2010年10月28日

● 2012年、あなたは大災害のタイムライン上?黄金時代のタイムライン上?.2



Are you on a 2012-13 catastrophic timeline? Or are you on a 2012-13 positive future timeline? Part 1

examiner.com
http://www.examiner.com/x-2912-Seattle-Exopolitics-Examiner%7Ey2010m7d14-Are-you-on-a-201213-catastrophic-timeline-Or-are-you-on-a-201213-positive-future-timeline-Part-1


(要約)
2012年〜2013年黄金時代のタイムラインのリモートビューイング
ファーサイト研究所は元米軍のリモートビューワーを使って、リモートビューイングによる2008年〜2013年の地球の気候変化の調査をおこなった。
研究の目標は以下。:
(1)リモートビューイングの妥当性の調査
(2)未来に起こりうる複数の事象に関する公開情報は、将来、最も可能性が影響を与えることができる場合にしてください。
研究は宇宙人の存在を考慮にいれているし、リモートビューイングの妥当性、2013年に科学者が想定した対象を比較し、どこの科学者がまだ地球の真実の禁輸措置を維持した。
リモートビューワーは世界各地に8ヶ所の観察対象を設定して2008年〜2013年におきる変化を調査した。ワシントンD.C.にあるホワイトハウスもその観察対象のうちのひとつ。
ファーサイト研究所:2012年〜2013年のタイムラインの変化
ブラウン博士は人類が実際に2013年に大災害がおきるタイムラインに入る確率は39%だったと述べた。
以下リモートビューイングで調査した大災害のタイムラインでおきる出来事:
(1)破壊太陽フレア
(2)巨大な隕石が原因でおきる津波
(3)火山
(4)沿岸都市でおきる洪水
(5)沿岸地域からの避難した難民の自己組織化
(6)政治システムの崩壊
(7)アメリカ政府、軍、政治家、経済エリートたちが地下に避難する
(8)エネルギーインフラの崩壊 - 電気の供給のストップ
(9)食料供給のストップ
(10)交通機関の停止 - 車、バス、トラック、飛行機、列車が使えなくなる
(11)沿岸都市の建物の崩壊
プレゼンテーションでブラウン博士はコメントしている。
「惑星ニビルが太陽系の中心、地球の軌道に近づいて大規模な太陽フレアがおき、大災害がおきるというシナリオ、これはリモートビューイングによって得られたものだ。」。
ディスクロージャーと2012年〜2013年の大災害のタイムライン
ファーサイトの研究によれば、地球で真実が公表された場合、2013年の大災害のタイムラインは変わるということ。
オーストラリアシドニーにあるオペラハウスもリモートビューイングの観察対象だ。リモートビューワーの調査によれば、2013年シドニーのオペラハウスには人が一人もいなかったという。災害の難民たちがシドニー市街を歩き回っていたとのこと。
米国政府とグローバルエリートたちの地下基地計画
2010年7月7日におこなわれたプレゼンテーションの中でブラウン博士は、2012年〜2013年、非常事態が続出し各国の政府の政治家やグローバルエリートたちは地表での活動を放棄して地下基地にこもってしまうことを心配している。
非常事態がおきると各国の政府の政治家やグローバルエリートたちはリモートビューイングの調査結果が本当だったと確信するようになる。(災害か、黄金時代か、結果はその時にならなければわからない。)
大災害のタイムライン
以下、2012年〜2013年の大災害のタイムラインでおきる出来事のリスト。
(1)2011年2月、惑星ニビルが地球に接近し、アメリカ政府は太陽フレアによる被害を避けるため、宇宙ステーション、人口衛星などすべての地球外設備をストップさせる。
(2)アメリカが債務支払いが出来なくなる。既存のシステムが崩壊し、負債は2013年以降も返済されない。米国債自体はロンドン市にある銀行と連邦準備銀行がつくったファルスフラグ操作だと分析されている。
(3)ノルウェースバルバル諸島にある種子保管庫倉庫には世界中の種子のサンプルが保存されている。これらのサンプルは2011年に封印される。種子保管プロジェクトに関わっているのは、ビルゲイツ氏、ロックフェラー財団、モンサント社、シンジェンタ社など。
(4)ノルウェーも250万人のアメリカの政治家と経済エリートを収容する地下シェルターを建築している。2012年〜2013年の大災害をひきおこす原因は惑星ニビル。ニビルのレポートには偽のレポートもある。プロジェクトキャメロットのノルウェーの政治家からの手紙を参照。
(5)中国は主要都市地下に年間200マイルのスピードで現在トンネルを建築している。2011年には完成予定。おそらく2012年〜2013年の大災害のタイムラインの影響から国民をまもるためだろう。
(6)アメリカ大南西部ダグウェイ、ダルシーなどにある地下基地DUMB (Deep Underground Military Bases)におけるトンネル建設。これらの地下基地の上には石炭発電所が建築されている。
(7)Google earthではアメリカの地下基地のトンネルの映像は意図的に見づらくしてある。
(8)デンバー国際空港の地下のトンネル工事は現在も進行中。
(9)アメリカ大統領が自分の意思でインターネットをシャットダウンできるようになる。この法案が議会で可決した場合、地表にいるアメリカ国民の自己組織化、独自の市民ベースの政府の形成は困難になる。各国の政府が地下基地に避難したらインターネットはシャットダウンされる。
(10)戒厳令などによりアメリカ国民の憲法上の権利が消失する。政治家やエリートたちは地下基地に避難する。
ケンブリッジ大出身の環境研究家と保護とアンドリューDバシャゴ弁護士はExaminer.comの記事でこう書いている。「1969年から1972年にかけプロジェクトペガサスに参加した子供たちはクロノバイザーというデバイスを使って過去や未来におきた出来事を見たりタイムトンネルを通って未来や過去に行って調査をおこなった。ウッドリッジにあるカーチスライト航空会社テスラテレポートベースやニュージャージー州にあるサンディア国立研究所の施設がタイムトンネルにはいる施設だった。」。
以前のExaminer.comの記事。
「大災害のタイムラインの1つはプロジェクトペガサスがニュージャージー州ナタリーにあるITT社防衛通信基地にあるクロノバイザーを使って調査したもの。バシャゴ氏の調査では、現在ワシントンDCにある最高裁判所の建物は2013年もそのままあったと証言している。」。
「バシャゴ氏は証言の中で、さらに先の未来では最高裁判所の建物は水面下100フィートにあったと海軍情報部長に報告している。」。
「バシャゴ氏はさらにこうつけ加えた。クロノバイザーのビジョンは絶対ではない。確定的タイムラインに加え無数の他のタイムラインが存在する。ワシントンDCの災害のビジョンはその他の無数のタイムラインのうちのひとつなのだろう。人類が進むタイムラインではない。」。

local pc
posted by datasea at 18:27| Comment(0) | ) リモートビューワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: