2011年12月21日

冬至

毎日がアセンション
<ハイアーセルフ369から引用>
ある日・・・
ある人から・・・
「アセンションはいつなの?」・・・と聞かれ・・・・
「もうすでに始まっていますよ」・・・と答えました・・・
「平成20年(2008年)の12月22日の冬至を境に」・・・
「今は体主霊従から霊主体従への移行のとき」
「また毎年の6月21日の夏至と12月22日の冬至が二極化の分かれるポイントになります」
「毎年来るこの夏至と冬至は大きなエネルギーの入り口になります」
「皆さんは最近お付き合いしている人たちが変化していませんか、もちろん良いほうにですよ」
「そして貴方が必要だと創造すると必要なものが必ず必要な時に、物、時間、人、場所、が目の前に現れる、これもすでに高次元の現象でありそれを次元上昇した位置から3次元の出来事としてあなたはこれらのことを見ることになる」
「そのような人は知らないうちに良い光の中にいることになる」
「今も毎日の時間が早くなり2012年12月22日にゼロ時間になる(マヤ族の預言)」
これが日々のアセンションの出来事の一部です
2009.12

気まぐれKochia(サイトはすでに閉鎖)
http://www.webrush.net/nao7005/t_宇宙の不思議





さてさて冬至☆ 12月22日です ←翌23日は天皇陛下ご生誕の日☆
太陰太陽暦(いわゆる旧暦)では冬至が暦を計算する上での起点
冬至は太陽の力が一番弱まった日・短い日
この日を境に再び力が甦ってくる(陽が長くなる)ことから陰が極まり陽にかえる日
というのでこの言葉 一陽来復(いちようらいふく) と言うそうですね
冬至を境に運が向いてくる上昇運に転じる日なのだそうです☆ ←『うきうき〜 
わくわく〜』 ですわ〜 ←だれだ???
 そしてみんな大好き〜☆ クリスマス とは太陽の復活を祝う古代ヨーロッパの祝祭とキリストの生誕が結びついたものと言うのはご存じの通りで冬至が諸説あったキリストの降臨日が12月25日になったなんて言われていますよね
そこでそこで冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれていますので【にんじん・だいこん・れんこん・うどん・ぎんなん・きんかん……など「ん」のつくものを〜運盛り なんて縁起をかついで栄養をつけて寒い冬を乗りきる

光を見つけて〜ネコマロの独り言
http://blogs.yahoo.co.jp/ltlah13/36172313.html



posted by datasea at 15:25| Comment(0) | ◉ マヤ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: