2011年10月11日

惑星ニビル情報

ppx270062.gif


ppx270061.jpg


Nibiru In Russian Media,Video
Thu Aug 11 09:46

Before It's News
http://beforeitsnews.com/story/936/470/Nibiru_In_Russian_Media,Video.html









(要約)
ロシアのメデイア、惑星ニビルについて解説
2011年8月11日
Washington Post
ロシアのメデイアが惑星ニビルについて解説した。内容より引用する。
Nibiru In Russian Media,Video
Thu Aug 11 09:46
惑星ニビル(Nibiru、Planet Marduk、Planet x)は太陽系の惑星。赤色わい星。公転周期は3600年。今日も存在しており、伝説によれば惑星ニビルは虫類の紙が住む惑星だという。惑星ニビルは宇宙船であるとする説もある。
火星と木星の間にはかつて惑星フェトン(Phoeton、Deya)があった。しかしこの惑星は惑星ニビルと衝突し、粉々に砕けて現愛のアステロイドベルト(Asteroid Belt、小惑星帯)になったとされる。一方惑星ニビルは残り、その軌道が伸びて現在のようになったという。惑星ニビルはかつて火星と木星の間を他の惑星と逆の方向に公転する惑星だったが、惑星フェトンと衝突し太陽系の外側を大きく公転する惑星になったとする説もある。
ロシアの天文学者の分析では、惑星ニビルは冥王星と同じくらいの大きさで、2012年に南半球で肉眼で確認できるようになるだろうという。そして2012年12月21日、地球のそばを通過し、この時人類の覚醒がおきるだろうという。地球の環境については、接近にともないポールシフトがおき、通過後は氷河期にはいるだろうという。

local pc




古代には火星と木星の間にあった惑星マローナMarona(別名マルデックMardek)が、銀河連邦の有力な加盟惑星アンドロメダの邪悪な惑星の挑発の結果、シリウスの核攻撃で爆砕されて、無数の破片がアステロイドAsteroid帯として残っている。そうしたことは2度と許されないことが、今回の出来事で実証された。
こうして、地球人起源の地球と宇宙の破壊は当面挫折した。地球と太陽系、宇宙の安全は当面守られた。
2005年6月

日本と地球の命運
http://gold.ap.teacup.com/applet/tatsmaki/200506/archive

posted by datasea at 04:26| Comment(0) | // 科学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: