2011年09月30日

「みそぎ」

「みそぎ」とは木花開耶姫(このはなさくやひめ)から言われた以下のこと。
●四足動物の肉(牛、豚)、カフェインの入った刺激物(コーヒー、紅茶、チョコレートなど)は食べないこと、アルコール、タバコはのまないこと。
これらは人の感覚を鈍らせることになる。
「緩慢になる」(動きがゆったりとしてのろいこと。物事の処理の仕方が手ぬるいこと)と言われた。
● 飲み物は水。当日も水を飲むこと。
● 常に自分を光で包むこと。
● 身体を荒塩で清めること。

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/folder/888471.html









 牛の食べ物食べると牛のようになるぞ。人間の食べ物は定まっているのだぞ。獣と神が分かれると申してあろうがな。縁ある人々に知らせておけよ。日本中に知らしておけよ。世界の人々に知らせてやれよ。
牛の食べ物とは何を指しているのでしょうか。牛は本来は草を食べています。しかしながら、ここでは「草を食べると牛のようになるぞ」と述べているのではないと思います。
牛の食べ物で人間が口にしているのは牛乳です。子牛は母親の乳すなわち牛乳を飲んで急成長しますが、その寿命は20年そこそこで、人間の約4分の1しかありません。 ですから、牛乳は「早熟早衰」の波動をもっているということができます。牛の骨に含まれるカルシウムは、人間の骨のカルシウムとは組成が違っているのです。人間の赤ちゃんでも、ミルクで育てると体の成長は早いのですが、骨の組成が粗いため、すぐ骨折するようになり、また内臓などの老化も早いのです。ブロイラーや養殖の魚を見てもわかりますが、人工的に早く育てられた生き物は、自然に育ったものに比べて肉に締まりがありません。また、病気などに対する抵抗力も弱いのです。
 ただ、ここで述べられているのは健康上の問題ではなく、霊的視点つまり波動の問題です。牛の食べ物を食べていると牛のような波動になるので、獣の側に引き寄せられることになるぞと警告しているのです。しかも、このことは「世界中に知らせてやれよ」というほど重要な問題だということです。
 四つ足を食ってはならん。共食いとなるぞ。草木から動物生まれると申してあろう。神民の食物は五穀野菜の類であるぞ。
 食物は科学的栄養のみにとらわれてはならん。霊の栄養大切。
 「四つ足を食ってはならん」と、肉食を厳しく戒めています。神民、すなわちこれから「光の子」として選ばれる人たちの食べ物は五穀野菜の類だと言っています。それも科学的な栄養の観点にとらわれるのでなく、霊の栄養、すなわち「食べ物の波動」が大切だということです。農薬などを使わず、人が愛情を持って育てた作物は、最高の波動をしているはずです。波動を汚さないためには、できるだけそういうものを手に入れて食べるように心がけたいものです。
 牛や豚などの肉の場合は、育てられる環境の劣悪さと、殺される時の残酷さが肉の波動にイライラや恐怖の念として蓄積されていますので、それを食べることによってイライラや恐怖の波動をとり入れることになり、波動を粗くしてしまう恐れがあります。最近では、肉体の健康にとってもよくないことがわかっていますが、何よりも霊的に見て問題が大きいということなのです。

2012年の黙示録
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/hitokuchi017.html









あなた方の意識的な思考は、理解はするが、入来する情報を処理し、行動を起こすのは、あなた方の潜在意識なのである。アルファー波をマスターし、意識を適度なアルファー波レベルの状態に維持すれば、あなた方が、自分の潜在意識と対話できるあなた方の深い、直感的な、内なるマインド、聖なるマインドと直接通信する能力を開発すれば、それは意志の力をはるかにしのぐものとなる。そうすれば自然に、ゴールに向かうための最適な判断と正しい行動を取れるようになる。
本当の自分は全く霊能力なんて持っていない、霊能力は天からやってくるもので、私が持っているものではなく、私には全くないとわかっているから、道具になるしかないと思えるんだよね。
「傲慢さ」とは、「自分はすごい」と思うこと。神事を行うことは、光の存在たちから依頼されたことであり、自分の身を削って(自分の時間や現地に向かう交通費や経済的なことなど)行なわなければならない。一つ一つ神事を行っていくうちに、彼らからのご褒美として、どんどん能力も上がっていく。昨日まで出来なかったことが、簡単に出来るようになることが、頻繁に起きるようになる。そのことが「自分はすごい」と勘違いさせることになる。そこに闇がやってくると、即闇に騙され、見事にニセモノの光に魅了されてしまう。
そんな能力をもらうのなら、私だってやりたいと思う人がいるかもしれないが、それと引換えに自分を犠牲にしなければならないことや、常に闇から狙われ、一瞬たりとも気が抜けない状態を受け入れることが出来れば、立派に役目をやれるだろう。実際に役目を行ってみれば、それがどれほど大変なことなのか、闇に狙われるということがどれほど過酷なのかがよく分かるので、誰もやりたいとは思わないだろう。
皆さんのより高い自己が今はその第三の眼を開く時だと決断する時、それはまるで皆さんが皆さんの額に殺到する聖なるエネルギーを受けているような状態になるでしょう。こうした特殊な周波数が松果腺内部の光の種晶を開き、それが精神感応による伝達の能力を開始させます。意識にエネルギーを加えると、物質化現象が起ります。ですから、皆さんが例えどのようなものでもそれを具象化したければ、意識を用いてください。皆さんが皆さんの世界がそうなるように望んでいる姿を思い描いてください。
現在は、電子からの物質化を妨げるべとべとした磁気遮蔽がある。この遮蔽は、ゼロポイント磁場が現れると完全に消失する。この時点で我々は瞬間的な物質化ができるようになる。

徹底検索、堀進
http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/folder/888471.html








posted by datasea at 15:58| Comment(0) | % 木花咲耶姫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: