2010年10月28日

● 1惑星1国家



21世紀の特徴は、全てのものごとが1つ(Onenessワンネス)になるように進む。
地球は1つ、地球上の人類も1つにまとまるように物事が進んで行きます。
21世紀の特徴は、「統合」なのです。
まず国境というものがなくなり、現在の国が州のような感じになります。
「地球国日本州」という訳です。
だから、地球国には政府は1つしか必要なくなる訳です。
(地球を管理する機関は2つになると思います。これについてまた次の機会に教えます)
関税障壁なんてものもなくなります。
現在の国際連合のもっと進んだものが、政府とか国会の役目を果たすようになります。
1つの政府が、地球上の全ての州を統治する訳ですから、アメリカも日本もアフリカも、みんな同じ国という訳なのです。
こうなると、貧しい国も富んだ国もなくなり、みんな平等に食料や生活必需品を分け合えるようになるでしょ?
地球上のどこに生まれようと、人並みの生活を全ての人々に保証できる政府、慈愛に満ちた政府の樹立が、現在地球に求められているのです。
日本州は、科学技術の開発が好きなようだから、技術開発担当よ。
アメリカ州は、さらに進んだ民主主義による政治を担当しなさいね、中国州は食料・工業生産担当、アフリカ州は牧畜生産担当、
南米州は天然資源の生産管理担当、ヨーロッパ州は工業生産担当、ソビエト州は宇宙開発担当、ハワイ州は余暇開発担当・・・
とかね(^-^)ふふ
こうやって、地球上が1つの組織にまとまれば、宇宙に対する地球の窓口も1つの政府になるから、めでたく宇宙連合に加入させてもらえるという次第・・・
何しろ宇宙に存在する惑星で、地球みたいに人種や国がゴチャゴチャしている惑星は、珍しいそうだからね。
ほとんどの惑星は1国家になっているそうだよ。
1惑星1国家が原則なのでーす。

THE VENUS PROJECT!!!
http://galactic-55.jugem.jp/
posted by datasea at 20:13| Comment(0) | ◉ 暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: