2011年08月11日

由鵬氏の予言

@2008年
秋から、地球の磁場と人類の集合意識が共鳴を起こし、体が変化していく。12月以降は、肉体が軽くなっていく人と、その変化についていけない人に分かれる。新しいシステムが動き始め、必要な人には宇宙人のサポートによるアドバイスがある。
A2009年
1月25日前後まで、ジュセリーノ氏はM8クラスの地震が大阪で起きると予言しているが、地球の龍体が動く時期なのでM5・5くらいの地震は起きるだろう。
B2010年
オバマ大統領は、NESARAを施行。レインボー通貨に切り替わる。日本経済の崩壊はない。人類のDNAに異変。人間の体が半物質化していく。四次元の世界がだんだんと消えていく。
C2012年
シューマン共振が22ヘルツまで上がる  。DNAの螺旋変換が起こる。時間軸と次元軸が共鳴を起こし変換する。時間が終了する。肉体の変容が起き、半霊半物質化していく人と古いままの人とに人間が二分化する。国連の組織は宇宙連合の管轄に入る。2012年に人類がアセンションしなかった場合、以後のシナリオとなる。 
D2016年
太陽系が変わる。地球は水瓶座の時代に突入。生き残るのは
全人口の3割。
E2020年
銀河系が変わる。日本を中心とした巨大な帝国ができる。
F2026年
地球シミュレーターによれば、この年までが人類の存続期限。ぎりぎり2037年まで。ポールシフトが起きるが日本列島は沈没しない。

amarinimotensai
http://kanatakara.blog.so-net.ne.jp/2008-11-16


posted by datasea at 09:00| Comment(0) | ) リモートビューワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: