2011年09月28日

世界政府のカードはそろいつつある

1233508.gif



プーチン氏、大統領選出馬へ、復帰確実
配信元:産経新聞
2011/09/24 20:17更新

イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/529447/






「プーチン政敵 獄中の元石油王が書面インタビュー」:イザ!
配信元:SANKEI EXPRESS
2011/09/26 09:49更新
≪失われた「司法の独立」 将来の変革に望み≫

イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/529619/








Putin氏は2000年に大統領に就任。Putin体制は2024年までつづく可能性。
米国(Mit Romney)、ロシア(Utadimil Putin)、欧州(William 6)。世界政府のカードはそろいつつある。

local pc






【モスクワ=遠藤良介】ロシアのメドベージェフ大統領は24日、プーチン首相(前大統領)が率いる最大与党「統一ロシア」の党大会で演説し、来年3月の大統領選にはプーチン氏が立候補すべきだと述べた。プーチン氏もこれを受諾して出馬を正式に表明した上で、メドベージェフ氏の首相就任を期待すると語った。最高実力者とされてきたプーチン氏が大統領に返り咲くことはほぼ確実だ。
プーチン氏には最長で2期12年間、大統領を務める道が開かれることになる。同氏は2000-2008年の大統領在任中に民主化を後退させたことを批判されており、統治長期化は国内外の懸念を呼びそうだ。
2011/09/24 20:17更新

イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/529447/




プーチン氏は24日、来年3月の大統領選に出馬することを表明しており、最長で2期12年間、2024年まで長期政権を敷く可能性が出ている。

イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/529619/







 ロシアのプーチン首相(前大統領)は、ドミトリー・メドベージェフ大統領(46)を次期首相に据えてメドベージェフ大統領の経済「近代化」路線を継続、年6-7%の高度経済成長を目指す方針を示した。だが、プーチン氏は前大統領期(2000-2008年)に、民間ビジネスを圧迫し、経済の国家統制を強める国家資本主義的な統治体制を築いた張本人であり、安定的な成長に向けた改革を行えるかには疑問の声も出ている。ロシアの国内総生産(GDP)はプーチン前大統領期、石油価格の急騰にあおられて年平均5.7%で成長。だが、08年後半には米国発金融危機に石油価格の値崩れが重なり、09年のGDPは前年比7.9%減と深手を負った。ロシアでは石油・天然ガス産業からの税収が歳入の約5割にのぼり、過度の地下資源依存と後進的な経済構造といったもろさが成長率急落の背景にあった。

イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/529619/



プーチン氏は2期務めた後の2008年の大統領選で、当時のメドベージェフ第1副首相を後継指名し、自らは首相に退いた。これはロシア憲法が大統領職への連続3選を禁じているためであり、その後も実権を握っているのはプーチン氏であるとみられてきた。

イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/529619/





今おこっていること、多くのことは、この一つの目標に向かっているのだと思う:
1.「彼らNWOグローバリストの目標は世界統一政府の樹立」 
  → 樹立させるのには充分な洗脳が必要。
2.「なぜ、彼らNWOグローバリストは世界統一政府を樹立させたいのか?」
  → 「洗脳の完成」が目的。 (今まで以上の洗脳)
3.「なぜ洗脳を完成したいのか?」
  → 人々を神から引き離すのが目的。 
    NWOグローバリストのトップはサタン。 
    「サタンの行くところは地獄。 サタンは一人でも私たち人間を地獄に道連れにしたい。」のが理由だと思います。

TruthSeekerJa.org
http://www.truthseekerja.org/articles2009/Conclusion2009_11_01.html
http://www.truthseekerja.org/notes/note2011_10.html
posted by datasea at 19:25| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: