2011年08月17日

1937年のジョー・ブラントのビジョン


カリフォルニア、コロラド、ネバダ、ユタ、アリゾナ&日本が消滅します。
彼は17歳の時、馬から落ちて、そして何日間も脳しんとうを起こしていました。この期間に継続する夢が毎晩来ました。
それは、彼がカリフォルニアと世界の他の地域で、ものすごい地震と氾濫を見ているかのようでした。
またジョー・ブラントは、病院で様々な断層の位置、岩石、何年もの地質学者がそのような仕事をほとんど試みない、地球運動の非常に多くの地層の資料に関し、回復する間の彼の日々を通し、眠い状態で書き加えていました。少年は、地質学あるいは今度の地震の何かの可能性を知っていました。
書き留めるべき5つのポイントがあります
1.夢 / ビジョンは、常に正確にそれがやんだところから再開して、幾晩もの間、毎晩完ぺきな続きもので起きました。
2.ビューアーは、時間内に少なくとも30年先に映し出されました。
3.たくさん見たハーフサイズの自動車は、1937年にはそのような自動車は合衆国では知られていません。彼が奇妙な形について述べたところ、それは普通のフォルクスワーゲンであったと言えます。カリフォルニアでは他の州と比べておよそ3倍の VW があります。
4.スーパーハイウェーが注意されます、(彼のカリフォルニア・フレスノの家からロサンゼルスまでで、彼はまだ見ていませんでした。)
5.彼は、一度も学んだことがなかった地質学について書きました、また、17歳でそれだけを学ぶ時間はありませんでした。
彼はその「断層」についてまったく知らなかった膨大な知識を与えられました。
T. 大学院の地質学者と一緒に後にチェックされたとき、それは事実であることが判明しました。
地震の日
世界全体が私の脳の中に回転しているかのように、私は病室でものすごい頭痛で目覚めました。私の馬、ブラッキーからの漠然とした落馬を覚えています。
私はもう1つの世界にいるような感じでした。
それからゆっくりと、色と臭いと音で、私はロサンゼルスにいるように思われました。そしてバスと奇妙な形の自動車が市道に押し寄せました。私はハリウッド大通りについて考えました、すると私はハリウッド大通りに自分自身がいるのに気づきました。これが本当であるか否かにかかわらず、私は知りません、しかしあごひげをした私と同年代の若者が、イヤリングをしている多くの男たちがいました。私は「こんにちは」と言いましたが、彼らは私のことを聞きも見もしませんでした。
中略
鳥がいませんでした。
私は大通りで北に2つの区画を歩きました・・・・すべての家・・・鳥もなしです。再び、私は静寂を聞きました・・・・・ただ静寂。それから、私は何かが起きようとしていたことを知っていました。それが何年であったか、確かに1937年ではありませんでした。私はコーナーで、新聞に載った大統領の写真を見ました。それは確かにルーズベルトではありません。彼はより大きくて、より重い大きい耳でした。
私はそこで目が覚めました。
私はもう1つハリウッドに戻ったばかげた夢を見ました。
それらの人々はなぜ不思議で変わった服装をしているのでしょう?私は私自身が大通りに戻っているのがわかりました。私は何かが起きるのを待っていました。大きい何かが起きようとしています、そして私はそこにいようとしていました。私はその大きい劇場のそばの時計を見上げました。それは4時10分前でした。大きい何かが起きようとしていて、私は道路を歩きました。
中略
静寂、静寂、静寂。
これらの人々は鳥がどこに行ったのか知らないのでしょうか?静けさはますます大きくなっています。何かが今起きています!ここで再び目が覚めました。
ハプニングの瞬間
私は地球の終わりまで行って帰って来ました。
私は世界の終わりに行ったことがあります。そこは何も残っていません。私はこのすべてを書き留めることができますが、誰も、とにかく、私を信じないでしょう。私はその大通りに関する最後の瞬間に戻っています。おかしい臭いがあります、硫黄、硫酸のような、死のような臭い。私が再び時計を見た時、それは午後4時5分でした。
(※地震が起きた後の細かい人々の状況の描写はすべて省略します。)
地震。それは再び来ました。
(※その後の様子もすべて省略)
時計の針は4時29分、私はすべてを見ることが出来ました・・・
他の都市
それから、巨大な世界地図を見るように、土地と人々に何が起きていたか見ることができました。私はサンフランシスコを揺り動かしていたのは、サンアンドレアス断層だけではなく、ガーロック断層であったように思います。
(※その他の地域、断層の説明、コロンビア・ベネズエラの記述が続きます)
遠く離れて、私は同じく断層の上に、日本を見ることができました。私はとても遠いビッグベア・マウンテンにいたので、見ることが容易でした。
しかし、日本は海に沈み始めました。
私は、その時の時間を話すことができません、人々は、はるか遠くに人形のように見えました。私は、彼らの絶叫している声を聞くことはできませんでしたが、何故か驚いた人たちの顔を見ることができました。彼らは、それほど驚いているように見えました。彼らはすべて人形のように、それは非常にはるか遠くだったので、ほとんどそれを見ることはできませんでした。1〜2分でそれは終わったように思われました。皆がいなくなっていて、誰も残っていませんでした。私は時計を見ることができなかったので、時間はわかりません。
(ハワイの記述が続きます。)
コンスタンチノープル、黒海の上昇、スエズ運河は何らかの理由で干上がっているように思われました。シチリアは持ちこたえられません。私は地図を見ることができました。
中略
私は今、時間を確信していません。イギリス・・・・津波ではない膨大な洪水。
水、いたるところに水、しかし海の中に流れて行かない、人々はおびえていて、そして泣いていました。彼らが道路にひざまずいて、そして世界のために祈り始めたという若干の場所。私はイギリス人が感情的であったことを知りませんでした。アイルランド、スコットランドすべての種類の教会は昼も夜も人々を集まらせました。人々がろうそくを運んでいました、皆がカリフォルニア、ネバダ、コロラド、ユタ、多分すべての地域のために、彼らは親族のように、1つの家族のように泣いていました。それが彼らの身に起こったように・・・ニューヨークではそれはまだ来ていませんでした。人々は「世界の終わり」を叫んで道路で走っていました。
日光はありません、夜でした。
すべてが混乱状態。
再びオイルの不足で壊れている燃料タンクに関する拡声器。人々が市場を略奪しているように思われました。
オレゴン、ワシントン、ダコタ、ミズーリ、ミネソタ、カナダ、私は安全に思われた多くの場所を見ました、そして人々は怖がっていませんでした。特に田舎。ここではすべてがほとんど何も起きなかったかのようでした。これらの場所へ徒歩で行く人々、(まだ燃料を持っていた)自動車に向かっているように思われました。私はハリウッドに戻って自分自身を見いだしたとき、まだ4時29分でした。私の夢は完全に自然に思われました。

メモ・独り言・戯言
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/32369383.html



posted by datasea at 13:02| Comment(0) | ◯ 夢日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: