2011年11月02日

Bible code解析

Revelation 13: The English King James version Bible code - Part 9 - Matrices for the Near Future
This page has some banners you can use as links.

Revelation 13
http://revelation13.net/KingJames9.html









(要約)
Bible code解析
2011年9月
Revelation 13
Bible codeを使いKing James版聖書の一部を解析してみた。
旧約聖書には26:27-26:48の部分で TIDAL(潮)、WAVE(波)、MIAMI(マイアミ)というコードが発見できた。2011年から2012年にかけマイアミに津波がくるという事だろうか。現在スペイン沖のカナリア諸島の火山が活発化している。関係がある可能性がある。
Leviticus記16:4 - 4:30の部分ではASTEROID (ELS=-4068)、TIDAL(潮)、WAVE(波)、STONES BROKE(岩が砕ける)というコードが発見できた。2011年から2012年にかけ小惑星が地球に飛来するという事だろうか。
またLeviticus記 8:4、数記4:30にもASTEROID (ELS=-4068)、TIDAL (潮)、WAVE(波)、SATAN、COMET(彗星)が発見出来た。また以下の句が発見できた。
-- THE PLAGUE SEVEN DAYS(7日間の飢饉)
-- THE PLAGUE BE SPREAD(飢饉がひろがる)
-- THE BLOOD(血)
-- YOUR FLESH FOR THE DEAD(あなたの肉体は殺される)
-- THERE CAME A FIRE OUT(火がひろがる)
Leviticus記27:10 、数記4:27ではCARINAE (カリナエ、ELS=1400)、NOVA (超新星)、BEAST (獣)というコードが発見できた。また以下の句が発見できた。
-- TO GO FORTH TO WAR(戦争にむかう)
-- OPENETH THE MATRIX (マトリクスが明らかになる)

local pc
posted by datasea at 14:24| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: