2011年11月02日

Bible codeにあらわれた「メシア」の記述

Revelation 13: The English King James version Bible code - Part 1c - Matrices on Jesus Christ as the Messiah

Revelation 13
http://revelation13.net/KingJames1c.html












(要約)
Bible codeにあらわれた「メシア」の記述
Revelation 13
King James版聖書でメシアに関して発見したBible codeをまとめる。
特徴としては、メシアに関するコードがあらわれる場所には規則性があるようだ。そしてコードがあらわれる場所は1ケ所にかたまっている。King James版旧約聖書でキーワード「MESSIAH」で発見したコードはJESUS、CHRIST、ALPHA、OMEGA、FIRST AND LAST、BETHLEHEMなど。旧約聖書にもキリストのコードがはいっているというのが面白い。
キリスト登場前、時の終わりの時にあらわれる偽キリスト(私はPutinだと思う)の記述にも注意すべき。マトリクスには「42(黙示録13章の反キリスト、サタンのキリスト、42月間のサタンの支配の記述)」という数字があらわれた。「630(SIX HUNDRED AND THIRTY、サタンの力をあらわす数)」という数字もあらわれた。また、EGYPT、BABYLON (古代イラク)というコードもあらわれた。
聖書Nehemiah記10:12の部分では以下のコードが発見できた。
-- MESSIAH (ELS=30517)
-- JERUSALEM(エルサレム)
-- BETHLEHEM(ベツレへム)
-- ALPHA(アルファ)
-- FIRST AND LAST(始まりにして終わり)
-- ISRAEL(イスラエル)
またキリスト登場、時の終わりに関して以下の句が発見できた。
-- THE HOUSE OF THE LORD(神の家)
-- ALL MY MIGHT FOR THE HOUSE OF MY GOD(神の家ゆえ全能)
-- KING OF ISRAEL(イスラエルの王)
-- THE MAN HAD COMPASSION(男には慈愛があった)
-- BECAUSE THE LORD HATH LOVED HIS PEOPLE(神は彼の民を愛していたゆえ)
-- BY REASON OF THE CLOUD FOR THE GLORY OF THE LORD(神の栄光の雲ゆえ)
-- IT IS WRITTEN IN THE BOOK OF THIS COVENANT(この契約の書に書かれている)
-- THE KING(王)
-- THE PROPHET(予言)
聖書Psalm記 74:17の部分では以下のコードが発見できた。
-- MESSIAH (ELS=51169)
-- JESUS(キリスト)
-- ALPHA(アルファ)
-- FIRST AND LAST(始まりにして終わり)
-- ISRAEL(イスラエル)
-- JERUSALEM(エルサレム)
聖書Psalm記 74:17の部分では、キリスト登場、時の終わりに関して以下の句が発見できた。
-- TO PRAISE THE LORD GOD OF ISRAEL(イスラエルの神をたたえるため)
-- AND MADE HIM KING(その男を王とした)
-- HOUSE OF GOD(神の家)
-- HE WILL RENDER UNTO MAN HIS RIGHTEOUSNESS(男は自らの正義を貫く)
-- THE LIGHT AND THE SUN (光と太陽、Psalm記74:16:「昼も夜も汝のもの、ゆえに光と太陽が用意された」)
-- BE MADE IN THE BOOK (聖書に書かれた事を行った)
-- INHABITANTS OF THE EARTH (地球の住民、キリスト教の世界布教の事か)
-- THE KING OF TERRORS (テロの王、今の時の事、Osama bin Ladenの事か)
-- THREE DAYS, MAN MOCKETH, AFFLICTION AND MY PAIN AND FORGIVE ALL (3日の受難の後全ては許された、キリストの受難と復活の事か)
Jeremiah記9:21-11:13では以下の句が発見できた。
-- MESSIAH (メシア、ELS = 254)
-- JERUSALEM(エルサレム)
-- ALPHA(アルファ)
-- OMEGA(オメガ)
-- ISRAEL(イスラエル)
またJeremiah記9:21-11:13ではキリスト登場、時の終わりに関して以下の句が発見できた。
-- GLORY IN HIS WISDOM(彼の智恵により栄える)
-- THE WISE MEN (賢者、キリスト生誕時にあらわれた3人の賢者)
-- THE LORD OF HOSTS IS HIS NAME (主なる神は彼の名、NAMEはMESSIAHの文字列とクロス)
-- THE WAY OF MAN IS NOT IN HIMSELF IT IS NOT IN MAN(彼の道は人がつくった道にあらず)
-- THIS COVENANT WHICH I COMMANDED YOUR FATHERS IN(あなたの神に入れるよう命じた契約書)
-- BE NOT DISMAYED AT THE SIGNS OF HEAVEN(天国のサインに動じるな)
-- HEAVENS AND THE EARTH(天国と地球)
Jeremiah記35:11-36:10では以下の句が発見できた。
-- MESSIAH (メシア、ELS = 387)
-- JESUS(キリスト)
-- JERUSALEM(エルサレム)
-- ALPHA(アルファ)
-- ISRAEL(イスラエル)
MESSIAHとJESUSの文字列は十字架の形にクロスしていた。また、MESSIAHとALPHAの文字列はそれぞれ、THE LORD OF HOSTS THE GOD OF ISRAELとTHE LORD GOD OF HOSTS THE GOD OF ISRAELの文字列と十字架の形にクロスしていた。
Leviticus記27:10 、数記4:27ではCARINAE (カリナエ、ELS=1400)、NOVA (超新星)、BEAST (獣)というコードが発見できた。また以下の句が発見できた。
-- TO GO FORTH TO WAR(戦争にむかう)
-- OPENETH THE MATRIX (マトリクスが明らかになる)
Lament記3:44 - Daniel記10:16では以下のコードが発見できた。
-- MESSIAH (ELS = 13960)
-- ALPHA(アルファ)
-- OMEGA(オメガ)
-- JERUSALEM(エルサレム)
-- ISRAEL(イスラエル)
KING OF BABYLON (バビロンの王、イラク、Iraq)、THE GATE、 HEAD OF GOLD (Daniel記の記述)などの句が発見できた。 おもしろいのが、Daniel記には、キリスト教徒がキリストになるとあるがDaniel記はキリスト誕生以前に書かれた記録である事。
「SON OF MAN」の句は「神の子」の意か。
Daniel記10:16の最後の句は「キリストのような伝者がDanielのもとにあらわれ映像をみせた」とある。またDaniel記3:22にあるコード「FURNACE(かまど)」はキリストが火のかまど(a fiery furnace)の中にいた3人を助けたという記述に関するものだろう。

local pc



ラベル:Bible code
posted by datasea at 14:55| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: