2011年07月09日

ヨハネ行伝・マタイ福音書・ガンマ線バースト

In Deep: [資料3点]聖書外典「ヨハネ行伝」・マタイによる福音書24章・ガンマ線バーストの解説
2011年01月23日

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/182113536.html






◆終末の徴
3:イエスがオリーブ山で座っておられると、弟子たちがやって来て、ひそかに言った。「おっしゃってください。そのことはいつ起こるのですか。また、あなたが来られて世の終わるときには、どんな徴があるのですか。」
4:イエスはお答えになった。「人に惑わされないように気をつけなさい。
5:わたしの名を名乗る者が大勢現れ、『わたしがメシアだ』と言って、多くの人を惑わすだろう。
6:戦争の騒ぎや戦争のうわさを聞くだろうが、慌てないように気をつけなさい。そういうことは起こるに決まっているが、まだ世の終わりではない。
7:民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に飢饉や地震が起こる。
8:しかし、これらはすべて産みの苦しみの始まりである。
9:そのとき、あなたがたは苦しみを受け、殺される。また、わたしの名のために、あなたがたはあらゆる民に憎まれる。
10:そのとき、多くの人がつまずき、互いに裏切り、憎み合うようになる。
11:偽預言者も大勢現れ、多くの人を惑わす。
12:不法がはびこるので、多くの人の愛が冷える。
13:しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われる。
14:そして、御国のこの福音はあらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えられる。それから、終わりが来る。」

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/182113536.html











◆いちじくの木の教え
32:「いちじくの木から教えを学びなさい。枝が柔らかくなり、葉が伸びると、夏の近づいたことが分かる。
33:それと同じように、あなたがたは、これらすべてのことを見たなら、人の子が戸口に近づいていると悟りなさい。
34:はっきり言っておく。これらのことがみな起こるまでは、この時代は決して滅びない。
35:天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない。」
◆目を覚ましていなさい
36:「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。ただ、父だけがご存じである。
37:人の子が来るのは、ノアの時と同じだからである。
38:洪水になる前は、ノアが箱舟に入るその日まで、人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていた。
39:そして、洪水が襲って来て一人残らずさらうまで、何も気がつかなかった。人の子が来る場合も、このようである。
40:そのとき、畑に二人の男がいれば
41:二人の女が臼をひいていれば、一人は連れて行かれ、もう一人は残される。
42:だから、目を覚ましていなさい。いつの日、自分の主が帰って来られるのか、あなたがたには分からないからである。
43:このことをわきまえていなさい。家の主人は、泥棒が夜のいつごろやって来るかを知っていたら、目を覚ましていて、みすみす自分の家に押し入らせはしないだろう。
44:だから、あなたがたも用意していなさい。人の子は思いがけない時に来るからである。」
◆忠実な僕と悪い僕
45:「主人がその家の使用人たちの上に立てて、時間どおり彼らに食事を与えさせることにした忠実で賢い僕は、いったいだれであろうか。
46:主人が帰って来たとき、言われたとおりにしているのを見られる僕は幸いである。
47:はっきり言っておくが、主人は彼に全財産を管理させるにちがいない。
48:しかし、それが悪い僕で、主人は遅いと思い、
49:仲間を殴り始め、酒飲みどもと一緒に食べたり飲んだりしているとする。
50:もしそうなら、その僕の主人は予想しない日、思いがけない時に帰って来て、
51:彼を厳しく罰し、偽善者たちと同じ目に遭わせる。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。」

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/182113536.html










◆人の子が来る
29:「その苦難の日々の後、たちまち/太陽は暗くなり、/月は光を放たず、/星は空から落ち、/天体は揺り動かされる。
30:そのとき、人の子の徴が天に現れる。そして、そのとき、地上のすべての民族は悲しみ、人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見る。
31:人の子は、大きなラッパの音を合図にその天使たちを遣わす。天使たちは、天の果てから果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める。」

In Deep
http://oka-jp.seesaa.net/article/182113536.html






posted by datasea at 19:44| Comment(0) | ◉ 聖書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: