2011年09月28日

ユーロ危機は茶番?

アメリカとロシアが組んで世界制覇に乗り出すだって?〜ダメだ、こりゃ −−;
2011年9月27日 (火)
ユーロ危機は茶番であり、神聖ローマ帝国が復活する?

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/sp-f328.html







バンク=ホリデー(銀行閉鎖)も視野に入れておいた方がいいとも書いてました・・・極力手持ち現金を厚くし、食料、水の確保をアドバイスするとも。金、ダイヤ、絵画は食べられないとも・・・確かに・・・でもそれほどまでに事態は風雲急を告げ、深刻なのだろうか?

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/sp-f328.html








早ければ今年中に「ユーロ帝国=ヨーロッパ合衆国=新生・神聖ローマ帝国=ナチス第四帝国」が誕生するだろう。これは強烈です。流れ、方向的には否定できませんが、時間的には今しばし時間がかかり、そんなに切羽詰っているとも思えず −−;
あくまでもニュートラル思考でお願いします<(_ _)> 私としても判断できません。くどいです

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/sp-f328.html






ナチスは必ず復活するというナチス第四帝国の誕生(古代ローマ帝国→神聖ローマ帝国→ナチス=ドイツ→ヨーロッパ合衆国??)をヒトラーも予言していましたね。

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/sp-f328.html










○ ユーロの中枢は10の国家によって成立するらしい。
ダニエル書、黙示録には7つの頭と10の角を持つ獣が終末に現われるとあります・・・ 独断と偏見でいきますと、ドイツ、フランス、イタリア、スイス、オーストリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、スペイン、イギリス?でしょうか? ギリシャ、ポルトガル、アイルランドが気になりますが・・・この際スルー。
○ その帝国領土は神聖ローマ帝国の版図に近い
よく終末に現われる最後の帝国は古代ローマ帝国の復活とされますが、現代の国力からいうと神聖ローマ帝国の復活とした方が説得力はある。
○ ユーロは out of control 状態ではなく take control であるそうだ。ということは、仮にギリシャがデフォルトしたとしてもユーロは揺るがない?ギリシャすらもデフォルトしないかもしれないということか?
○ その中心はドイツとなるらしい私的にはイギリスでないの?と考えてきましたが、う〜む?ドイツであるとする識者はそれなりにいるのも事実。
○ ドイツ首相 アンゲラ=メルケルを侮ってはならない。以前、故デビッド=メイヤー氏の「ラスト・トランペット・ニュース・レター」から引用して、アンゲラ=メルケルは、アドルフ=ヒトラーの妻であったエバ=ブラウンの妹との、冷凍卵子と冷凍精子だか忘れましたが、ナチスの残党のマッド=サイエンティストの手により、二人の間に人工的に出来たヒトラーの遺伝子を持つ娘であるというオカルト・ストーリーがあります。
ナチスは必ず復活するというナチス第四帝国の誕生(古代ローマ帝国→神聖ローマ帝国→ナチス=ドイツ→ヨーロッパ合衆国??)をヒトラーも予言していましたね。

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/sp-f328.html






イザヤ書65;1〜2
わたしはわたしを求めなかった者に/問われることを喜び、わたしを尋ねなかった者に/見いだされることを喜んだ。わたしはわが名を呼ばなかった国民に言った、「わたしはここにいる、わたしはここにいる」と。
よからぬ道に歩み、自分の思いに従うそむける民に、わたしはひねもす手を伸べて招いた。

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/sp-f328.html



posted by datasea at 17:39| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: