2021年01月06日

AIゼノブレーン: 無人店舗普及により変わる市場


AIゼノブレーン: 無人店舗普及により変わる市場
新型コロナウイルス感染が広がった2020年3月にオープンしたJR高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)構内の無人コンビニエンスストア「Touch and Go」が人気だ。人件費削減,人手不足解消,新型コロナウイルスの感染対策という観点からも,無人店舗は今後需要が増えていくことが予想される。
無人店舗の普及によって大きな影響が出る国内の上場企業はどこだろうか?AIを使った業績及びシステム「ゼノブレーン」で分析したところ,需要が増える企業が特に多い分野が三つ,逆に需要が減る分野が一つ浮かび上がった。
需要が増える企業が最も多かった分野が監視用セキュリティカメラ。特に ALSOKブランドの総合警備保障やセコムは総合的なセキュリティサービスを提供していて入退室管理サービス,顔認証システムなどの事業も展開しているため,他の会社に比べてプラス影響が大きい。それに伴って顔認証システム需要からテラプローブ,入退室管理サービス需要で東洋テックなどもプラスの影響が大きく出る。
次に多かった分野がセルフレジで,無人AIレジを手がけるサインポストの名前がまず挙がった。東芝テックや TBグループもプラスになるが中核事業ではないために影響は比較的小さい。
この他にも新店舗の運営に必要とされるテクノロジーの需要にも増加が見込まれて,店内の商品を追跡可能にする RFID を開発するサトーホールディングス,富士通フロンテックなどの名前が導き出された。 ただしRFID については導入コストの高さが問題になっていて,将来は他の技術に代替される可能性も指摘されている。
一方で需要が縮小する分野はアルバイト市場関連だ。バイト情報サイトバイトルを運営するディップなどはマイナス影響が大きい結果が出た。
ーエコノミスト

ygvjjjii pc







◆プラス影響
☆セキュリティカメラ関連企業
アルソック
セコム
テラプローブ
池上通信機
テクノホライゾン
兼松サステック
東洋テック
サクサHD
NEC
DDS
セントラル警備保障
トスネット
ネクストウェア
☆セルフレジ関連企業
サインポスト
東芝テック
TB グループ
クレディセゾン
イオン
アプラスフィナンシャル
丸井グループ
ZHD......
☆RFID関連企業
サトーHD
富士通フロンテック
共同印刷
凸版ホームズ
カーディナル
大崎電気工業
朝日ラバー
アルテック.......
◆マイナス影響
☆アルバイト関連企業
ディップ
じげん
リブセンス
エスブール
エンジャパン
リクルートHD
パーソルテンプスタッフ......
ーエコノミスト

ygvjjjii pc
























posted by datasea at 08:11| Comment(0) | ◇ AI・ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする