2011年09月02日

ジョージ・ソロス

【小出より】
あのジョージ・ソロスがファンド業界から引退した。無論、儲けられる金融市場ではなくなったからだ。ソロスばかりでなく、ヘッジファンドの連中らは相次いで手仕舞い、手元資金の確保に動いている。また金融危機で一財を築いたジョン・ポールソンは投資の失敗を余儀なくなされている。長者番付1位のカルロス・スリム氏もこの世界同時株安で大損失を被ったことが報じられている。言い換えれば、このような金融市場で儲けることは至難の業(わざ)であることを物語っている。いや、はっきり申し上げて、資本主義経済は終わりを迎えようとしているのだ。従って、そこから利益を得ることはおろか、最後の資金収奪の場と化しているのだから、勝ち目はない、と言える。プロの投資家であってもだ。
だが、それでも我々は、唯一儲けることのできる方策を突き止めた。
それは、金融市場がバクチの世界であり、ゼロサムゲームだからである。つまり、大多数の者が損失を被っていれば、その分、儲けている連中らがいるということである。彼らの手法を知ることで、このような修羅場の市場であっても儲けることが可能となるのだ。
イーグルヒット クラブG-1 小出宏実の恐慌情報レポート

イーグルヒット
http://eagle-hit.com/


posted by datasea at 22:03| Comment(0) | $ 経済アナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: