2010年10月28日

● ニビル情報まとめ



・昔、与えられたように、太陽は暗くされ、地球は様々な場所で割れる。(E・ケィシー)
・太陽は、暗くなるであろう。月は光を出さないであろう。(マタイ伝)
・2012年には地球上のあらゆる原子は、まるで電子レンジで過熱されるように燃えることなく変容。
・およそ3600年に一度、ニビルが地球の側を通るたびにポールシフトがおきている。
・これによって地球は浄化され、あらゆる点において住民を祝福し、喜びを与えるのです。(アブ・ル・シン)
・その光で取り巻かれると、地球は震えます。、、、、(アブ・ル・シン)
・その時、宣言される。、、、彼の星(HIS Star)が現れた、、、(E・ケィシー)
・ニビルには衛星が5つ(子供星)をもつ。
・ニビルは褐色矮星です 故に 天体観測所の望遠鏡で観測が難しい。
・ニビルは別名『プラネットX』です。 この『X』は数字の『10』という意味になります。
・影響のひとつとして考えうるのが電磁波殺害ゾーン( Electrical Kill Zone )だ。
・間違いなく、正道をはずすことなく、そのコメットは、本来のコースを追求します。(アブ・ル・シン)
・公転は太陽を3600年周期で回る超楕円軌道。
・水を吸いあげ高く持ち上げ、天候大異変をもたらし、多くのことを引き起こします。(アブ・ル・シン)
・星々は、空から落ちるであろう。(マタイ伝)
・太陽・地球間よりも3万2000倍遠く離れた位置(約4.8兆キロ)で太陽を周回している。
・太陽系の10番目の惑星 (太陽と月を含めると12星となる)。
・天空の体は、揺り動かされるであろう。その時、天に、人の子の印が現れるであろう。(マタイ伝)
・木星に匹敵する大きさ。
・惑星ニビルが接近する事で太陽に異変をもたらし、現在の異常気象や怪現象等が起きている。
・惑星ニビルに関してはシュメール文明を紐解いたゼカリア・シッチンと言う考古学者が解読した。(藤本玄)
・惑星ニビルは3600年周期で太陽系軌道上に交差する。その時期が2012年。
・1983年、天文学者は太陽系の外縁部に新惑星が観測されたとレポートした。
・金星人ヴァル大天使長(火星新任総監)が伝えた通り2003年時点でニビルは一度地球に急接近しています。
・ニビル星が太陽に最接近したのが2003年。
・2009年9月は記念すべき月でした。シドニーは赤い霧でつつまれた。
・ニビルの衛星はすでに地球の大気圏に突入している(チェイスハンター2010年1月21日 )
・惑星ニビルが近づいている。
・「NIBIRU星が地球に衝突するから、CIAなどの主要な情報局が安全なコロラドに避難し始めたのだろう」。
・2012年12月21日から2013年2月14日までの間にポールシフトがおきた時、最悪の場合人類の3分の2が死ぬ。
・6000年前のシュメールの記録では惑星Xは惑星ニビルと呼ばれている。
・45万年前 惑星二ビルにおいて生物種の絶滅が進んだ。
・65億年前に繰り返し続いたイベントによって恐竜が絶滅したことがわかっている。
・IRASは明らかに2つの巨大惑星を捉えている。第12惑星と第10の惑星だ。

local pc
ラベル:ニビル
posted by datasea at 18:21| Comment(1) | % チャネリング.全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地球の5倍大の惑星ニビル、別名第2太陽が地球へ急速接近している。
創造主らからの知らせによれば、これで、富士山など地球中の40以上の火山が大噴火し、大地震と大津波が起きて、火山灰で地球中が暗闇化し、植物が枯死、酸素が希薄化して、食糧危機が起きて、地球人の90%は2016年8月に死滅する。
これは、創造主らが万事無償で与えたのに、地球では古来の地球侵略・支配者:トカゲ座のレプティリアン・ヒューマノイド(4次元の全身鱗に覆われた爬虫類型ヒューマノイド) とボスの龍座ドラコニアン(5次元の有翼二足歩行動物トビトカゲで英国首都ロンドン市の公式紋章) が地球を邪悪で腐敗した金権奴隷支配の資本主義文明で悪惑星にしている結果で、創造主らによる地球大掃除が断行される結果である。
生き残った7億人は、創造主らの天命と惑星発展法則に従って、無数の先進文明惑星から成る銀河連合の援助の下に、万事無償奉仕の新地球文明社会を建設する。
http://ameblo.jp/tatsmaki

Posted by 前田 進 at 2016年06月10日 02:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: