2011年07月25日

Elenin彗星は宇宙船??


Is Comet Elenin an incoming spacecraft heralding a New Age?
Tue Jul 12 07:14

Before It's News
http://members.beforeitsnews.com/story/805/360/Is_Comet_Elenin_an_incoming_spacecraft_heralding_a_New_Age.html




(要約)
Elenin彗星は宇宙船??
2011年7月12日
人気告発者サイト「 Project Camelot」では「Elenin彗星」が知的生命体が乗った宇宙船であるとする記事がいくつか掲載され話題になっている。「Elenin彗星」はマヤカレンダーの終わる時に地球と太陽に最接近する。宇宙船は太陽系全体を変えるために派遣され接近しているのだという。
「Elenin彗星」が地球を通過するまで4ケ月に迫った。その影響はいまだ完全には予測されていない。NASAをはじめとする研究機関は彗星の大きさは小さいと予測している。しかしこの「Elenin彗星」の接近を契機として地球、太陽系が新しい時代にはいる可能性はある。
コンファレンス「The Conference: Elenin 」
Kerry Cassidy氏主催のコンファレンス「The Conference: Elenin 」には Richard Hoagland氏、 Joseph Farrell博士、Keith Hunter氏、Carl Johan Calleman博士、Andy Lloyd氏の5名の研究者が出席、見解を語った。
出席者全員の共通した見解は「Elenin彗星」は赤色わい星のような天体ではないという事。理由は「Elenin彗星」の軌道が天体の軌道ではないからだという。研究者らによればによる磁場のねじれは天体によるものではなく宇宙船のような人工物によるものだという。
Richard Hoaglandはなぜを宇宙船だと考えるかについて語った。まず氏は彗星が2011年9月11日に近日点に達すると予測、10年前の2001年9月11日におきた911事件のきっかり10年後に近日点に達するのは人類の注意をひくためであるとした。さらに2011年11月 9日には小惑星 Asteroid 2005YU55 が地球からわずか200,000マイルのポイントを通過するがこの日付も意図的なものを感じるとした。氏によると、米連邦緊急災害局FEMAは11月 9日に「 FEMA Homeland Security Test 」を予定しておりこの時テレビ、ラジオなどのメディアは放送を中止する予定だという。
Keith Hunter氏は物体「Elenin彗星」はハーモニックな波動を出しておりこれが天体の軌道や地殻活動に影響を与えているとした。氏によれば「Elenin彗星」はそれほど大きな物体ではないという。また氏はOmerbashich博士の研究を紹介した。Omerbashich博士は2011年に「Astronomical Alignments as the cause of ~M6 + seismicity.」という記事を発表しており、天体が直列する時にM6以上の地震が増えるとした。
Carl Calleman博士は9つの波について語った。9番目の波はマヤカレンダーが終わる時2011年10月28日におき地球は新しい時代にはいるという。そして人類は「統合意識(unity consciousness)」をもつようになるという。またこの2011年10月28日はマヤカレンダーが終わる時であると同時に彗星が地球に最接近する時でもあるという。
Andy Lloyd氏もOmerbashich博士の研究を紹介した。Omerbashich博士は11月22日に「Elenin彗星」と地球と太陽が直列すると考えているという。またLloyd氏は3月11日におきた東日本大震災は「Elenin彗星」の直列がひきおこした最初の地震であるとした。

local pc







posted by datasea at 22:21| Comment(0) | // 科学者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: