2011年01月09日

ヨハネの黙示録による中国と北朝鮮の分析

pphum650043.jpg


The_number_of_the_beast_is_666_Philadelphia,_Rosenbach_Museum_and_Library.jpg


Revelation 13: China and North Korea -- the Red Dragon in the Book of Revelation -- A Bible prophecy and New Age analysis

Revelation 13
http://revelation13.net/China.html





(要約)
ヨハネの黙示録による中国と北朝鮮の分析
一連のイベントがヨハネの黙示録でなぜ「時の終わりのイベント(the End Time events)」と言われるのか、反キリストと呼ばれる独裁者がなぜロシアから出てくるのか、説明する。
私は反キリストはロシアのPutin首相の事だと考えている。反キリストと呼ばれる独裁者はロシア、中国、イランに同盟を組ませ西側諸国と対立させる。黙示録13章2節に反キリストの事が書かれている。
「そして、私が見た獣はヒョウの上にのっていた。その足はクマの足のようであった。その口はライオンの口のようであった。ドラゴンは獣に権威と力と彼の席を与えた。(黙示録13章2節)」
私の分析で「クマの足」とはロシアの事。 ドラゴンとはサタン自身、中国の事。つまりこれは、露中の軍事同盟を意味する。
これはつまり、ロシアが中国の巨大な軍事力を得て巨大な軍事力となる事を意味する。そして、「彼の席」というの地理的にロシアが中国の上に位置する事を意味するのだろう。
船、潜水艦、レーダー・システム、ジェット機など、ロシアは中国に最新式の武器を輸出している。ロシアはイランに原子力発電所、ミサイルなども輸出している。
旧約聖書ダニエル書にも黙示録13章と同じ記述がある。
ダニエル書第7章では、「4匹の獣が海から上がってきた。」とある。そしてこれが帝国となるとある。
「1匹目の獣はライオンのようで、男性の心臓があった。2匹目の獣は、その口に3本の肋骨をくわえたクマだった。3匹目の獣は、翼と4つの頭をもつヒョウだった。4匹目の獣は鉄の歯と10の角があった。4匹目の獣は大きな事を話した。」。
1匹目の獣はバビロン帝国の事。ライオンはバビロンの象徴。
2匹目の獣はペルシャ人の帝国(クマ)の事。
3匹目の獣はアレキサンダー帝国(ヒョウ)の事。アレキサンダーは、ヒョウのような速度で世界を征服した。
4匹目の獣はローマ帝国、反キリストの事。鉄の歯はローマ帝国の事。
大きな事を話す男。これはヨハネの黙示録13章にでてくる10本の角をもつ獣と一致する。黙示録13章にでてくる獣はライオンの口、クマの足、ヒョウの速度、10本の角(10の国家連合)を持つ。これはロシアと独立国家共同体の事だろう。
ヨハネの黙示録16章では、ハルマゲドンの時、このユーフラテス川が干上がり東の王(中国?)が歩いて渡るとある。ユーフラテス川はイラクにある川。1999年、ユーフラテス川に猛烈なかんばつがおきて干上がった。これはイラクで今世紀おきたかんばつで最悪のものだった。さらにトルコはユーフラテス川上流にダムを建設している。これはハルマゲドンが接近している徴候。
「6人目の天使がユーフラテス川に小びんを注いだ。すると、川の水がひからびてしまった。それは東の王がすすむ道となった。(黙示録16章12節)」
毛沢東主席
社会主義中国初のリーダー毛沢東主席について。毛沢東主席が生まれたのは1893年12月26日(クリスマスの次の日)。クリスマスの次の日に生まれるのは反キリストのしるし。
中国文化革命がおきたのは1966年〜1976年。時の主席は毛沢東だった。
中国から「非革命的分子」を一掃するため、毛沢東は若者による年長者の裁判を奨励した。また毛沢東は恐怖と殺人によってチベット仏教を根絶した。またこの時、チベットによる中国への侵攻があった。
20世紀の専制君主、殺人者のうち、悪において毛沢東を凌いだ者はスターリンとヒトラーのみであった。
毛沢東が死んだのは1976年9月9日。31年後、666日×17のサイクルが終わった日。
毛沢東の生誕地は中国湖南省韶山。地理座標では北緯27.9度、東経112.6度。聖書の番号(特にヨハネの黙示録)と照合してみる。北緯27.9度(北緯28度)はヨハネの黙示録12章8節と関連する。
「怒った赤いドラゴンは地に投げつけられた。」(ヨハネの黙示録12章8節)。
「天国で戦争がおきた。マイケルと彼の天使はドラゴンと戦った。ドラゴンはマイケルと彼の天使と戦った。どちらももはや天国で見る事はなかった。怒った赤いドラゴンは地に投げつけられた。このドラゴンは年をとったヘビ、悪魔、サタンと呼ばれていた。そしてこのドラゴンは全世界を欺いた。」(ヨハネの黙示録12章7〜9節)。
「赤いドラゴン」はサタンを意味する。
しかし、私は「赤いドラゴン」の第2の意味は中国、ロシア、特に毛沢東だと思う。毛沢東の出生地は、地球に「赤いドラゴン」が生まれた地。「赤いドラゴン」、赤い中国は強くなっていった。
北朝鮮
1998年8月、日本に向けて「テポドン」の試験発射。
2005年10月10日、北朝鮮を訪問した韓国の女性が北朝鮮で子供を生んだ。この子供は「統一の赤ちゃん」と呼ばれた。これは初の北朝鮮で生まれた韓国市民。これは南北統一が近づいているしるし。
2006年1月1日、北朝鮮は、南北戦争を意図していると米国を非難した。
2006年6月17日、北朝鮮が長距離ミサイル「テポドン-2」の打合せ。「テポドン-2」は北朝鮮から米国カリフォルニア州まで到達する長距離ミサイル。2006年6月17日、火星と土星がみかけ上接近(およそ0.5度以内)。
2006年10月9日、初の北朝鮮原子爆弾試験発射。

local pc




中国
第六の者が鉢を大ユウフラテ川に傾けた。するとその水はかれてしまった。
中国が危険な国になるであろう。(エノクの予言)
中国はインドに侵攻するであろう。(エノクの予言)
マチス犬とは「中国軍」のことを指す。
大司教がその住まいを移す時、大きなマチス犬は夜通 し吠える。(諸世紀 )
「赤いドラゴン」の第2の意味は中国、ロシア、特に毛沢東だと思う。(Revelation 13)
「彼の席(黙示録)」というの地理的にロシアが中国の上に位置する事を意味するのだろう。(Revelation 13)
ドラゴンとはサタン自身、中国の事。つまりこれは、露中の軍事同盟を意味する。(Revelation 13)
ドラゴンは獣に権威と力と彼の席を与えた。(黙示録)
ヨハネの黙示録16章では、ハルマゲドンの時、ユーフラテス川が干上がり東の王(中国?)が歩いて渡るとある。
ロシアが中国の巨大な軍事力を得て巨大な軍事力となる事を意味する。(Revelation 13)
毛沢東の出生地は、地球に「赤いドラゴン」が生まれた地。「赤いドラゴン」、赤い中国は強くなっていった。

local pc








2010/12/01(水) 11:39:25
うらら #-
赤い月
十戒を納めた契約の箱 http://yfrog.com/66yyij は、
空に浮かぶことができた。http://poyoland.jugem.jp/
メッカのカーバ神殿
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&langpair=en|ja&u=http://www.crystalinks.com/blackstone.html
中国、ロシア(ユーラシア勢力)の台頭時期と符号? 
http://www.yokohama-mobilepla.jp/moonecl20101221.html

ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/




posted by datasea at 13:32| Comment(0) | ◉ 黙示録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: