2011年09月04日

野田ホロスコープ診断


【転載開始】野田ホロスコープ診断
野田新首相は1957年5月20日生まれ。時間は不明なのでおおよそのことしかわからないが、ホロスコープを作ってみた。太陽はおうし座の28度あたりで月はみずがめ座の11度プラスマイナス5度あたり。太陽おうし座、月みずがめ座で思い出す政治家は、ご存知田中角栄である。
人間ブルドーザーといわれ、一人でアメリカ越しに日中国交回復を行い、周恩来との信頼関係を築いたが、このままほおっておいたら日中中心でアジアの時代が訪れてしまうことに重大な危機感を持つアメリカがしかけたロッキード事件によって失脚。子飼いの竹下の裏切りもあって失意の中で幕を下ろした。ご存知田中真紀子はその娘である。この田中角栄と太陽と月が同様の野田だが、しかし、行動力はあまり期待できない。運動星座には火星ひとつのみで、実行力はどうだろうか。ただ、誠意や誠実さ、仲間を思う気持ちなどは、確かに愚鈍なタイプで信頼できる。自ら人情の大切さを説く人間だが、その人情が仲間内のものであったら国民はたまったものではない。国民目線がつづけられるかどうかだが、これはあまり期待できない。太陽は権力の星冥王星とタイトに90度を形成し、野田が結局は権力主義者であることを示す。一度権力を握ったのち、こんなばかばかしいことなんかやっていられるか、、、という形なら、まだ信頼はできるが、両親とも百姓出の人なので、権力に就くのははじめてであり、それを押しのけても自分の国民に対する情を貫く強さはないと診断する。なので、最初はよいかもしれないがどうでしょうか。結局は権力サイドに就いて取り締まるほうに回る予感は十分にあります。
とにかく、今、もっともいけないのは、出世主義者を上につけること。その点、もともと頂点から出発していた鳩山や熊本の殿様のような人なら、権力におもねることをせず、最後には国民に目を向ける可能性画高くなるが、その点、出世主義者はよくない。野田は誠意と権力欲との葛藤に悩み、結局は最後の最後に権力に就くから、結局はかなり悪くなるかもしれない。しかし、当初は進行している太陽がこの二年にわたって木星と120度を形成するため、その誠実な性格などが評価されて国民は一時的な安心を得る可能性はある。しかし、金星は土星と悪く、結局は財務省の出であることで痛い目を見るだろう。金星と土星の衝は贅沢は敵、、、であって、自分も我慢するのでみんなも我慢しろとばかり、財務省サイドの方針堅持は見えており、日本は大増税の時代を向かえ、それを我慢しろとの流れを作る。ただ我慢しろとはいえないので、それなりの説得力が必要となるが、それは、要するに右傾化である。なぜ、前原でなく、管が辞める日に朝鮮学校の無償化など伝言したのか、、フジテレビなどへの大規模デモなどもあるが、これからは、韓流どころか、逆韓流に急転変化していくことになるだろう。国民をまとめに入らなければならないわけで、分裂路線から一体化路線、すなわち右傾化を託すために野田は生まれた総理大臣であると思えばわかりやすい。はじめは人間性での人気獲得。次に信頼。そして引き締め、いつか来た道、、、となる方向であろう。しかしそうはうまくは行かないと思う。しかし少なくともこの二年近くは野田の時代になるだろう。金星と土星の衝は政治家の場合は、、、あっ、言っては絶対にいけないことなんだけど、あくまで私の考えなどではなくて、占星術解釈としてだが、これはほかに女を隠している暗示。あくまで暗示であり、そのことが政治的力量とは一切関係もないし、大体本当かどうかもわからない、あくまで星の上での話しだが、最後はそうした点を付かれて終えるので、野田氏にあえてそんなことはないとは思うものの、お伝えしておきましょう。ガードが必要と。野田のいい点は自分のことをそんなに利口だというパフォーマンスは示さないので、自分よりも優秀な人を使える点にある。とくに、月は天王星と衝となり、しかもこの月はみずがめ座である。天才の起用に関して有利。結局テクノロジーの革新的変化が時代を大きく変える可能性がまだまだあるため、野田は放射能除去やその他、あらゆる天才的な科学技術者を取り立て、面白い一面を作る可能性が高い。
私がもっとも野田に期待するとしたらこの点である。食料でエネルギーで放射能汚染で、また軍事面で日本はこれから非常に不利な状況となるが、それらを一朝にして解決してしまう天才軍団を野田は育てるべきである。天才技術が追い込まれた日本を復活に導くことは、ノストラダムスの時代から約束されているのだ。誰か、このことを野田に伝えること。関係者がいたらお願いします。私は野田氏とはまったく縁はなく、語る方法を持っていません。
ただいまひとつ信頼できないのは、前原などと同じ、松下整形塾出身である点。結局は、、、というところがあるでしょうね。野田にせめて田中角栄の無念の怨念がのりうつって、再び正しい意味での日中関係を復活させ、アジアの時代の礎を築いてもらいたいが、まったく正反対の方向に行ってしまうのでしょうね、おそらく。野田は10の星のうち、火星のみが運動星座でしかも感情的なかに座。物事を動かす動機がまだまだ個人的なものであり、国民の目線に立てるかどうか。駅前スピーチを続けた点は見事であり、そこらへんから得た国民目線を期待したいところです。ホロスコープ判断はまだまだ続くのですが、いえないことが多くなるので、止めておきましょう。【転載終了】

飄(つむじ風)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/09/post_4d75.html



posted by datasea at 16:35| Comment(0) | ) 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: