TAP

local pc







素晴らしいレポートであると感じる。Project Camelotはかつがれた告発者の記事ばかりだという声もある。しかしこのレポートを見る限りにおいて、Project Camelotは非常にすばらしい仕事をしている。
巨大地下基地。DUMBs。FEMAキャンプ。この太陽系には巨大な施設が多くある。これら施設は人類全体に知らされる必要がある。
Project Camelotをもう少し閲覧し、何か結論を得たい。
TAP

local pc





Anonymous
Project CamelotのDavid Wilcock(UFO研究家、IQ 180+、Edgar Cayceの生まれ変わりの可能性がある博士)のインタビューは秀逸。David Wilcockはブロンドヘアーで若い、アメリカ版David Icke。宗教的の教えが貴重であると理解し、よくイエスを引合いに出す。エジプトとマヤの歴史、現代科学、秘密の知識の歴史、宇宙人、ミステリーサークル、宇宙人コンタクト、軍事行動などの告発を紹介している。非主流の声と異なるのはポジティブなところ。終末主義じゃない。明るい未来を描いてる。臆病者があまりに多すぎるって。ポジティブなビジョンを受け入れろってさ。
Illuminatiは不安だ。というのは、2012年以後、Looking Glassの予言がないから。だから、Illuminatiは地下基地を造った。今後、Illuminatiは、先におきる事について予測出来ないようになる。
現在抱えているNWOの問題は我々人類に与えられた試験。人類がより高い段階に進化できるかできないかはこの試験の結果次第。
マイクロチップの埋め込みは起きない。
ネオコンは、過去におこした犯罪を問われる。
過去、元に戻らなかった経済崩壊はない-金融システムは「再起動する」。
ETは、核兵器と亡霊黙示録的な戦争の使用を食い止めている。
ETは彼らの存在をもうすぐ発表する(人間の形はデザイン・テンプレート、基本型をもとに作られている。だから、宇宙にいるほとんど全てのETの形は我々のそれと同じ)。
未来は非ピラミッド社会、非父権社会。
Monsantoの「ターミネータ種」は、働かん。
午前3時03分
Xandrius
キリスト教右派は世界のごく一部。世界最大の宗教はイスラム教。宇宙船が着陸する時、すべての宗教はガラガラ壊れる。そして人類は開放される。
1:08 AM
wasp
おまえ、間違い。
キリスト教徒 33% 21億人
イスラム教 21% 15億人
無宗教 16% 11億人
ヒンズー教 14% 9億人
Primal Indig. 6%
中国トラッド 6%
仏教 6%
Sikhsm 0.36%
ユダヤ教 0.22% 1400万人。
Link:- http://www.adherents.com/Religions_By_Adherents.html
関連:http://www.adherents.com/Religions_By_Adherents.html
よろしく ....... WASP
午前3時50分
Tapestry
オレはいくつかオプションを用意。
10ヵ月以内にキリストが再臨するなら、10ヵ月ずっとひざまづいて祈る。宇宙船が政府がFRBの手先なら、Rothschilds、Rockefellersがおこしているデモを応援する。救世主がモハメッドなら、少し混乱してから、救いを請う!
いずれにせよDavid Wilcockの情報を聞いて予測する。

local pc





posted by datasea at 02:09| Comment(0) | V タイムトラベラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: