2011年09月23日

パレスチナ、国連加盟へ

2011年9月16日 (金)
パレスチナ国家、23日申請 外相表明 国連加盟へ折衝大詰め

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-3253.html







産経新聞 9月16日(金)7時55分配信
【カイロ=佐藤貴生】パレスチナ自治政府のマルキ外相は15日、ヨルダン川西岸ラマラで、パレスチナの国家としての国連加盟問題について、国連総会開会後の23日に加盟申請を行う方針だと述べた。自治政府のアッバス議長は同日、国連総会で演説する見通し。
フランス通信(AFP)によると、外相は「検討に値する(他の)提案があれば考えるが、そうでなければ23日に申請する」と述べ、申請断念を求める米国などとの折衝が大詰めを迎えていることを示唆した。
アッバス議長は14日、エジプトのテレビ局とのインタビューで、「加盟承認を申請することは回避できず、後退することはない」と述べ、正面から申請する方針を強調した。一方、イスラエルのネタニヤフ首相は15日、エルサレムで、来週に国連総会で演説すると述べた。パレスチナの加盟承認に反対する見通しだ。国連に独立国として加盟する場合、安全保障理事会の承認が必要だが、米国は拒否権を行使すると明言している。そのため、パレスチナ側は現在のオブザーバーの立場を「機構」から「国家」に格上げする方策も検討しているとされる。このケースなら安保理の承認は不要で、国連総会で過半数の賛成があれば実現する。パレスチナが最終的にどのような選択をするかはなお不透明だ。

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-3253.html









2011/9/23=2+1+1+9+2+3=18=6+6+6・・・
風呂入りながら計算しました(笑)

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-3253.html







マタイ 23:37〜39
見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たち(注;ユダヤ人のこと)は、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。しかり、アァメン。
黙示 1:7
* 私が「反ユダヤ」であると思っている方は多いでしょうが、そうではありません。
最後の最後には必ず悔い改め、主イエスをキリストであると認めると信じます。
異邦人へと救いが及んだ理由のひとつがそこにあるわけで、神の遠大なる計画でもあると思います。神が選び愛した人類の初穂である事実には違いないのですから。

子羊通信
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/sp-f328.html




posted by datasea at 15:28| Comment(0) | ◉ 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: