2011年10月25日

ファチマ預言

ファチマの聖母御出現       
ファチマの大聖堂

マリアの愛のメッセージ集
http://www2n.biglobe.ne.jp/~jysuzuki/fatima10.htm

夢日記
http://datasea.seesaa.net/category/9008620-2.html






ファチマは、ポルトガルの首都のリスボンから、約150kmの所にある。1917年5月13日に聖母マリアが3人の牧童ルチアとそのいとこフランシスコとヤシンタに現われました。その後、御出現は6回あり、人類にとって重大なメッセ−ジをお与えになりました。

マリアの愛のメッセージ集
http://www2n.biglobe.ne.jp/~jysuzuki/fatima10.htm




1917年 ポルトガル ファティマ 
ルチア、ヤシンタ、フランシスコの前に聖母出現の事件 
バチカンは長い時間をかけてこの事件を調査した結果、13年後の1930年10月13日、司教書簡「神の摂理」を厳かに発令し、ファティマにおける聖母の出現は信じるに値するもので、ファティマの聖母に対する信心を許可すると言う異例の宣言を行った。本物の神の奇跡と認定され、ファティマの地はカソリックの聖地として正式に認可された。その場所に世界で最も有名な大聖堂が建てられ、毎年、記念日の5月13日には、カトリック教徒が何百万人も参集する。
10万人が目撃した

神の暗号・聖書の暗号
http://dateiwao.fc2web.com/fatima.htm







CHAPTER EIGHT
World War One

apfn.org
http://www.apfn.org/apfn/reserve.htm


(要約)
ウィルソン大統領自身民主化運動が世界を救うわけではないと考えていたようだ。ウィルソンは後に「第一次世界大戦は現実には経済競争だった。」と書いている。
1917年にウッドロウウィルソン大統領が提示した戦争への呼びかけのなかでウィルソン大統領はロシアの共産主義にこの上ない敬意を表した。共産主義はロシアという不幸な国で中産階級を滅ぼしたからだ。
「ロシアで同盟がむすばれた。このことで世界の未来の平和は保証された。」
ウィルソン大統領は血に飢えたロシア政権に賛歌をおくったのである。6600万人の人間を殺した血に飢えたロシア政権らに親愛の情をおくり支援を宣言したのだ。銀行家たちは血に飢えたロシア政権にお金を融資した。ウィルソン大統領は共産主義革命に疑いの目がむけられたとき、自分の緊急戦争資金1億ドルをロシアにおくった。ボルシェビキ政権を救うためだ。
クーンローブカンパニーの文書を読むとクーンローブカン
パニーがロシア共産主義の確立に関与していたことがわかる。あまりに量が多いのでここでは割愛する。クーン文書にはチャーリズムや共産革命のことが書かれている。
「現アメリカのロシア帝国大使バクメチェフ氏は我々につたえたところによれば、ボリシェヴィキの勝利してロシアが共産主義国家になった後バクメチェフ氏は我々クーンローブカンパニーに6億ルーブル相当の金を送金してくれるそうだ。
1918年から1922年にかけてだ。」。一次世界大戦参戦後、ウッドロウウィルソン大統領は彼の資金面での支持者、ポールウォーバーグ、バーナードバルーク、ユージーンマイヤーの3大投資家を政府組織に起用した。バーナードバルークは戦争産業委員会の委員長に指名された。戦争産業委員会はアメリカ国内のすべての企業の命運を決める権利をもっていた。ユージーンマイヤーは戦争政策金融公庫の公庫長に指名された。戦争政策金融公庫は戦争にかかわる融資計画を担当した。

local pc









ラベル:ファチマ
posted by datasea at 15:10| Comment(0) | % マリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: