2011年04月01日

フリッツ・スプリングマイヤー情報


ところで、気になる話を聞いた。東京のお台場にフランス展とかいうもののイベントの一つとして、自由の女神像が建てられた。これが何と来年の一月一八日に撤去されるということだ。つまり一月一七日まではあると言う事である。
あの阪神大震災が一月一七日。1+17日=18日 (6 + 6 + 6)。ロスアンジェルス地震が一月一七日。1+17=18。サンフランシスコ地震が一〇月一七日すなわち1+17=18。 と言う事は前の本に書いた。
そしてその後、 阪神大震災の前に震源地の真上に日仏友好の碑なるものが建てられていたと言うことを聞いていたから、余りにもあざとい話だが心配になるのである。(中略)
フリッツ・スプリングマイヤーはもう一度日本に人工地震が 計画されているというイルミナティ内部の情報を私に語っている。自由の女神はエジプトの神話の神オシリスの妻イシスであり、その掲げる松明はイルミニズム(啓明)の火である。その火が東京を焼く種火とならないように私は祈っている。
と警告されていました。大抵の人には無視されてきたとは思いますが、スプリングマイヤー情報が正しかったことは、いまや広く認知されていくでしょう。また、そうならなければ、「猿の惑星」の事態はさらに深刻になっていくのではないでしょうか?

さてはてメモ帳 Imagine & Think!
http://satehate.exblog.jp/



東京お台場の自由の女神像。2012年の1月18日に撤去予定。

local pc

posted by datasea at 22:41| Comment(0) | △ オカルト主義研究者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: