2011年03月19日

審判


 これから始まる数年間の神仕組みによる地球と人類のカルマ(穢れ)を禊で浄化清算(世の裁き受ける)する自壊(自浄)作用の大いなる試練と覚醒の時期を越えた時、宇宙(神々)による一連の審判の基準に合格して救済のレベルに到達した人々と組織は生き残り、人々と組織に改心をして変わる見込みが無ければ神々は救い様の無い人間と組織に構っていては事象(プロセスのステップ)が前に進めないから、その人々と組織に見切りをつけて淘汰されます。
既存の体制である利権や、金品の豊かさなどに甘んじて依存している者と組織は、出来るだけ早い時期に新しい体制に移行しなければ、神に見放されて自滅するだけです。救われたくない人と組織を救う手立ては誰も持ち合わせてはいないそうです。

2008 近況、予知夢と予感7〜 アセンション そして新しき世界へ
http://www.geocities.jp/psitact/fine/ertasnsfb.html




■9月
 今月から人類の現実的な篩い分けが始まり数年間は続く様です。大災禍と言っても大難は小難に修正されており大型台風や大洪水など大自然の猛威も規模は縮小され、巨大地震とか小中規模なポールシフトが起きても数百メートルにも及ぶ巨大な津波は発生せず、数十メートル程度かと思われます。
海岸沿いとか低地では注意が必要です。今月も自然の大災害や大事故や大事件など大災禍の出来事が各地で局地的に複数に発生するでしょう。
米国発の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の投機損失により、金融危機は全く収まらず益々と悪化する状況にあり、米国を始め欧州などでは相次ぐ金融破綻から経済崩壊へと徐々に向かっているのが現状で、やがて世界へも波及するでしょう。それで貨幣を優先する経済の社会システムは徐々に崩壊して、新たな村造り、街興しから新規な国造りへと移行すると思われます。最近は、玉音放送にあった「堪え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ」の言葉が頭の中を過ります。大艱難時代の突入かもしれません。
2008年9月

2008 近況、予知夢と予感7〜 アセンション そして新しき世界へ
http://www.geocities.jp/psitact/fine/ertasnsfb.html






残された時間は2011年の7月頃までで御座います。是非、多くの方々が自身の宇宙的な進化や学習に取り掛かって頂きたいと願っています。残されました時間は2011年の7月頃迄で御座います、是非多くの方々が自身の宇宙的な進化や学習に取り掛かって頂きたいと思います。さて私達は今後、貴方方の為に地球上のマスメディアの一部を使いまして宇宙哲学的な記事や番組等を増やして参りますので宜しく御願い致します。それから貴方方の内で特にマスコミの方々の中で協力的な方々の御協力を得まして私達の宇宙母船の中で宇宙的な教育を受けて頂いた後に、それに沿った宇宙的な進化をする為の宇宙的な哲学や生命の諸法則や原理といったものを放送や新聞等で発表をそれとなくさせて頂く所存で御座いますので御自分自身がそれらでも学習する機会がありますので前記の書物や中尾様のサイト等と共に宇宙的な学習をして頂きたいと存じます。さて私達は今後共に貴方方の地球人の方々で求道的な精神の方々を私達もそれとなく援助させて頂きますので頑張って勉強をして頂きたいと思います。
2010年11月13日

永遠の生命(宇宙哲学、生命の科学の啓蒙書で宗教団体と無関係)
http://blogs.yahoo.co.jp/nakaotatsuya3/53116948.html




posted by datasea at 17:09| Comment(0) | % 中尾達也 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: