2011年09月16日

バイブルコードでみるエジプト民主化運動

20110210207.jpg


20110210127.jpg


Revelation 13: The English King James version Bible code - Part 1h - Mubarak and change in government in Egypt in 2011, and Civil War in Libya

Revelation 13
http://revelation13.net/KingJames1h.html








(要約)
バイブルコードでみるエジプト民主化運動
Revelation 13
2011年2月10日前後にエジプト民主化運動が過熱した。時のエジプト大統領Hosni Mubarak率いる政権は揺らいだ。最終的にHosni Mubarak氏は大統領の座をおわれた。またこの革命はFacebookとTwitterといったソーシャルメディアがつくった革命でもあった。
占星チャートでは2011年2月10日前後は666の配置。月、金星、冥王星のなす角度がそれぞれ6度になった。
「Revelation 13」によると、ヨシュア記23:9にそのコード記述がある。以下バイブルコードにあらわれた単語。
- EGYPT
- WHEN ISRAEL WAS STRONG (今日イスラエルは強大な軍事力をもつ。Mubarakはイスラエルと平和協定を結ぶ事を望んでいた)
2011年2月13日、エジプトではKing Tutの2体の像が消えた。King Tutの呪いがおきるだろうか?またイクナトン(Pharoah Akenaten)とネフェルティティ(Queen Nefertiti.)の像も消えた。Jean Dixonの予言には1962年2月5日にイクナトン(Pharoah Akenaten)とネフェルティティ(Queen Nefertiti.)の間に生まれた子供が救世主となり世界を救うとある。
- Beast that ascendeth out of the bottomless pit (リビアの石油か)
- Beast coming out of the earth
このコードから解するに、Gadhafi大佐がアンチキリストになるという可能性も考えうる。(私個人はVladimir Putinだと考えている。)2011年9月1日はGadhafi大佐が政権について42年目。一方、黙示録には「アンチキリストは42ケ月にわたり世界を支配した」とある。

local pc







2011-20-11 中東について
(中東のクリスチャンについて)
アビ・リプキン氏Avi Lipkin談: (アメリカ国籍。 現イスラエル在住。 101011d放送に出演。)
http://www.soundwaves2000.com/radio_liberty/
Date: 10-10-11 Hour: 4
エジプト、シリア、レバノン、イラクなどからキリスト教徒が外国に避難している。 
アメリカその他に避難。 中東の経済など、国を支えている人々は(よく働く)クリスチャンだという話。 中東の国々は彼らクリスチャンが不在の国となる。 さて、その後どうなるか? その国の経済は破壊。 破壊されると、現地の人々はアメ
リカに? そうなると、アメリカはクリスチャンの避難民もいるが、イスラム教徒も。 アメリカは内側から、そして多くの移民からイスラム教国家になるか? との発言は興
味深い。アメリカにキリスト教が増えるか? 建築ブームも再来か? オバマが再選される可能性も。との話も。
アメリカは破産しない、、、と、この放送で発言している。
アビ・リプキン氏のサイト:(著書、講演DVD)
http://www.vicmord.com/
アビリプキン氏の妻はイスラエル政府諜報で働いており、中東やイスラム教世界でのアラビア語での通信情報を収集。
参考: (検索キー:Avi Lipkin)
http://www.youtube.com/watch?v=vGTJ6ElUezY
+++
この放送、アビリプキン氏の発言、視点は興味深い。 (もっと、キチンと書きたいが、時間が無い。)英語のわかるかたは聞いてください。本も何冊も書いているようです。彼の講演、ラジオ放送は何年も前から、時折聞いていますが本は読んでいません。 DVDも見ていません。
中東危機、イスラム教の移民、キリスト教徒の避難。
アメリカがイスラム教国になるのか?
イスラエルを除く国がイスラム教国となり、イスラエルが攻撃される、、、、?
聖書に書いたとおりに進行していませんか?
イスラエルに注目していないと終末について、わからない。
イスラエルは遠くの、、、、異国の、、、、ではない。
将来どうなるのか? 知りたかったら注目する必要がある。
聖書も知る必要がある。

TruthSeekerJa.org
http://www.truthseekerja.org/notes/note2011_10.html



posted by datasea at 19:25| Comment(0) | ◉ 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: