2010年12月13日

ヒトラーの予言



{・・・しかし諸君、さらに重大なのは、私がいま、これを話している100年後のことだ。それを告げるためにこそ、私は今日を選んで諸君を招いたのだ。}
{ 今日から100年後といえば、すなわち2039年1月25日だ。諸君にはわからないだろうが、そのとき人類には真の究極の状況が起こっている。そのとき人類は──少なくとも、いま言っているような意味での人類は、2039年1月、地球からいなくなっているのだ。
それは諸君、何かの異変か大戦か災害のために、2039年、人類が残らず 滅びるという意味ではない。}
★ この予言の面白いところは
「100年後(2039年1月25日) には、人類は滅んでいないが 地球上には一人もいなくなる」
ということを説明していることです。

UFOとひふみ神事
http://page.freett.com/slicer93/0-m-space-3646.html






ナチス・ドイツ軍は1939年9月1日午前5時、ポーランドに侵入して第二次世界大戦を起こした。

local pc






1782年、悪魔的な存在がジェファーソンに現れアメリカ政府の公式の印を彼に与えた。
          ▼(88年後)
1870年の1月22日、パイクと彼の国際的共謀者、ジュゼッペ・マッツィーニは、新世界秩序を樹立する「計画」を思いついた。彼らのビジョンを出版。
          ▼(44年後)
1914年、第一次世界大戦勃発。



1917年、ロシアの共産主義政府樹立。
          ▼(22年後)
1939年、第二次世界大戦勃発。(1+9+3+9=22)


local pc







posted by datasea at 22:21| Comment(0) | % アドルフヒトラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: